2010年03月23日

今はその時

決めるということ

右足から踏み出すということ
左手で茶碗を持ち
右手で箸を持つこと

箸は正しく持つこと

心持豊かでないときは
静かに時を待つということ

何よりも自分で決めるということ

決めることが出来ないよう
教育されてきたということ

手で言葉でうち食らわされて
今まで過ごしてきたということ

苦しさ寂しさを教えられ
楽しく生きる術は誰も知らないということ

何よりも決められない自分がいるということ

決めること
その簡単なことが難しい

ならば簡単なことから決めていこう?

朝起きたら顔を洗うと決める
朝ご飯は食べなくてもよいと決める
うんこは出してから外に出ると決める
あいさつは声に出すと決める
先にあいさつすると決める
寝たい時は寝るのだと決める
休む時は休むと決める
だらだらする時もだらだらすると決める
歩くときは歩くと決める

いつもしていることから

いつもしていることから

一つ一つ
簡単なことから決めていこ?

それすら僕らは教わってないんだから

もらいたい人はもらえない
あげた人から返ってくる

行き先は自分で決める

もらえなかった人からは
もらえなかったことしか習わない
あげたことがないからね

気がついた人から変えていこ?

今はその時
今がその時

自分のことは自分で決める

簡単なことからね

今がその時
今はその時
posted by ZULU at 20:43| ☀| 言葉のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ見ぬ扉

人生の楽園様

い〜書いちゃってくださ〜い。

愚痴でもなんでも書いた方が良いです。
取りあえず吐き出せますからね。

そして少しずつ言の葉を治していきましょう。

上から見て同じところをぐるぐると回っているように見えても
横から見たら少しずつ上がっているかもしれません。

視点を変える気づきにどう出会えるかです。

5年の介護が終わりました。

今は正直に言うとボーとする時もあります。
ですがやり切った感じの方が大きいです。

ただ渦中の時はどうしようもないことを考えた時もありました。

私の場合はブログに書き出すことで
なんとかブレーキを掛けられたわけですね。

元気がなくなると自分のブログを見ます。
笑えるように書くように努力していますから
過ぎたこととして素直に笑えます。

人は楽しいことを記憶するのは難しいんです。

そして悲しい記憶ばかりがフラッシュバックする。

それは脳のシステムです。

脳みそのつぶやきに負けてはなりませぬ。

抱えるものを両手で抱え
足の間にはさみ
頭の上に乗せても
まだ歯がある。

くわえる力が残っていれば
まだまだ大丈夫です。

脳みそが暴走する時は
物語を与えてください。

本でも映画でも人のブログでも
物語に集中してみてください。

脳みそも胃袋なんです。

美味しいものを食べさせてあげてください。

良い食べ物を食べないと
良いうんこが出ません。

知るは最大のご馳走なんです。

物語はフルコースなんです。

死んでも良いんです。
でも本当に死んでも良いんだと思える時まで
もう少し待ちませんか?

親父の遺体と一緒に一日二人きりでいて
死ぬとはこういうことなんだなぁと
改めて思いました。

最後の扉は他人や自分で開けるものではないと思います。

まだまだ開けていない違う扉が有るはずです。

探してみてください。

今は見えていない
まだ見ぬ扉を。

それではまたです。
posted by ZULU at 20:20| ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。