2010年05月30日

信じる力

ぼんぼち様

ご連絡ありがとうございます。

ある知り合いから聞いた話です。

知り合いの友人は余命半年のがんだと宣告されました。

ならば余生は思いっきり楽しもうと
貯金全額使って世界旅行をしたのだそうです。

そして2年後。

まだ生きているからと検査をしたところ
がん自体がとても小さくなって
まだまだ十分に生きられるということになったそうです。

どういうイメージを持って普段を過ごすのか
それだけでも違ってくると思います。

鰯の頭も信心から。

信じる効果をフラシーボ効果と言います。

原住民に薬だと言って白い小麦粉の粉を飲ませたら
勝手に治っちゃったというやつですね。

そしてその反対はノシーボ効果。

信じて飲まなきゃ効く薬も効かないのです。

信じる事それは自分自身で決める事です。

変われるということを信じてください。

そして気持ち、イメージは必ず体に作用するということを。

ではまたです。



posted by ZULU at 18:58| 🌁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠れなくても横になる意味

ご連絡ありがとうございます。

体調というのは気分的なことだけとは限りません。

気圧の影響もあるし
月の影響もあると思います。

実際、人は24.5時間のサイクルで過ごしています。
それを太陽に合わせて毎日調整しているわけです。

ですので太陽のない生活をしていると
毎日50分程度づれて行ってしまうのです。

気圧の変化や重力に対しても係わりあいが有ります。

寝るとは脳を休める事ではなく
重力からの解放です。

横になるだけでも十分休息になるのです。

脳みそは休んだりしません。
寝ている時と起きている時の仕事の種類が違うのです。

脳は休みません。

ですが身体は立っているだけでものすごく疲れるんです。
重力に逆らっていますから
ボーリングの球を片手で掲げて歩いたら
不安定で疲れますよね?

でもそれと同じ事を人間は普段しているわけです。

横になるというのは骨を休めるということなのです。

形を整えることで気分も変わってきますよ。

まずは正しく歩くことを意識してみてください。

それではまたです。

posted by ZULU at 18:50| 🌁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。