2010年03月05日

ようつべ

http://www.youtube.com/watch?v=z2lLFWmM0kY
詩の朗読をアップしました。

アカウント
kinyazulutsuruyamaです。

よかったら観てねん。


posted by ZULU at 14:59| 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生の楽園

人生の楽園様
(テレビを見るなと言う割にテレビネタな私です。すいません。笑)

介護はつらいです。

私もまっただ中なのでものすごく分かります。

でもまだ53ですよ!

なんでもできます。

分かるが大事なんです。

盲点の話を思い出してください。

見えてないことが沢山あるんです。

沢山の出来事によって見えるはずのものが
見えなくなってしまう時があります。

今はその時です。

そういう人ではなくて
そういう時なんです。

踏ん張りどころです。

そういう人ではなくて
そういう時に居るのだということを
必ず認識してください。

止まない雨はなく
明けない夜もありません。

「人間万事塞翁が馬」

知らなければご自分で調べてくださいね。

戦争の時代を過ごした人たちが
幸せにありがとうと言って死んだら
やっとこさ戦後という言葉が使えると思っています。

うちの親は昭和10年と16年
子供のころに戦争がはじまり
終戦しました。

そのかけらが私たちにも降り注いでいます。

戦後の教育
高度成長
いろいろな事件は
全て親の時代の悲劇の賜物です。

分かった人から変えていかないと・・・

何かをすれば治るではなくて
自分自身を知るということです。

フラシーボ効果というのをご存知ですか?

白い粒を飲ませると
お薬だと言って飲ませると
30〜40%の人は効くのだそうです。

鰯の頭も信心から

これも調べると面白い話が出てきます。

人の思い込みはものすごい力を発揮します。

オリンピックなどの選手はこれを知っている人と
知らない人では結果が違います。

そして反対もあります。

ノシーボ効果と言います。

ダメだと思ったらダメなんです。

盲点がある。

分かれば変われる。

信じるとはイメージのことなんです。

歩いてください。

正しく歩いてください。

ボーリングの球を片手で支えて
頭の上に掲げて歩く。

結構大変そうですよね。

でもいつも人はそうして
脳ミソの頭を抱えて歩いているんです。

閉じた傘を手のひらで乗せて歩くように。

正しく歩く。

それだけで元気が出ます。

そして言の葉を大事にする。

出来ますか?

日本人はやらない教育を受けてきました。

やってはいけないことだけ習ってきました。

だから自分で決められないのです。

日本人の脳は日本語でできている。

言の葉を大事にしましょう。

自分で調べて自分で決める。

鰯の頭も信心からん。

日本の医療制度
お薬のこと

調べてみてください。

そして自分で決める。

見えないものを捕まえるには
自分を信じるしかないです。

ではまたです。
posted by ZULU at 13:58| 🌁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待つ時もある

ワサビミント様

決められない。

それが事実なら
決められないんです。

決められないことを抱えて生きていく。

そのことが良いことなのか
悪いことなのかも
それからなのです。

いつか決める時が来ます。

決めないと前に進めない時が来ます。

決められないときは
待っても良いのではないでしょうか。

辞めるか留年するかも同じです。

決められないときには決めることはできないのです。

時を待つ時もある。

待てますか?

耐えて耐えて待つしかないときもあります。

「信じる」それが言の葉です。

ちと熱く言い切りました。

ちょっと恥ずかしいです。

ではまたです。
posted by ZULU at 13:14| 🌁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。