2011年04月14日

いちいち感謝ですよ!笑。

まるさんへ

そうですね。
結局は自分次第なんです。

今の出来事も
過去の出来事も
感情が言葉になった時点で
もう既に思い込み以外の何者でもないのですよ。

つまりいくらでも書き換えは可能なんですよ。

真実だと信じていることさえ
肌で感じたことを
脳みそが0.5秒後にたぶんこうだろうと
判断した結果に過ぎないのですよ。

人は過去に生きていると思いがちですが
人は未来に生きているのですよ。

その狭間が
今になると思い込んでいるだけなのですよ。

思いを強く持つこと。
気がつくこと。

さすれば素直に
感謝する自分がいるはずです。

朝起きたことに感謝
呼吸していることに感謝
仕事があることに感謝
この世にいることに感謝
ご飯を食べるたびに感謝
いただきますと言えることに感謝
恋人なんか出来たらもう大感謝ですよ。

人は願うことが出来ます。

そして信じることも。

まだまだやることは沢山あるのですよ。

一つ一つ学んでくださいね。

鶴の一声のほかの人のも見てみてね。

ではまたです。

posted by ZULU at 18:18| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

許すと口にしてみること

まるさんへ

良い感じです。

甘えている自分を許す。

それで良いのですよ。
それが自分を好きになる
第一歩です。

今は人生の夏休みですよ。

ゆっくりとした時間を
大事にすること。

身体を大事にすること。

それだけ自分のことを
見つめてみる時間なのですよ。

まずは許す。

鏡に向かっても
口にして呟いてくださいね。

口にしたことは
すぐその場で耳に入る。

だからこそ言の葉は
大事にしなければならないのです。

言の葉は人に伝えるときにも
自分の耳に入ることを気をつけて。

まずは許すと鏡に向かってくださいね。

ではまたです。


posted by ZULU at 20:16| 神奈川 | 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

続けること

まるさんへ

千里の道も一歩から。

やること
続けること

それだけですよ。

その紡ぎの向こうに
笑顔があります。

信じること
信じるために試すこと。

大丈夫と声に出していうこと。

拍手を打ち
鏡に向かって笑顔で微笑むこと。

小さくてもやれることは
まだまだありますよ。

そして続けること。

小さな積み重ねが
いつしか大きなうねりになりますよ。

今はまず
あなたがあなたを褒めるのを
学ぶときなのですよ。

お休みの日は
ゆっくりと休んでくださいね。

ではまたです。

posted by ZULU at 22:12| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3つのK

イパネマ様

ご返事遅くなりました。

3つのK
環境
慣習
考え方

いきなり変えるのは難しいように思いますが
少しずつ小さなことに目を向けてみてください。

環境:
過去の場所に立ってみてください。

小学校や前に住んでいたところ
懐かしい思い出の場所に立ってみる。

通り過ぎる時間に身を任せる時間を持つと
意外に勇気がわいてきますよ。

私は通った学校や
引っ越した家など
子供のころに過ごした地域を見て回りました。

慣習:
小さな約束事を決めてみて下さい。

トイレットペーパーを変えるときには
必ず「ビンゴボンゴ」という。

ちなみにビンゴボンゴは
革命家チェゲバラのいかだの名前です。笑。

靴を脱いだら綺麗に揃えるとか。

何でも良いのですが
小さな決め事を持つということです。

考え方:
これの基本はとにかく俯瞰です。

出来るだけ離れてみてみてる。

コップは上から見れば丸いし
横から見れば四角いです。

でもコップはコップ。

俯瞰の目は
自分自身を守っている
守護霊の目で自分自身を見つめてみるです。

守護霊が本当にいるのかどうか
悩んでも無駄なのですよ

そんな風に考えてみるのもありかなということです。

都合よく自分に引き寄せて
都合よく安心してよいのですよ。

まずは自分を褒めてください。

よくがんばっているし
そんなに不幸じゃありませんよ。

まずはこの春を
見つめて楽しんでください。

ではまたです。


posted by ZULU at 19:23| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

そうだカレーを作ろう!

マツバギク様

花言葉・・・
なかなかに素敵でしょ?

名前を考えるときに
どんな人なんだろうと想像します。

メールだけでは男女ぐらいしか分からないし
それすら一度だけ
ずっと男の人だと思って書いてたら
女の人だったこともあるし・・・笑。

少なくとも
年齢や家族構成やら仕事関係やら
こちらから聞いたりは絶対にしません。

なぜかというと
想像しているその人に
アドバイスしているからです。

戴いたメールから
命一杯その人の笑顔を想像します。

そして名前をつけます。

どうしてわざわざ名前をつけるのかは
過去ログを見てくださいね。

そうして名前をつけて
花言葉を確かめてみると
ニヤッとします。

なんとなく当てはまる気がするからです。

勿論100%ではないし
勝手な私の思い込みです。

でもこの思い込みが大事だし
とても面白いのです。

昔のように笑えなくなったのは
何かしら学んで
上手く脱皮できないというようなこと
だと思いませんか?

というか思ってみてください。笑。

卵焼きしか出来なかった人が
カレーを作ろうとしたら
肝心のカレーのルーがない。

要領のいい人は
じゃぁ肉じゃがにしようとか
炒め物で済ませちゃえとか
でもまじめな人は
カレーにこだわります。

答えは簡単です。

買いに行けばいいのですよ。
もしくはお隣に借りに行く。

カレーを作ろうと思っているのに
カレーのルーが無ければ
カレーが作れない!


そのまま止まる。

フリーズ。

勿論イメージの話ですよ。

でもそんな風に考えれば
足りないことで悩むよりも
目的な物を手に入れれば良いのだと思います。

足りないものは
どこかから調達する。

それが私の言う「笑顔」です。

そしてそれが学です。

話はそれますが
以前どうしても好きなお笑いの人がいるので
観たいけどそれでもTVはダメですかと
聞いてきた人が居ました。

勿論
観たいのなら観ていいのですよ。笑。

私が言っているのは
TV主導の時間を作らないということです。

見たい番組は見てください。

でも終わったら電源を切る。

もう一つそれますが
昔牧場のバイト時代に
牛の出産に立ち会ったことがあります。
逆さ後で足にロープを巻き
力いっぱい引っ張れ!
と言われ
19才のときの私はおろおろしながら
夜中の長いときをすごしました。

もっと引っ張れ!!
はい!

そして無事に出産して
ずっとその子牛を観ていました。

牛舎の中
積んだ藁にもたれかけて
朝になるまで
その子牛を見ていました。

すると数時間で
子牛は自分で立ち上がりました。

その瞬間は今でも鮮明に思い出せます。

人も動物です。

生きて自分で学んでいかなければならないのです。

昔のように笑いたいと皆さん言いますが
もう昔のようには笑えませんよ。

学んでしまったのですから。

学ぶとは体験することと同義語です。

つらい学びもあれば
喜びの学びもある。

だから今度笑えるときは
もっと素敵な笑顔になっているはずです。

この苦しいときを学び
そしてもう一度
笑えたときには
もっともっと素敵な笑顔になっています。

そしてその人に向かって
アドバイスしているのです。

今のあなたや
過去のあなたと
私は向き合っていません。

すでにあなたの笑顔とともに
私はこうしてメールしているのですよ。

あ〜なんだか今日は
どこかの宗教者みたいです。

大丈夫。
壷を売りつけたりはしませんから。笑笑。

あはは。

ではまたです。


posted by ZULU at 21:34| 神奈川 | 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。