2010年09月13日

あいや勘違いしておりました。笑。

踊るちゃぶ台レディ様
(大変長くなってしまいました。携帯で読めない場合は「鶴の一声」を読んでください)

ええ!
女の人でしたか?

あいや久しぶりにミステイクです。

いえいえ
いつもミステイクかもしれません。笑。

まぁお伝えしたことで男女差はないのですが
高級ホテルのトイレの話は
私が実際にやっていたことなので
男トイレしかイメージできていません。笑。

だから知らないから
女性には
トイレに逃げろのアドバイスは
実はしたことないんです。

有効だとは思うけど
やったことないことは
言えない主義なので。笑。

結構あちゃ〜〜〜
てな気持ちです。

あはは。


さてさて

彼氏がほしい!!

で一旦取り消して
友達だけでいい。

この2通のメールの時間差が30分

正直に言います。

携帯でメールを書くと
気分の割合が高いです。
気分だから意見が変わります。
しかも文字数があるから
とても情報量が少ないんです。

正直に言います。

だから男女を間違えても
許してください。


正直に言います。

友達なんかいなくても
彼氏を作りましょ。

みんなよりも
一人で良いと思います。

一人を大事に出来る自分になりましょ?

彼氏よりも友達との関係を大事にするのは
結局は他人軸なんです。

人を大事にするよりも
自分を大事にしてください。

ちと違うかもしれませんが
井上ひさしさんのお芝居で
戦争の時代の話
ある人がある女性にこう言います。

「お前だけは幸せにならなくちゃ」

するとその若い女性はこう言います。

「男が幸せでないのに
どうして女が幸せになれるの?」

大事なシーンは覚えているのに
その芝居のタイトルが思い出せません。

すみません。

もう今回は誤ってばかりです。笑。

でも少しでも分かってもらえたら
もう一歩こう考えてほしいです。

彼氏も友達も仕事も人生も
全部ほしい!!

全部取りですよ!

行き着く先があるならば
一つ一つ確かめていきましょ?

まずは彼氏ですよ。

恋の達人の台詞を教えます。

「恋の傷を癒すには
新しい恋しかない」

振られても振られても
なお恋する元気を
持つために・・・

鏡の前での顔体操は
忘れずしてください。

生きるとは準備です。

恋してからでは遅いのですよ!!

備えよ常に!
パクパクパク!

フィッシュストーリーをお勧めいたします。

ご自分で探してみてください。

人生とは準備のことです。

ではまたです。

posted by ZULU at 20:23| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

深く深くゆっくりと・・・やってみる

然様

ご連絡ありがとうございます。

置いておく。

難しいときには難しいかもしれません。

それでもやはり置いておくなんですよね。

例えばコップとかに名前をつけて
テーブルの角なり流しの横なりに置いてみませんか?

権三郎というコップに一つ入れて
流しの上に置いて
まるで携帯を忘れたかのように
置きっぱなしで仕事に行くということです。

消えてないけど今日は持ってない。

無くなっていないけど
今は手元にないんです。

帰ったらありますよ。

でも今はない。

家中コップだらけになろうとも
持って歩かない。

コップが増えれば
そのうちどれがどれだか分からなくなりますよ。

物事はなくならない。

でも気にしないようには出来る。

家に帰っても
流しのコップの中にあることを思えば
見ないようにすればいいのです。

今は手元にない。


口呼吸ですが
呼吸とは要らないものを吐き出し
必要なものを取り入れることです。

食事以上に大事なものなのです。

父は最期に1ヶ月点滴だけで過ごしました。
ものを食べることよりも呼吸が大事なのです。

食べられなくなったときが死ではありません。
呼吸が止まることが死ということなのです。

そして唯一生命維持の機関で
自分の意思で止めることができるのも
呼吸なのです。

心臓や内臓は無意識でコントロールされています。
植物系筋肉なのです。

歩くとか食べるとか性行為とかは
動物系の筋肉なのです。

そして唯一呼吸だけは
動物系の筋肉を使うのです。

だから自由にコントロールできる。

勿論ずっとはできませんけどね。笑。

人類生命維持装置の中で
唯一呼吸はある程度コントロールできる。

だからこそ意識して呼吸をしてほしいのです。

深く大きくゆっくりと
呼吸する時間を作ってください。

できれば逆複式で。

吐くときに腹を出し
吸うときに腹を引っ込める。

矢印をイメージして
出すときにお腹からも出る
吸うときにお腹に入ってくる。
そんな感じです。

ちなみに吐くと吸うはどちらが先だと思いますか?

生き物はおぎゃ〜と生まれて
息を引き取って終わるのです。

喘息とは吸えない病気ではなくて
吐けない病気なんです。

呼吸をいつも意識してください。

時間があれば太陽や月に向かって
両手を挙げてエネルギーを戴くようにイメージして
深呼吸してみてください。

なるほどと思えることができたら
瞑想とかを勉強してみてください。

身体から開放される時間を味わえます。

分かると気持ちいいですよ。

やってみると気持ちいいです。

オカルトでもなんでもなくて
誰でもやればできることなんです。
みんなただやったことがないだけなんです。

料理を習うとか車の運転を覚えるとか
そんなことと一緒です。

やるかどうかそれだけです。

やってみてください。
分かると楽しいですよ。

ではまたです。


posted by ZULU at 19:34| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は自分しか変えられない。

ご連絡ありがうございます。

お子さんが引きこもってしまったということで良いでしょうか?

私は引きこもるということにはあまり触らなくても良いと思っています。
ご飯を食べているのならば多分まだ大丈夫でしょう。
ですが長引くと自分から出ようという気はどんどん無くなりますよね。

お父さんだかお母さんだかも分からないし
お歳も分からないので言葉使いに失礼があったらごめんなさい。

まずは読んでみてもらえませんか?
そして聞いてみてほしいです。

ご家族の方で沢山お問い合わせいただきますが
皆さんほとんどの方が買い与えて終わりという
そういう方が多いです。

私のアドバイスはまずご家族に読んで欲しいという事です。

心のことには心から触らない。
そして家族のお力なくして
お子さんは変化しては行きません。

まずはご家族の方から
何かを改めてみてはいかがでしょうか?

今がうまくいっていないのならば
少なくとも何かを学び変えていくべきだと思います。

お子様だけがおかしいのではないと
気が付いてください。

ご家族みんなで変わっていかなければ
何も変わらないと思います。

違うと思われたならばきちんとご返金もしております。

先日お伝えした「鶴の一声」も読んでみてください。

いろいろな方にこうして返事を書いたのを
私の部分だけ掲載しています。

同じような方々も沢山いらっしゃいます。

是非目を通してみてください。

お子様だけでなないはずです。

その辺りのことは
先ほどの鶴の一声を観ていただけると
いろいろと書いてあります。

いつでもご連絡ください。

必ずご返事いたします。

ただまとまらないメールには
先日のようにビシッと言いますけど。笑。

お子さんに代わってほしいならば
ご自分から変わるべきです。

ではまたです。

posted by ZULU at 19:04| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

たわいもないの?他愛もないの?

サルビア様

ご返事ありがとうございます。

花言葉は改めて調べてみてくださいね。
イメージではなく「花言葉」です。笑。

検索してみてください。

「たわいもないこと」

素敵な言葉です。

ご家族でたわいもないことを話している時間・・・
素敵な時間ですね。

触らない。
それも大事なことだし
勇気がいることです。

うまくいっているカップルは
「私のこと好き?」とは聞かないように
無駄な会話が多いことは
むしろ親密さを表しているのだと思います。

確認よりも無駄な会話が
その新密度を示すのだなと。笑。

たわいのない会話が
他愛のない誤解を生み

う〜ん。

やはり日本語ってむつかしいです。笑。

本当を探すのって
ラッキョウや玉ねぎをむくような気がします。

むいてむいて・・・

それよりもさっさと料理して
一緒に食べる。

それで良いのかなと。

根拠のない自信が
一番の自信です。

上手く言えないけど
自信を持っていえるのは
理由なんかないってことです。

あ〜なんか久しぶりに
狡賢い感じで素敵です。

たわいもないことは
理由なんかがなくて
とても素敵。

うんうん。

ゆっくりと歩いてみてください。
背筋を伸ばして
脳みそを揺らさないように。

つま先は真っ直ぐと前に向けて。

ではまたです。


posted by ZULU at 02:04| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資本と社会と子供と大人と・・・ひゅん

コスモス様

ご承諾ありがとうございます。

いつぞやの旅でキューバとメキシコに行きました。

どちらも首都で公演のため
観光の時間はありません。

ですから夜中にこっそり出歩くのが
私一人の時間の楽しみでした。

キューバでは通訳と仲良くなり
現地の人しか行かない食堂に連れて行ってもらいました。

レストランとは呼べない本当に現地人のための
まさに食堂でした。

通訳の彼からは
あまり大きな声で英語を話さないように
片言の日本語も出来たので
出来るだけ少しの会話にしてました。
日系の方も現地にはいるのですが
観光客は禁止なのです。

キューバは子供のころに人生が決まります。

医療も学問も無料です。

その代わり人生の大逆転もありません。

コパカバーナという世界3大キャバレーの
出演者はすべて大学を出た国家公務員です。

どんなに小さなバーでも
CDをかけるなんてことはありません。

契約した許可証を持ったミュージシャンが
演奏します。

小売店はいつも配給を待ち
店に商品は数える程度でした。

舗装されていない道路を
水溜りを避けながら
歩き回りました。

軍隊と警察があちこちにいるので
むしろ治安も良いし
素敵な散歩時間でした。
貧乏だけど明るいラテン。

でも返せば逆転はない人生。

テレビがずっとつけっぱなしな
老人たちがいました。

メキシコに行くと
子供たちは昼から親の手伝いをして
路上販売の品を運んだり
量り売りの袋詰めを作ったりしていました。

田舎から長距離バスに乗り
衣服の仕入れをこれでもかと買い込み
帰りを待つ親子もいました。

そこでも家族はみんなで働くでした。

ある夜中に
いつも通り一人で裏通りを歩きました。

知らない店に入って
通じない言葉を楽しむのです。

現地の自分の出るチラシを持っていれば
たいがいは笑ってくれて一杯おごってもらえます。笑。

そんなときに裏通りで野球をしている少年たちを見ました。

昼間は親が引いている台車を
後ろから押している子供たちです。

コカコーラのキャップを使って
野球をしていました。

深夜の2時ぐらいだったと思います。

子供はいつのときでも無邪気です。

私ももう一軒くらい行かなくてはなりません。笑。

宣伝活動ですから。笑笑。

キューバの子供たちは
大人と一緒に昼から大騒ぎです。

あの時に髪の毛を伸ばし
オレンジ色に染めていました。

ロコロコと子供も大人も私の後を付いてきました。

ロコってどういう意味?

え?
知らないほうが良いかも。

いいよ教えて。

気違い・・・・


あはは。

ハメルーンの笛吹みたいだね。

どっかに連れて行っちゃうか!

メキシコの子供たちは
未来を夢見て働く。

一緒に働くことが親子ですること。

そしてこっそりと夜中に
コーラのキャップで野球をする。

ただどちらも親と一緒に
がある。

日本はどうして親と一緒ではないのだろう・・・

あの旅の答えはまだないです。

でも探し続けます。

誰も私を知らない国にいって
何かを残してきてください。

分かった人から
世界を変えていきましょ。

たとえば折り紙は世界中どこでもうけます。

一期一会は貰うものではなく
誰かにあげるものです。

誰に出会えるのかを
楽しんでください。

袖振り合うも多生の縁です。

これを多少と思っている人がほとんどです。

多生・・・

情けは人のためならず。

古い人たちは
きちんと正しい言葉を残しています。

大事にしたいなぁ・・・

では良い旅を!!

ヴォンボヤージュ!

posted by ZULU at 01:25| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。