2010年09月10日

だ〜れも知らない知られちゃいけ〜ない〜

※ご本人の承諾を得て掲載しています。

はじめまして。

ネットで偶然「メンタルトリニティー」の宣伝箇所をクリックしたとこ ろ
なんとなく「これかも?」と思ってオーダーしました。
今週の火曜日(9/7)にCDとテキストが届きました。


私はオバチャンの独身女です。物心ついたときから(?!)マイナス思考 で
両親をも含めて他人を異常に意識するというか他人が怖い−いつも話相手 の
言動の裏を探るようなタイプでした。

男性に関しても「日本人の男は絶対に心の底では女なんか低く見てるに違いない」
と決め付けていて、本来なら一番楽しい時期である10,20代でさえ異性と楽しく
過ごしたことなどありませんでした。
勿論、日本社会に対しても否定的で何でこんな国に生まれたんだろうと
考えたことは数え切れません。

ちょうど約10年くらい前に両親の相次ぐ入院、介護、死去など人生の大 きな
節目を経験しました。そのころからさらに人間関係や将来の漠然とした不 安、
社会や周りの人に対する不満、自分自身へのイライラ感等から自分自身を 見失い、
買い物依存症になったり・・・妙な行動を重ねました。
(他人に迷惑はかけていませんが・・・)それゆえますます不安になる→ お金で
何かを買う(講座を受ける)→続かない→ますます不安と自己嫌悪→不 安・・・
の繰り返しでした。

2,3年前には、アルバイト先でパワハラに2回も(2社で)会ってし まったことから
仕事をやめて引きこもり、精神世界やスピリチュアル関係の本をいったい何冊読んだか
わかりません。200冊以上読んだと思います。10数万円するセミナー とかあやうく
新興宗教に入信しそうになったこともありました・・・。

その後もいろいろやってみましたがどうしてもわたしのマイナス思考と過 去の
いやな思い出からの脱出はできませんでした。

ところが・・・・です、鶴山さんのCDを聞いていて(聞き流していて)
届いた翌日だったと思います・・・
突然、なんでもないときに、今までまったく思い浮かばなかった感情がわ いてきました。
「あれ?わたしってこれでもか!っていうくらいマイナス思考なのにそれ でも
人生の大きな節目では目に見えない何か大きな絶対的な力に守られて難事 もスムーズに
解決したよなー。これってすごいことじゃない?」と心の底から思えたのです。

なのにわたしは部屋の隅のほこりや塵程度のことに腹を立てたり、そんな どうでもいい
ごみみたいなものに振り回されたりイラついたりしてたんだ。
なーんだ、わたしの悩みなんて最初から無かったんだ。本当に何とか自分 を
守ろうとしてこの悩みに自分はしがみついていたんだ。−ということが実 感として
わかりました。鶴様の声はすごいパワーです。

正直、たった1万円くらいのもので(失礼!)わたしの長年の悩みが解決 するわけない、
ダメもとで・・・なーんて本当に失礼ですが、それでもなぜかピンと来る 感じがしたので
即オーダーしたのでした。大正解。悩んでいる人はそれぞれ事情が違いま すから他人様の
ことは言えませんがわたしにとっては本当に「あたり!」という感じでし た。

なにせ、もう何十年もマイナス思考、引き算思考で生きてきた人間ですか らたまには
落ち込むこともあるとは思いますが、とにかく2日前から、これまでなら 考えが及ばなかった
新しい思考回路=感謝&前向き思考に変わりつつあります。そうしようと 意識するのでは
なく自然とそう思えるようになってきました。

このようなきっかけを与えてくださいまして本当にありがとうございま す。
つい4,5日前まではわたしはもう「ワクワクしたりウキウキするような ことは先の人生で
無いかもしれない」とさえ思っていましたが、今はこの先の自分がとても 楽しみです。
なぜなら、わたしは「絶対に大きな力に守られている」と心から実感できたからです。

あとは自分のカラダさんをもっと大切にしていこうと思います。
だらだら長い文章ですみません。とにかくお礼がいいたかったです。
また変化があればご連絡させていただきたいとおもいます。

鶴山さまをライブでも是非拝見してみたい!です。

とりあえずお礼まで


コスモス様

ご返事と掲載の承諾ありがとうございます。

メキシコですか・・・

私も大好きです。

2度公演とワークショップで訪れました。

テレビにも出たんですよ。
ただのお上りさんですね。笑。

誰でも評価してくれる人がいる
というのは嬉しいことです。

ありがとうございます。

きっと素晴らしい旅になりますよ。

是非試してみてほしいことがあります。

どこか公園か原っぱで
両手をお挙げて踊ってみてください。

私のことをだ〜れも知らない
私だけが私を知っている。

そう呟いてみてください。

その後のご飯が美味しいんですよ。

旅はだから良いんです。

是非
お試しあれ。

ではまたです





これで載せてよいですか?

メキシコいいなぁ。

むふふ。
posted by ZULU at 19:56| 神奈川 ☀| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォンボヤージュ! 良い旅を!

コスモス様
(やり取りの時には勝手に名前をつけさせてもらっています。ご希望があれば教えてください)

ご連絡ありがとうございます。

本当に嬉しいメールをありがとうございます。

人が変わるときは一瞬ですよね。
そうなんです。

ポジティブでもネガティブでも
思い描いた瞬間に決まるのです。

それが想像力。

そうと思えた瞬間にそうなるのです。

事物はすべて後解釈。

その鍵が見つかれば
どんなドアでも開きますよ。

そしてまた来ます。

鍵が開かない・・・・

来るけど方法は分かっているので
鍵を探すだけなんです。

鍵もなくす
靴もなくす

でもね。

どこかに鍵は存在しているし
靴も無くなったわけではないんです。

目の前にない・・・・
それだけです。

探せば必ずあるのですよ。

問題は信じられるかどうかです。

身体を大事にするのは
信じることを大事にするためなのです。

きちんと歩く
きちんと寝る
きちんと食べ
きちんと出す

きちんと答えに出会うために
身体を大事にする。

ただそれだけなんです。

答えとは何なのか?

それは人それぞれです。

でも
それに出会えた人の最初の一言は一緒です。

「な〜んだそういうことだったんだぁ」 笑。

あはは。

あとはお好きなことをお好きなときに
お好きなように追い求めてください。

死亡率100%

それがこの世界のたった一つのルールです。

迷ったらいつでもガイドを及びください。

でも歩くのはご自分ですよね。


ようこそこちらへ。

あとはお好きに。

いってらっしゃい!

いつでも帰れる場所は
ご用意致します。

ではまたです。

posted by ZULU at 02:49| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

要らないものは要らない

サルビア様
(やり取りの時には勝手に名前をつけさせてもらっています。ご希望があれば教えてください)

ご連絡ありがとうございます。

親子で聞いていただいて嬉しい限りです。

息子さんからもメールいただければご返事いたします。

お孫さんもおれらるということは親子3代ですね。

家族の方が購入していただいたときに
必ずお伝えするのが
是非ご家族みんなで聞いて欲しいという事です。

買って渡して終わりな人は
本人も読まないです。

興味を持って戴いた方から
読んで(聞いて)ほしいとお伝えしています。

そういう意味で親子で読んでいただいていることは
とても嬉しい限りです。

さてご質問の「劣等感の塊」ですが
まずは逃げ場所を確保するということでしょうか。

自分をリセットできる場所を確保する。

一度心のブレーキを踏んで
出なおせる場所を確保するということです。

とにかく今の会社というのは
人を育てる場所になっていないように思います。

男性の方はかなり悩みながら
会社に通っている方が多いですね。

特に家族をお持ちの方は
板ばさみです。

でも家族がしっかりとフォローしていれば
うまく出来るのではないでしょうか?

家族でも話が出来ない
親ともうまくいっていない
そんな人のほうが多いです。

今の日本は本当に家族が崩壊してしまいました。

それでも家族のために働き
家族に相談も出来ない。

そんな人が増えてます。

お金を稼ぐそれは大事なことですが
お金って日本銀行券なんです。

フランスでは使えないんです。
アメリカでも使えないんです。

日本人同士が信用として銀行券を使っている。

アルゼンチンが崩壊したときに
お金はただの紙切れになりました。

日本にもそんな時代があります。

でアルゼンチンは役所が発行した
役人だけが使える食券がお金として
流通するという不思議なことが起こりました。

でもそれでも人は死なずに生きています。
不思議とラテンは死なないんです。

彼らには劣等感はないんです。
(言葉としてはあるでしょうけど)

もちろん相対的な話ですが・・・

キューバに行っても貧乏だけど
楽しんでいました。

市長のパーティーに呼ばれて市庁舎に行って
トイレに行ったら便器の枠がありませんでした。

トイレットペーパーもテーブルの上に
使う分だけと綺麗に一人分たたんで置いてありました。

みんな明るく踊っておりました。

劣等感とは要らないものなのです。

要らないものは要らない。

心の中でこう呟けばいいんです。

「お前のほうが間違っている」

そう言い切って帰れる家族があれば
それが素晴らしいことなのだと思います。

声に出すとただもめるだけですから
止めときましょうね。

帰れる場所がある。

そう思える家族がいれば
劣等感なんて要らない。

と思います。

要らないものは要らない。

ちなみにサルビアの花言葉を探してみてください。

ではまたです。



posted by ZULU at 22:19| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

始めたら始まりさ・・・うんうん

然様

ご連絡ありがとうございます。

頭では理解できる。

でも・・・
気持ちはなかなか変わらないかもしれませんね。

では置いておきましょ。

親のことは難しいです。

置いときましょ。


左手で食べる
口呼吸から鼻呼吸にする
昔の場所に行ってみる

とにかく意識して
今までとは違うことをやってみる。

始めたのならば続けてくださいね。

全員が気持ちを一つにしたら
同じ気持ちでアクセルを踏んだら
渋滞になんかならないのにと
思ったり致します。笑。

分かったけどできないことは
置いておく。

「踊るマハラジャ」観てください。

主人公の無意味にニヤケた顔を観てみてください。
自信があるってこんな顔なんだと
勘違いでもいいんだと
でもやっぱりこのニヤケ方はなんか良いなぁと。

元気でますよ。

口呼吸は人が話すことから始まった
他の動物にはない呼吸方法なんです。

犬が口をあけているのは
舌からの発熱だけですからね。

動物は鼻で呼吸します。

人はなんで口呼吸してしまうのか
それは言葉を発するために
喉の奥を弁にしてしまったからなんです。

そして言の葉で思考するようになる。

一つ一つを別々に理解することは大事ですが
結局は全てが繋がっているということも
感じてください。

中国の小さな蝶々のひとひらが
ニューヨークでハリケーンになる。

風が吹けば桶屋が儲かる。

全てはひとつ
ひとつは全て

小さなことから始めましょ。

まずはレンタルビデオ屋さんにごー!

意識しても心臓やら内臓やら
止められないのに
どうして呼吸だけ止められるのか?
考えてみてください。

ではまたです。

posted by ZULU at 19:03| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

笑う門にはわはは。

※ご本人の承諾を得て掲載しています。

> こんにちは、風船唐綿です。
>
> 返事ありがとうございまし た。
>
>
> あれから、彼と会うかどうか 自分で決めました。
>
> そして行動しました。
>
> そうしたら、なんだかすっきりしています。
>
>
>
> 最近、意識して日常生活を送っていたら
>
> あれっ、と気づくことことが少しずつあります。
>
>
>
> 自分の身体や心(脳のつぶや き)にちゃんと向き合うと
>
> どうも調子が悪い時は悪いイメージばっかりしていました。
>
> あ、ほんとだ〜って率直に思いました
>
>
>
> また、
>
> 自分が勝手に思い込んで勝手に傷ついたり
>
> 相手の気持ちを勝手に解釈しているということを知りました。
>
>
>
> その時、そうだったのか〜という思いと
>
> よく今まで頑張ってきたね〜という気持ちがでてきました。
>
> それから脳のつぶやきが否定的なことをいうと
>
> そんなに怖がらなくてもいいよ〜、大丈夫。というようにしています
>
>
>
> また少しずつですが、自分で決めるということを意識して過ごしています
>
> 自分で決めたり、知るということに出会うたびに、
>
> 心も身体も軽くなるようです。
>
>
>
>
>
> 私もいいこと日記はじめました。
>
> ついでに自分のこと気づいた日記というものを
>
> 書いています
>
> なかなかおもしろいです
>
>
>
>
>
> 鶴山さんと出会えて本当に良かった
>
> 私は以前旅行やちょっとしたお出かけが大好きでした
>
> 今はまだ難しいですが、それを楽しんでいる自分になる
>
> そうなれる
>
> と信じていきます
>
> 本当にありがとうございます


> こんにちは、風船唐綿です
>
>
>
> 鶴の一声にぜひ載せてください
>
> 私もそれを読んで勇気づけられている一人です
>
>
>
> 紹介してくださった本読んでみますね
>
> どんな出会いがあるのか楽しみです
>
>
>
> 以前は誰かの目を気にしていたり
>
> やらなきゃとせかされているような気持ちで
>
> 過ごしていたので
>
> 今は自分の決めたこと、したいことをしているので
>
> なんだか楽な気持ちで過ごせています
>
> 自分で決めるって大事なんですね
>
>
>
> 紹介された本も自分が読みたいと思ったので
>
> 読んでみます
>
>
>
> 返事ありがとうございます
>
> それでは、また

風船唐綿様

ご返事そして掲載の承諾ありがとうございます。

ご自分で決めて行動されたのですね。
そして結果もどうやら良かったようで。

素直にうれしいです。

今の日本人は決めるというのが苦手なんですよね。

外人は間違ってても絶対に意見を変えません。笑。
その代わり責任感というものを強く持っています。

日本人はどうすれば良いでしょうか?
と必ず聞いてしまいます。

戦後教育の賜物ですね。
すごいと思います。

雪が解けたら
という話を知っていますか?

これを中学生に聞くと
100%で水になると答えるそうです。

ところが子供に聞くと
お花が咲くとか
春が来るとか
お父さんが帰ってくるとか
答えは一つではないそうです。

これを聞いた中学生の教師が
自分のクラスで試してみて
全員が水になると答えて
愕然としたという落ちまであります。

(まぁネットで出回っている話なんで
どこまで本当なのかはわかりませんが・・・笑)

どんな科学も絶対はありません。

飛行機は飛ぶ
それは事実。

でもどうして飛ぶのかを
まだ証明出来ていないのです。

答えは一つではありません。

自分にあった何かが
どこかの存在する。

それをどこまで信じることが出来るのか。

そのために何をすればいいのか?

そのことを一つ一つ
考えていけたらと思うのです。

選んで決める。

他人軸から自分軸へと少しずつ
シフトしていきましょう。

良い言葉を使っていると
良いことがやってきますよ。

良いことも悪いことも
結局は思い込みなんです。

すべては後解釈。

ならば素敵なことを選びましょ。

思い込んだ者勝ちですよ。笑。

ゆるぎない自信とは
説明の出来ないもののことです。

笑っていいのですよ。

あはは。

ではまたです。

posted by ZULU at 21:09| 神奈川 ☁| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。