2010年09月08日

要らないものは要らない

サルビア様
(やり取りの時には勝手に名前をつけさせてもらっています。ご希望があれば教えてください)

ご連絡ありがとうございます。

親子で聞いていただいて嬉しい限りです。

息子さんからもメールいただければご返事いたします。

お孫さんもおれらるということは親子3代ですね。

家族の方が購入していただいたときに
必ずお伝えするのが
是非ご家族みんなで聞いて欲しいという事です。

買って渡して終わりな人は
本人も読まないです。

興味を持って戴いた方から
読んで(聞いて)ほしいとお伝えしています。

そういう意味で親子で読んでいただいていることは
とても嬉しい限りです。

さてご質問の「劣等感の塊」ですが
まずは逃げ場所を確保するということでしょうか。

自分をリセットできる場所を確保する。

一度心のブレーキを踏んで
出なおせる場所を確保するということです。

とにかく今の会社というのは
人を育てる場所になっていないように思います。

男性の方はかなり悩みながら
会社に通っている方が多いですね。

特に家族をお持ちの方は
板ばさみです。

でも家族がしっかりとフォローしていれば
うまく出来るのではないでしょうか?

家族でも話が出来ない
親ともうまくいっていない
そんな人のほうが多いです。

今の日本は本当に家族が崩壊してしまいました。

それでも家族のために働き
家族に相談も出来ない。

そんな人が増えてます。

お金を稼ぐそれは大事なことですが
お金って日本銀行券なんです。

フランスでは使えないんです。
アメリカでも使えないんです。

日本人同士が信用として銀行券を使っている。

アルゼンチンが崩壊したときに
お金はただの紙切れになりました。

日本にもそんな時代があります。

でアルゼンチンは役所が発行した
役人だけが使える食券がお金として
流通するという不思議なことが起こりました。

でもそれでも人は死なずに生きています。
不思議とラテンは死なないんです。

彼らには劣等感はないんです。
(言葉としてはあるでしょうけど)

もちろん相対的な話ですが・・・

キューバに行っても貧乏だけど
楽しんでいました。

市長のパーティーに呼ばれて市庁舎に行って
トイレに行ったら便器の枠がありませんでした。

トイレットペーパーもテーブルの上に
使う分だけと綺麗に一人分たたんで置いてありました。

みんな明るく踊っておりました。

劣等感とは要らないものなのです。

要らないものは要らない。

心の中でこう呟けばいいんです。

「お前のほうが間違っている」

そう言い切って帰れる家族があれば
それが素晴らしいことなのだと思います。

声に出すとただもめるだけですから
止めときましょうね。

帰れる場所がある。

そう思える家族がいれば
劣等感なんて要らない。

と思います。

要らないものは要らない。

ちなみにサルビアの花言葉を探してみてください。

ではまたです。



posted by ZULU at 22:19| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。