2010年10月11日

横たわるということ

アリッサム様
(やり取りの時には勝手にお名前を付けさせて戴いています。ご希望があれば教えてください)

ご連絡ありがとうございます。

基本的にうつに向かう人は
まじめで優しい人なんですよね。

なにげなく普通に暮らしていると
日本という国はどこに向かうんだろうと
とても寂しい気持ちになります。

会社とかは今の時代
結構辛い日本人の集まりなんだと思います。

そういう中で日々のお勤めをするとなると
もうそれだけで実は大変なことなんだと思います。

まずは自分を守る方法を学びませんか?

・休むことを肯定する
・いつも通りの自分でないことを確認する
・知らないことがあるのだと自覚する
・変われるということを信じる

身体の声に耳を傾けましょう。

心が辛いときに
心に触ろうとしてはいけませんよ。

身体を整えるほうに気をつけてみてください。

そういうお気持ちで
もう一度音声を聞いてみてください。

なにかしら小さな発見があると思います。

変われると信じること。

治すと思うことは
すでに病気だと認知していることになります。

人はそう認識すると
そこに居ようとします。

なぜならばそのほうが楽だからです。

これ以上悪くならないように
そこに居ようとするのです。

治すではなく
変わろうと行動することです。

まずは音声をもう一度聞いてみてください。

何事も最初の扉がなかなか開かないものなのです。

自転車や車の運転と同じですよ。
慣れれば無意識のうちにできるようになっていきます。

自分を信じること
それだけがまずご自分で出来ることです。

眠れなくても身体は横にしてください。
重力からの開放というのも大事なことなのです。

湯舟につかったり
横になったりするだけで
身体に関しては楽になるものなのです。

寝るとは脳みそだけのことではないのです。

横になるその意味を感じてみてください。

ではまたです。

posted by ZULU at 14:39| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。