2010年05月04日

子供の目

あれから如何ですか?

店で待つつらさは私も経験したことが有ります。

私の場合は相棒がいたのでまだましでしたが
一人で誰も来ない店に居るつらさは分かります。

それでも信じて普段やらないところの掃除や
メニューを考えたりしていました。

お店は釣りと同じようなものなので
釣れない時にどうすればいいのか
常に考えなければなりませんね。

まぁこればかりは釈迦に説法でしたね。

信じるしかないです。

光明は必ずあります。

営業時間を調整して
他でアルバイトするなどしてみたら如何でしょうか?

私のBarを経営している友人たちは
店を守るために他で働いていました。

で、思い出すんですって。

俺、他で働きたくないからBar始めたんだ。

歩いてみてください。

よい天気の日は歩いて
普段見えてないものが沢山あることを
思い出してください。

子供の目を取り戻しましょう。

なんでも珍しかったあのころに。

見えてないことが必ずあるはずです。

信じてみてください。

ではまたです。

posted by ZULU at 08:03| 🌁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。