2010年10月03日

笑えない夜には・・・泣けばいい

踊るちゃぶ台レディー様

笑えないときには
真っ直ぐに泣きましょう。

一人でワンワン泣くのです。

今のお勧めは「森崎書店の日々」本です。
というか読んでて良いなぁとまだ読み終わっておりませんが。笑。

「パイレーツ・ロック」映画です。
海賊版ラジオ局の話です。
今年の私の一押しです。
これは何度見てもいいですね。
お勧めです。

泣くといえばナウシカです。
ナウシカは始まった瞬間に泣くように
私は何度も見てなってます。笑。

「ムーランルージュ」ユアンマクレガー主演のミュージカル映画。
切ない恋ですが生きていこうと力が沸きます。

伊坂幸太郎の「砂漠」は青春小説です。

とにかく笑うためにも
一度思いっきり泣いた方が良いですね。

泣いて良いんです。

良いものを観たり読んだりして
思いっきり泣きましょう。

なんか気に入ったものがあったら
教えてくださいね。

笑いが足りないときには
笑いは探さない。

思いっきりに
気持ちよく
泣ける何かを
探してみてください。

笑いたいときには笑えない
お金がほしいときに金はなし
寂しいときには人はなし

笑いもお金も寂しがり屋さんなんです。
沢山のところへ寄っていきます。

だから今は気にしないことです。

視点を変えて
映画や小説にハマッて見てください。

大事な時間が訪れますよ。

気が付けばその辺にある本で良いのです。
こちらが変わればその手にしたもの達の
印象もきっと変わるはずです。

探してみてください。

今は人よりも
本や映画や漫画です。

探してみてください。

ではまたです。




え?

俺か?

俺が今・・・そうなのか?

あはは。

物語に埋もれて
泣いてます。

心地よい秋の芸術期間。

今はね
こんなに季節が変わって
人は疲れているのね。

そんなときには
静かに一人で物語りに入るのです。

今の日本は
この夏に疲れ
経済に疲れ
寒い朝に居るのですよ。

ここはしばらく
じっとするとき。

うんうん。

がんばらないときには
がんばらない。

うんうん。
posted by ZULU at 21:55| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。