2010年09月06日

こ〜の支配からの卒業・・・

然様(ブラックパール改め)

ご連絡ありがとうございます。

名前の件了解しました。
では然さんで。

ゆっくりと食べるようになれて
よかったですね。

支配ですか・・・

私はいつも個人的に師匠を持つことにしています。
演劇の師匠
踊りの師匠
恋愛の師匠
男儀の師匠
介護の師匠

いつも助けてもらって
教えを扱いています。

気がつくと私にも弟子がいたりします。

人は一人で成長するのは
なかなかに難しいです。

子供を観ていると
これなあにから始まって
どうしてそうなの?
と成長していきます。

こんなに子育てに手間と時間をかける動物は
少ないのです。

さてそこが問題です。

教えなのか支配なのか?

学ぶことは必要です。
ですが支配は必要ではないですよね?

親の親のことを考えたことがありますか?

ご自分の親がどんな育て方をされてきたのかを
想像してみると少しは気持ちも変わるのではないでしょうか?

私は介護を通じて随分と親の人生を調べました。
本人に聞いたり親戚に聞いてみたり・・・

そして戦争というものが
如何に現代に影響しているのか
その傷がどれだけ今の日本に影響しているのかに
改めて気がつきました。

子が親を恨んだり
親が子を支配しようとしたり
それはかなりの影響を受けて
代々続いていることです。

判ったものから断ち切りませんか?

大事なことは
原因を調べるのではなく
話を聞いて想像してみるです。

名前の秘密もそこにあります。

自分の名前の意味を
誰に就けてもらったかを
知るのと知らないのでは
大きな違いがありますよ。

名前は言の葉の始まりで
誰かに授けてもらうのです。

だからここでのやり取りには
本名や普段使っているHNなどではなく
ここだけのやり取りの名前を
楽しんでほしいなと思っているのです。

介護しているときに落ち込むと
子供のころに通った小学校や中学校に行きました。

昔すんでいた家を見に行ったり
その近くの神社を散歩したり。

自分の過去と出会えることで
生きてきたという実感が沸きます。

親のことを知ってみること
ご自分の過去の思い出の場所に行ってみること

是非試してみてください。

ではまたです。

posted by ZULU at 20:36| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

小さなことから意識してみる

ブラックパール様
(やり取りの時には勝手に名前をつけさせてもらっています。何かご希望があれば教えてください)

ご連絡ありがとうございます。

ご感想とてもうれしいです。

なかなか直ぐには分かってもらえないことが多いですね。

それは
一つには自分の負けを認めることなのではないかと
最近は思っています。

そして
そうか間違っていたんだと
知らなかっただけなんだと
認めることは
実は難しいことなのかもしれません。

ですが何かを変えなければ
何も変わりません。

小さなことでよいのです。

意識して何か小さなことを変えてみる。

どんなに小さなことでもかまいません。

意識して小さなことを変えてみてください。

そしてそれがどんな形で現れるのかを
楽しみにしてみてください。

いつも誰かには具体を書きますが
ちょっと考えてほしいなと思いました。
考えやすいように範囲だけは決めますね。

・口にするもの
・目にするもの

どちらでも良いですから
何か意識して
今までとは違った何かをしばらく続けてみてください。

ではまたです。

posted by ZULU at 01:57| 神奈川 | 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。