2010年10月31日

テレビは見ないという割に・・・笑

ご連絡ありがとうございます。

奥様とお電話で話をしたのは下記のことです。

・節目を考えてみる
厄払いはなぜ神社でもお寺でもしてもらえるのか?
それは節なんです。
元々厄払いは陰陽道なのですよ。
つまりは陰陽師(おんみょうじ)なのです。
神教でも仏教でもなく道(たお)なわけですね。
季節、節分など節目節目を大事にしてきた
ある意味での自然科学なわけです。

一生の長さを一年で区切って一つ歳。
12か月を区切って30日で区切って
一日を区切る。

お天道様もあれば雷様もいます。
自然は少しずつ変化している。

だから人は区切りを考えたわけです。
流れる時のことを意識してみたのですね。

節目に何か行動してみる。

今がその時と思った時に
節目をもって節として区切る。

なんでも良いから
小さなことを意識して
そのことを行動として節目を持つということです。

入り込んでしまって流れが見つからない
そう気がついたときに
区切ってみませんかということです。

・ゆっくりと話す 逆接続で話さない

早口で話すのは聞きずらいですよね。

それと「でもね」とか「違うんです」とか
相手の言ったことに口癖のように
否定系な言葉で話を続けるのは
とても疲れることなんです。

大事なことはゆっくりと低めの声で話すと
相手に伝わりやすいです。

・テレビは見ない
テレビは何でタダで見れるのか?

某国営放送には放送料を払いますよね?

その辺りのことは一度真剣に考えてみてください。

急にのどが渇いたり
物が欲しくなったりしませんか?
テレビとはそういう箱なんだと
ご理解ください。

その上でお好きな番組があるならばどうぞ。

無意識につけっぱなしで
リモコンでチャンネルを変えたりするのは
良くないのでそれだけは止めましょう。

気が吸い取られている証拠です。

テレビを見るなという割に
テレビネタも多い私です。笑。

家では見ないけど
居酒屋にあると目につくんですよね。笑笑。

ではまたです。

posted by ZULU at 18:47| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。