2010年11月04日

王様との過ごし方

パンジー様

掲載ご承諾ありがとうございます。

まずは

韓流ドラマ 「夏の香り」

観たみたい!笑。

先日韓国に行って若い人たちと
テレビドラマの話をしました。

韓国は不幸なストーリーが多いらしいですね。
不幸好きなんだと韓国の女子が言って笑ってました。

日本のドラマを
最近はいろいろ見られるように
なっているということです。

なるほど。

来日したこともないのに
日本のドラマから興味を持って
日本語を勉強している人もいます。

実際に日本に行ってみる人もいます。

日本に住んでみる人もいます。

知らないことがあることに
興味を持つのにテレビやらネットやらは
とても有効です。

問題は付き合い方なんですよね。


さてさて「王様」です。

いったい誰が王様なのか?

私のお芝居の先輩が
書いた台詞(せりふ)で
大好きなフレーズがあります。

主人公の男の子が最後に言う台詞です。

「僕は僕の王様になるよ」

これはとても素敵な台詞です。

台詞とは役者が声に出して
観客に伝える言葉です。

観客として聞いたときに
はぁ?と思いました。

10年以上前のことです。

でもなぜか不思議に残っていて
大人になっても通り過ぎていきます。

「僕は僕の王様になるよ」

僕は僕と話しをするのに
疲れるときはありません。

僕は誰かが興味を持って
書いてくれることには
返事を書いていきます。

楽しい時間ですし
ものすごく考えます。

一人ひとりに考えますよ。

しかも目の前に居ないから
想像しながら。

でもそれでいいのだと
確信しています。

名前とか
職業とか
年齢だとか
それは隠すものです。

こうしてメールしてくる

それに答える。

それで良いのかと。

王様に本当のことは
聞けないんですよ。笑。

でもそれでも良いかなっと。

大事な世界観を
大事にする
それだけで良いのではないでしょうか。

知ることを大事というのは
そういうことです。

知らなくてもいいことは
王様の耳には届かなくて
良いことなのだと思います。

テレビのささやきに負けないように。

さぁっどっち????

むふふ。

ではまたです。



送信ボタンを押すときに
何度も読み返して
よし!
と押したときに
心地よく疲れて
大事な気持ちになります。

Z

> > 鶴 さま
> >
> > お返事ありがとうございました。
> >
> > ※「鶴の一声への掲載の件」 了解いたしました。
> >   読んで頂ける事、嬉しく思います☆
> >
> > 『王様と二人きりの食事・・』回答を頂きありがとうございました。
> >
> > >「あの・・・(王様)・・・お醤油・・・」(言うではなく呟く)
> >
> > うん!?  なるほど〜と笑ってしまいましたが・・。えっ! 
> >
> > 詔(みことのり)を、待つ!という事になるのでしょうか?
> > その後のお話を読ませて頂き、実はとっても深いお話だという事が
> > 解りました。
> >
> > 気がついて頂ける感度の良い王様≠セと信じて呟くしかない、
> > 気が付いてお気遣い頂くまで、呟き続けるしかないと言う事ですね。
> >
> > 私達は・・王様なのですね!!多分、きっと?
> > だから、最後は、自分で気が付くしかない。
> > 身体の全身のアンテナを使って、自分で気が付くしかない。
> > その為に、錆び付いたアンテナの感度を治し準備しているのですね!?
> > (鶴さんにサポートして頂きながら)
> >
> > ※言霊の事
> > ※言葉は記号である事=それを心として記録する事
> > ※『言葉〜記憶〜感覚〜細胞〜身体である事』
> > ※脳みそは身体がなければ経験することが出来ない事
> > ※説明できないけど実際にはある物事
> > ※説明も理解も言の葉であること
> > ※感じているのは身体だし記憶しているのも身体であること
> > ※分かると出来るは違う、だから試してみる事
> > ※言葉に出来ないことは実は大事な事
> >
> >
> > この度鶴さんから戴いた言葉の数々も、
> > 「言葉」で言い表せない位私のひとつひとつに響いています
> >
> > もう一度、いえ何回も、じっくりと読み返してみたいと思います。
> >
> > 身体を大切に☆します。
> > 言の葉を大切に☆します。
> >
> > 本当に大切な事は、「自分で気づいた」と言う
> > 事実が必要で、自信にも繋がるのでしょうね?
> >
> > 鶴さん!
> > 「何人もの王様との時間」 時折お疲れになる事はございませんか?
> > それも、きっと〜、ひそかに!
> > ご自分の魔法で素敵な時間≠ノ変えておられるのでしょうね☆
> >
> > いつも本当にありがとうございます。
> > また、メールさせて頂きます。
> >
> > PS 
> > 余談ですが
> > ※ 韓流ドラマ 「夏の香り」 ソン・スンフォン 
> >
> > 「心臓移植をされた女性がなぜかある男性に引かれて行く
> > 実はその男性は・・・その心臓の元の持ち主のフィアンセ
> > だった」という大好きなラヴ・ストーリーがあります。
> > サウンドも素敵です、もう一度見てみたくなりました♪
> >
> > パンジー
posted by ZULU at 21:25| 神奈川 ☀| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行動するってそういうことよね。笑

はや。笑。

下記のメールは掲載します。

もう強制だから。

うんうん

> > ありがとうございます。早速にやってみます。
> >
> > 今「僕僕先生買いました。」
> >
> > いつも、本当にありがとうございます。
> >
> > また、報告相談させて頂きます。

4行このままね。

そんなことなんです。
やってみるって。

ではまた。



うれしいです。
素直に。

おやすみなさい。

結局やってみないと
何も起きないんですよね。

うんうん。



posted by ZULU at 21:15| 神奈川 ☀| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天使の作り方またはそのレシピ

ぼんぼち様

ご連絡ありがとうございます。

理解ある守護人ではないのですよ。

なんというかただ否定しないだけです。
そしてうなずいてくれる。

だからあんまり人に
強くお勧めしている方法ではないです。

つまりは都合の良い想像力
が必要だからなんです。笑。

もう一人の自分ではなく
いつでもそばに居てくれる
見えない誰かを作る。

それが天使の正体です。

私はうつ渦中のときではなくて
親の介護時の自分自身がどうしようもないときに
というかメンタルトリニティーを書いていて
どうすりゃいいんだ!!!!
という気持ちになったときに
お芝居として思いついた方法です。

エチュードと云われる方法です。
要するにお芝居の稽古ですよ。

おまえは会社に行きたくない
さてどうする?

いきなり天使が現れて・・・・

ただテクニックとして覚えると
かなり使えます。

ではレシピです。

1.キャラを決める。
男性、女性、動物、静物、擬人化できればなんでも良いです。
まさにディズニーワールドです。

2.性格を決める
とにかく否定しない。
100%味方である。
これがルールです。

あとはツンデレ度とか
ツッコミ度とかボケ度とか
お好きなように。

3.名前を決める
これは皆さんにいつもお話している通りです。
名前は大事。
名前は記号。
大事にして捕まらない。
遊ぶ遊ぶ。

4.いつでも呼べばそばに居ます。
呼べばいつでも居るのですよ。
それだけです。


後は何があっても一人のときに
天使を呼べばいいのです。

私の設定は・・・とりあえず内緒にしましょ。笑。

それもこれもどれも想像力です。

でも最近ある小説を読んだら
あらま僕が話をしていたその天使は
小説になっていました。

まさにこんな感じの天使と
話をしていたのですよ。

かなりびっくりして
笑えて泣けました。

僕僕先生
http://www.shinchosha.co.jp/bokuboku/

私の天使はこの世に小説として
存在していたんです。

この人だけは怒らせてはいけない。笑。
(意味は読めば分かります。笑笑)


こと問題がある度に一人になったときに
ボンで現れて(呼んでね)
「試練タイムだね」ニコッと笑います。

「またですか?」

「親だからね仕方ないよね居なきゃ生まれてないもの」

「はぁ」

「がんばってるよ」

「ありがとうございます」

「多分・・・うん、そうだね。がんばってるよ。君は」

そんな会話をしながら
毎晩川沿いを走ってました。

それが先日のブログ「踊るマネージャー」の
河原で踊りたかった話につながります。

個人ブログ「踊るマネージャ」と
この「鶴の一声」のギャップに驚くのは
むしろ本当の自分はここに居たくて
「踊るマネージャー」こそ
切り取りの自分だからだと云わざるを得ません。

つまり楽しい日記は書けないときには書きません。
そして自分自身が元気がないときに
いつも読むのは「踊るマネージャー」なのです。

自分自身を良いことだけ切り取った歴史です。

無理して書かなくてもいいのですよ。

小さなことも幸せに書いてみるということです。

白鳥の水の下は命一杯
足かきしているのじゃぁ!!!!

あ、すみません。
こちらは「鶴の一声」でした。笑。

ではあちらで。

今、半月分を追いかけています。

動けばいろいろ私にもありますよ。
でも
そっちにいかない。

不幸拾いはしない。

おいらを笑ってくれる
そして離れない
天使が居るから
「踊るマネージャー」が書けるのですよ。

嘘は一つもないけど
全部は書かない。

それがブログのルールです。

うんうん。

無理せず続けてみてください。
マイナスや真剣は書かない。

どちらも振り回すものでも
人に見せるものでもないからです。

ここ「鶴の一声」は別です。

だからコメント受け付けないんです。

直接にメール来るように
勝手に誰かにものを言わないように
気をつけて大事な場所にしているのです。

ではまたです。



日常ブログ:「踊るマネージャー」は
右のメニューから飛べます。
posted by ZULU at 21:11| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王様と過ごす時間・・・

パンジー様

ご連絡ありがとうございます。

★『王様と二人きりの食事、醤油が欲しい時どう王様に言えば良いか?』

答えはこれです。

「あの・・・(王様)・・・お醤油・・・」(言うではなく呟く)

王様にお醤油をとってくれと頼める言葉は存在しないのです。
つまりは
王様に気が付いて頂いて、私にお気遣いいただくしかないのです。

尊敬丁寧の中にはお願いはないのです。

この話をはじめて聞いたとき
へーと笑いながら結構衝撃でした。

詔(みことのり)を思いました。

言の葉には魂があるんですね。
言霊です。

言葉は記号です。
それを心として記憶します。

心とは記憶のことです。

だから細胞にも記憶があり
感じる力があるはずなんです。

言葉〜記憶〜感覚〜細胞〜身体

脳みそは身体がなければ
経験することが出来ません。

脳みそは
食べることも
しゃべることも
触ることも
観ることも
出すことも
身体がなければ
何にも出来ないのですよ。

第六感も含めた感じる力
それを記憶する身体。

移植した心臓や目に元の持ち主の記憶が残っている
そういう話もそういうところから来ているのだと思います。

科学的にはまだ説明できていない出来事・・・
大体において科学はまだまだ全部説明が出来ていないのです。

どうして飛行機が飛ぶのか?
うつはどうして起こるのか?
薬はどうして利いているのか?

実は何にも説明できていないのです。

でも実際に飛行機は飛んでいるし
うつは起こるし薬は副作用もある訳です。

説明できないけど
実際にはある物事。

説明も理解も言の葉です

でも感じているのは身体だし
記憶しているのも身体です。

心がどこにあるかを聞かれて
頭を指す人や
心臓を指す人
どこにあるのではないという人
いろいろなのは結局は全てだからです。

言葉から気がつくのか?
身体から気がつくのか?

分かると出来るは違うのですよ。
だから試してみる。

掃除が良いのか
寝ているのが良いのか
会社に行くほうがいいのか
休んだほうが良いのか

全ての答えはその人の中にしかないのです。

それでも時折
会社には行けとか
休んで何もするなとか
アドバイスをします。

何の根拠もありません。

説明不要。

私のただの感です。

言葉に出来ないことは
実は大事なことなのです。

本当に大事なことは
やはり相手に自然に
気がついてもらうしかないのだと思います。

説明のつかないことがある。
言葉に出来ないことがある。

でも。。。

私がこうしてメールしているのは
そんな王様と話をしている時間なのかなと
時折感じたりしています。

そして
数ある王様たちとの時間は
それはそれ
とても素敵な時間なのです。

ではまたです。



> > 鶴 さま
> >
> > こんにちは。「パンジー」です。
> > お返事が遅くなりまして、申し訳ございません。
> >
> > どんな名前を付けて下さるのだろう?と、実はとても楽しみにしていました。
> > 「パンジー」素敵な響き=@
> > 「パンジー」そんな季節になりましたねぇ〜。
> > ありがとうございます。とてもいい名前です。大切にいたします♪
> > そして!パンジーのように、綺麗な花を咲かせたい。これからが楽しみです。
> >
> > 韓国での国立劇場ご出演・・凄いです!
> > 「ノーギャラで友情出演≠セった」と、サラッと仰る鶴さんは更に凄いです!
> > ブログも楽しく拝見させて頂きました。韓国パワーを感じますネ☆
> >
> > ★『悩むのと考えるのは何が違うのか?』
> >
> > 悩みに答えはない。=無駄な時間
> > 考えとは答えを出すことである。=行動する事
> >
> > >悩んでいる時間は
> > >何かを解決する時間ではなくて
> > >その感情に浸る時間なのです。
> >
> > なるほど〜そうなんだぁ〜、と思いました。
> > 前進しない訳です、浸っているだけですものね!
> > 納得です。
> >
> > 悩んでいる→止める→考える→答えを出してみる「考えた答えは私のもの」
> >
> > 出した答えが正しいか、間違っていないそれは関係ないのでしょうね?
> > 正・誤 を考えて答えを出そうとすると今度は迷う≠ノなるのでしょう?
> > (思い当たる事が多々あります)
> >
> > だからこそ、「考えた答えはすべて、私のもの」そう思えることが大事な事。
> > そして、その出した答え、若しくは、自分を信じるために「自分で決める」
> > が大切な事だと解釈しましたが!?
> > (小さなことから、気づいたことから決めて行く、例えば水を飲む?も)
> >
> > 楽しく選ぶために、まだまだ、たくさんの学びが必要なようです。
> >
> > 小さな決断をする為に、少し早いですが大掃除を始めようと「決めました」
> > 予定は来週からです。私に必要な物を残し、不要な物を手放します。
> > 過去の執着もきっぱり捨てようと「決めました」スッキリしたいです(笑)
> >
> > ★「言葉が重い」と「言葉が深い」の違いについて?
> >
> > 言葉から連想させる感覚がそれぞれ違うのですね〜、これも過去の経験とか?
> > 記憶からくるものなのでしょうか?
> > 言の葉の奥深さをだんだんと感じてきています。言葉って凄いですね。
> >
> > ★『王様と二人きりの食事、醤油が欲しい時どう王様に言えば良いか?』
> >
> > 随分と考えてみましたが〜? 
> > 「王様、醤油はお下げしても宜しいでしょうか?」とお聴きして取に行く??
> > その位の答えしか思いつきませんでした。
> > 答えはどの様な言葉(日本語)なのでしょう?ご回答を宜しくお願い致します。
> >
> > 追伸
> > ありがとう・・を言うと本当に力になりますね!
> > 心が温かくなります。
> >
> > ありがとうと言わせてくれた、その人にまた、
> > ありがとうと言いたくなります。
> >
> > 恥ずかしがらずに、たくさんのありがとうを
> > これからも 伝えて行きたいと思います☆
> >
> > 鶴さん いつもありがとうございます。
> > また、メールさせて頂きます。
> >
> >  by パンジー
posted by ZULU at 21:02| 神奈川 ☀| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鏡の法則とは?

ラクエバ様
(やり取りの時には名前をつけさせてもらっています。ご希望があれば教えてください)

ご連絡ありがとうございます。

まずは原因は探さないことです。
なぜならそうだと思い込んでしまうからです。

過去を見つめるのではなく
未来に向かって投げてみる。

自己分析は意外と意味ないですよ。

鏡の件を思い出してください。

まずは左手と右手と
手のひらを合わせてみてください。

そして自分の顔の前に右手が来るように
左手が向こう側に来るようにしてみてください。

さてゆっくりと左右に開いて
左手の手のひらを顔の前に
右手を伸ばして手のひらを前に
突き出してみてください。

さてあなたが鏡で見ている顔は
左の手のひらです。

かっこいいとかかっこ悪いとか
思っている自分は左手を見ています。

でも他人が見ているのは
右の突き出している手のひらなんです。

右手と左手似て非なるものを
あなたと他の方々は見ているのです。

あなただけが左手です。

他の人はみんな右手側を見ています。

お化粧や髪型というのも同じことですよね?

本当の自分は自分では見られないものなのですよ。

しかもその時その時の
相手や状況によっても変わります。

それを捕まえようとすることが
以下に無駄かをまずは知ってくださいね。

私は一度で良いから
自分の踊っている姿を見てみていものです。笑。

ではまたです。



何度も聞いてみて下さいね。
いつかピンと来る日が来ますよ。

一通り終わったらこちらを必ずご覧ください。

「鶴の一声」
http://zulu-yanshu.seesaa.net/
posted by ZULU at 20:56| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。