2010年05月24日

プリッとね

ぼんぼち様
(やりとりの時には名前を決めさせてもらっています。ご希望が有れば教えてください)

ご連絡ありがとうございます。

とにかくトイレに逃げる事を覚えてください。

仕事は外せませんよね。

ならば避難所は作ってください。

トイレは最高の避難所です。

出来ればしっかりと用も足してください。

うんこが溜まっていると
精神的にも溜まった感じがします。

出せるものは出しておきましょう。

頭に来たら
腹にすえかねてください。

腸(はらわた)を煮えくり返す。

頭に来てはダメです。

頭で感情的になるとろくなことになりませんよ。

かといって我慢するのも良くないのです。

ずんと腹に込めて怒ってください。

そしてプリッと出す。

身体に積もった雪を払うように
邪気を払い柏手を打つ。

人気のないところで
パンと良い音がするまで
叩いてみてください。

一発で出来るようになると
柏手一つで気分を変える事が出来ます。

上司に負けているのではないのです。
ご自分の気分に負けているのです。

気分を変える方法をいくつか学んでみてください。

ではまたです。

posted by ZULU at 23:25| ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんとなく書いてみたこと

身体言葉。

日本語には様々な体ことばがあります。

頭にくる
間髪いれず
怒髪天をつく
首根っこを捕まえる
肩入れする
腕がものを言う
手のひらを返す
胸がつかえる
腹わた煮えくりかえる
腰が低い
足をすくわれる

さっと思いつくだけでも
いろいろと出てきます。

こんなに身体言葉を多用するのは
日本語だけなのだそうです。

それだけ日本人というのは
身体に対する意識が高いのだと思います。

日本的な気遣いというのは
そうしたところから生まれるのだと思います。

大事に大事にしたなぁ。

言の葉に耳を傾けて
言の葉を身につけたい。

もう一つ不思議なのが擬音。

日本人は虫の声を良き音と捉えますが
西洋人にとっては雑音になってしまうのだそう。

昔生徒にイスラエル人がいました。

彼女はある夏に
毎日どうして工事ばかりしているの?
と私に聞きました。

なんのことかと思ったら
蝉の鳴き声のことでした。

ヨーロッパには蝉はいないのだそうです。

最初は24時間なんなのこの音と
思っていた彼女はそれから毎日
蝉の写真を撮り続けました。

ある日神社に行くと蝉の抜け殻を見つけます。

それが蝉の抜け殻というのを教えると
今度は蝉の抜け殻ばかりを集めていました。

知らないことに出会うこと。

その出会いを大切にしたいです。

こんな雨の日の音はどんな音ですか?

ぴちゃぴちゃかしら?
びちゃびちゃかしら?
トタンの屋根がペタペタ鳴っています。

さてさて今日は雨を楽しめるのかしら?
posted by ZULU at 15:48| ☔| 言葉のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに言葉ありきって?

カレン様

ご返事ありがとうございます。

名前の秘密。
そのことを知ったある晩。

私は明け方までワンワンと泣きました。

人がどれだけ言葉で出来ているのか。

赤ちゃんは
鼻から呼吸する管と
口から飲みこむ管は分かれています。

つまり二つの管は独立しています。

赤ん坊はおっぱいを飲みながら
呼吸することが出来るのです。

成長するにつれてこの管が
くっついて呼吸と呑みこみを弁で分けるようになります。

これが発音できる仕組みです。

舌の根元が弁なわけです。
嚥下ということですね。

動物はくっつかないので二つの管の
間を震わせて鳴くのです。

だからワンワンやニャンニャンにしかならないわけです。

ところが人間は発音出来るようになった為
細かい表現が出来るようになりました。

そして絵文字が書き文字になり
複雑な文法を作り
事細かな繋がりを作っていきました。

それが表すということです。

事細かな言語として代表的なのが日本語です。

漢字、ひらがな、カタカナ
こんなに使いこなす人種はありません。(多分。笑)

脳みそは日本語で思考しています。

言葉は感情を喚起します。

使う言葉次第で感情も変わるのです。

良き言葉、良き名前であふれるようにしてみてください。

身体言葉というのも日本語の特徴です。

これはまた別に
鶴の一声にアップしておきますね。

ではまたです。


posted by ZULU at 15:25| ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嬉しいご返事。

鶴さん

いつもありがとうございます。

鶴の一声、
踊るマネージャー..
読ませて頂きました。

踊るマネージャー
面白いですね。


一昨日は少し体調が悪いせいもあって
とても心も辛く
何故か急に
なんかもう疲れました..
と言葉に出ていて
涙も勝手に流れてました。

でも鶴さんのあたたかいメールを読んだいたら
なんか顔も緩んでいる自分がいて..
そして、この言葉が出てきます。
泣くから悲しい。。


でも今日は身体も軽く
気分がいいみたいです。

名前もいろいろと考えてみたり
決めていったりするのは
いろんな想像が出来てとても良いことなんですね。
確か、ブログの中の青いグラスにも名前が..。
そのグラスが可愛く感じました。

ホセは面白かったですけどね。笑。

愛着..大切に使っていたものとなると
特にそう思うんでしょうね。

私も、始めたいと思います。

カレン

●(この返事が一つ下になります)

●その次のご返事

今日は一日中雨でしたね。。
そちらも雨だったのでしょうか?


名前..
今まで全く"名前"という意味を
深く考えたことはありませんでした。
ただ
こんな名前は好きだな..
綺麗な名前..
って思う程度でした。


名前..

決して今ある
両親から名付けてもらった名前が
嫌いなわけではありませんが
私の中では
"名前"であきらめてしまったこともあります。

それに、もう本当の名前のMはいないと。。


でも今の名前の私は
周りの人達がみんなとても心優しく
本当に恵まれています。
ひとりじゃない。
と言うことを感じられるのも
こうやって私の心をサポートして下さる鶴さんがいて
周りにあたたかい人達がいるからです。


鶴さんには、
そんな感じで良いのです。
と言って頂きましたが、
本当にいいんでしょうか?


これから、私の扉をいくつか見つけていって
少しずつ前へ進んでいきたいと思います。

その扉がどんな形をしているのかは
想像出来ているんですよ。
いつも浮かんでくる扉は同じ。
綺麗な扉です。

カレン

カレン名義での掲載
私も嬉しいです。
ありがとうございます。

posted by ZULU at 14:57| ☔| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。