2011年05月18日

知る楽しみ(ご本人の承諾を得て掲載しています)

芍薬様

掲載ご了承ありがとうございます。

> > 芍薬です。
> >
> > 意味を調べてみました。ボタン科の多年草なんですね!
> > 素敵な名前をつけてくださりありがとうございます☆
> >
> > お忙しい中、お返事ありがとうございます。
> >
> > なるほど〜と、思いました。そうですよね。
> >
> > 三寒四温…言葉を知らなくて言葉の意味を調べてみました。
> > 言葉の意味を知っていく楽しみが増えました。
> >
> > 節…そう考えてみると、その時その時を生きていけるような気がしました。
> >
> > 沢山の材料を増やした方が、いろいろな自分に巡り会えるなと思いました。
> >
> > お仕事については、今度上司と相談することになりました…
> >
> > 鶴山さんのCD、全部聞きました!
> > うんうん、と納得させられています。
> > 冊子は後もう少しで読み終わるところです。
> >
> > 踊るマネージャーや、鶴の一声も沢山読まさせて頂いております。
> > 鶴の一声…沢山のアドバイスが私にも凄くアドバイスになっています。
> >
> > 鶴山さんの語る言葉、メールは素敵ですね。
> > 考えさせられますし、元気を頂きます。
> > ありがとうございます。
> >
> > リンゴの木の本も読みましたが、感動しました。
> > 意外と自分の近くにヒントがあるのに、気づかないことが多いんだなと思いました。
> >
> > 最近調子が悪いと、ぐだぐだと過ごしてしまってますが、
> >
> > 草花を育てたり、金魚を見たり、調子が悪い日も顔は洗うように心がけたり。
> >
> > 本当に少しずつですが、小さなことからほんの少し、動いている気がします。
> >
> > 身近なことって大切だなぁと思うこの頃です。

立てば芍薬
座れば牡丹
歩く姿は百合の花

とは聞いたことがありますか?

花を女性に例えているのか
女性を花に例えているのか
(大体において女性と書いたらだめなのか?
女と書いて怒られないのか?悩むなぁ。日本語難し。笑)


私も改めて調べてみましたが
江戸時代の粋な7・7・7・5のようで
はっきりした意味は不明でした。

でも漢方という説もあって・・・
立つは腹が立つ
座るは座り込む
歩くとは歩けないほど

そういうときにそれぞれが
漢方として役に立つ。

なるほど。

カゴメカゴメ伝説に似ていますですね。

生き残る言葉には
何かしら伝説はあるのでしょう。

薬もお酒も植物から出来ています。

韓国は本場ですから
いろいろ目に入りました。

まぁのんべえの私の再発見としては
お酒もお薬なのだなぁ・・・

という至極当たり前の
でもなかなかに深い再発見でした。

お医者に行くのか
飲み屋に行くのか

う〜ん。

どっちも出すのは植物から作った
お薬なんだなぁ・・・とね。

バーの語源は知っていますか?

バー(Bar)とは止まり木です。

旅をして街に着き
止まり木に馬をつないで
それぞれの情報交換を行った。

実はバーには諸説あるのですが
私は個人的にこの説を信用しています。

バレエにはバーレッスンもあるし。

公園の鉄棒とかね。

肘を着いたり
両手で掴んで身体を伸ばしたり
なんだか妙にしっくりときます。笑。

馬から下りて
鉄の棒に身体を伸ばしている・・・・あはは。

親父!
ストレート一杯!

名前から始まる言の葉の世界は
深く面白いです。

そして生き物のように
その姿や使い方を変えて行きます。

特に江戸時代の話はとても面白いですよ。

早朝から歌舞伎見てたとか。
幕の内弁当はそこからきてますよ。
芝居の間に食べるんです。

新しいは江戸っ子が遊んで
新(あら)たしいを新(あたら)しいと使ったんです。

鎖国300年
結構世界史的にも面白いのですよ。

へ〜って世の中にいっぱいあります。

楽しんでください。

言の葉から分かる人
身体から分かる人
想像から分かる人
本当に道は一つではありません。

でもね。
これだけは言えます。

この道を歩いた人は
二度と戻りませんよ。

なぜなら
ご自分で歩いていることを
分かる人だからです。

山はね
自分で歩かないと
頂上には行けないのですよ。

汗かいて自分でやる。
それは大事なことなのです。

だから僕は
海とか川が好きです。

山は眺めるのが一番。

うんうん。

楽して元取れ。
笑。

これからメールの返事は早いです。

ではまたです。


posted by ZULU at 22:49| 神奈川 ☀| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずはきちんと歩いてみること

ぼたん様
(やり取りの時には勝手にお名前をつけています。ご希望があれば教えてください)

メールありがとうございます。

はや!

素直に一気に聞きましたね。
あはは。

ありがとうございます。

嬉しいです。

最初に言いますが
私が言っていることは
たいしたことではありません。

当たり前のことなのに
みんな誰も教えてもらえなかったことだけです。

さいむん術とか
つぼ売るとか
予たまい言だとか

そういうことは言いません。

普通に知らないことを
改めて試してほしいだけです。

聞き終わって読み終わったならば
いろいろ質問してください。

ひとりじゃない。

そう思えるだけで人は元気になれることも
人は忘れてしまうのです。

それだけです。

質問に答えます。

>不安を感じず仕事が続けられる

そんなことが出来るのか?

それが無い人が居たら
紹介してほしいです。

お願いですから
そんな人がいたら
真っ先に紹介してください。笑。

他人の芝生は蒼い。

顔を上げて
まっすぐに歩く練習をしてください。

鏡は見ない。

頭に糸をつけて
頭を揺すらずに歩く。

口は閉じて
等身大の高さの壁の向こうに
水平線を見てください。

踵の高い靴は出来るだけ控える。

足全体で床を掴むように。

脳みそを出来るだけ揺らさないで
身体の全て糸がついているように
操り人形が綺麗に歩くように。

イメージは全て上に
身体そのものは
糸にぶら下がるように。

上下のベクトルを強く持ち
建物の中を闊歩してください。

不安が無い人なんかいませんよ。
みんな隠すのが上手いだけです。

船は漕がなきゃ
向こう岸にも行けませんぜ旦那ぁ!!

てな感じで初回如何でしょうか?

だめなら
手法をきちんとかえます。

てやんでい!
てな気持ちでいきましょっい!!

ではまたです。

posted by ZULU at 22:25| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沢山の自分がいるのね。うんうん。

マツバギク様

ご返事ありがとうございます。

最近マツバボタンさんもいるので
間違えないようにしないと・・・笑。

松葉の葉に似ているけれど
花の形は
菊のようなのと
ボタンのようなのと
まぁいろいろとあります。

花はいろいろあるけれど
同じように咲こうとはしないですよね?

自分が咲いて
次世代に生き残りを作るために
精一杯咲いています。

舞踏(私のやっているダンスの種類です)の
ある先生は
こう言いました。

花はね
痛い痛いって咲くんですよ。

きれいだと思うのは人なんです。
花は一生懸命なんです。

なるほどなぁ・・・

その先生がある日
生徒に言いました。

もう稽古は終わりです!

先生!
どうしてですか?

だって
あなたたちは
ここに居るじゃないですか!!

それがダンスです。
それが全てです!

好きに踊りなさい!!

あ〜なんて素敵で冷たくて温かいのでしょう。

もちろん当時の生徒たちは大慌てだったそうですが・・・

答えの無い戦い・・・

ここでの話も同じように思うときがあります。

バカボンの名台詞(せりふ)
「これでいいのだ」

その一言を呟ける
そのときを目指してがんばりましょ?

嫌なことのフィードバックは
気にすることほど無駄なことの重なりです。

私にも沢山のフィードバックはあります。

でも気にしない。

無視していいですそんなの。

脳みそごときが
勝手に思い出すそんな出来事は
ほっておくです。

大体において
その記憶すら怪しいのですよ。
テキストに書いたでしょ?

人の意識はたった3%なんですよ。

あとは無意識に脳みそと腸で調整しています。

無意識97%ですよ。

そことのズレが今の辛さです。

こんなはずでは・・・
その問いは誰から発信していますか?

「自分で決めて良い」

そのことの意味を考えてみてください。

許せない自分と
許す自分と
今の自分

大事なのはそういう風に
俯瞰してみる自分です。

そう!
自分って沢山いるのですよ。

まるで纏まらない
どこかの国の政治みたいです。笑。

マスコミの云うことは気にせず
この政局を乗り切ってください。

答えは一つではありません。

行動することとはそういうことです。

まずは朝シャワーを忘れずに。

それと訓練をもう一つ。

目を瞑ってゆっくりと歩いてみてください。

何歩まで歩けますか?

急がずにゆっくりと・・・

お試しあれ!

ではまたです。


posted by ZULU at 20:24| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知ることって大事だと思うのよね

南大杉様
(やり取りのときには勝手に名前をつけさせてもらっています。ご希望があれば教えてください)

本当に長らくご返事できなくてすみません。
今までの返信の中で一番お待たせしてしまいました。
ごめんなさい。

これからは日常に戻るので
バンバン返事書きます。

さてトリニティーの左回りですが
あんまり気にしなくてよいです。笑。

出来るとか出来ていないとか
あんまり気にしないでください。

あんなものただの詭弁です。笑。

そういう風に伝えたほうが
分かりやすいかなというぐらいに捕らえてください。

ただし心と身体と想像力は
繋がっていることは確かです。

どれが最初とか
こういう風にすればいいとか
そういうものではなくて
こんな風に考えていいんだとか
こんな考え方もありなんだとか
そんな位置づけにしてもらえると嬉しいです。

とにかく最初に言いたいのは
人のせいにする人はうつにはならない。
自分のせいにしてしまう人がうつになります。

まぁうつということも便宜的に使っているので
病気だなんて思わないほうが素敵です。

うつと言うぐらいならば
無知病と呼んだほうが良いと思います。

なにしろ日本人はこの手の哲学に対して
弱すぎます。

生きているからこそ悩むし
いろいろなことがあるんですよ。

その原因を探る思考をしてはいけません。

失敗は成功の元。
それだけで良いのですよ。

検証することは大事だけれども
気分までそこに陥れては駄目なんですよ。

陥(おとしい)れているのは自分自身なんですよ。
(ここでふり仮名しているのは改めて調べてほしいからですよ)

検証する。

それは哲学です。

日本語は
日本人は
今の現代社会は
哲学に弱いんですよ。
(まぁこれはちと弁明の余地多々ありなんですけど。笑)
(哲学好きな人からは突っ込み満載で反論が来そうですから。笑)

あれ?
これなんか面白そう。

それでよいのです。

マイナスを拾っても辛くなるだけです。
そういうのを不幸拾いといいます。
私が名づけました。笑。

くれぐれも不幸拾いにならぬよう
日々の中の発見を大事にしてください。

犬も歩けば棒にあたる

意味分かってますか?

むやみに歩いていても
不幸に出会うだけです。

出会った物事をいちいち
不幸拾いにもしないで下さいね。

出来事は出来事としてそこにあります。

人間万事塞翁が馬

その意味はテキストに書きました。

覚えてますか?

結局は「私の心持ち」なのです。
そして「もう一人の私」がいます。

このずれのことを
たまに人はうつと呼ぶのではないでしょうか?

出来ている自分と
出来ていない自分と
満足出来ない自分と
よっしゃ〜という自分と

本当の自信には理由がありません。
ただただその気持ちが満ち溢れる。
それが本当の自信です。

その逆もまた真なりと
わたしは思うのです。

理由なんか探しても見つからないし
不幸を拾うだけなのです。

コップは
上から見れば丸いし
横から見れば四角いし
でもコップはコップ。

まして海外に行けば名前すら変わる。

分かった人から
少しずつ変わっていければと思います。

コンピューターのバージョンアップですよ。
不具合を直して環境を良くしていく。

学ぶとはそういうことだと思います。

ね?
無知病でしょ?

日本の戦後教育の賜物ですよ。

気づいた人から
改めませんか?

まずは「鶴の一声」読んでくださいね。
http://zulu-yanshu.seesaa.net/
具体的なことを沢山書いています。

ではまたです。



posted by ZULU at 18:50| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんだか沢山書きすぎちゃいました。笑。

マツバボタン様
(やりとりの時にはお名前を勝手につけさせてもらっています。ご希望があれば教えてください)

ご返事大変遅くなりました。
申し訳ありません。

ブログを楽しみにしていてもらえて光栄です。
ありがとうございます。

前回のアドバイスをもう少し
噛み砕いて説明します。

1.顔を洗う
2.拍手を打つ
3.雪を払うように身体を払う
4.鏡に向かって笑う
5.鼻で呼吸する

1.顔を洗う
顔を洗うはそのままに。

ただしお風呂のときにも気をつけてほしいことを。
小顔マッサージですよ。

まず顔の中心線から全て外に向かって
耳の上をとおり頭の後ろのつむじまで。

あごのライン
鼻下のライン
目の下のライン
眉毛のライン(耳から上はそのまま上に向かって)
おでこのライン(おでこは4本の指で髪を掻き揚げるように)

イメージは皮袋です。
つむじに向かって後ろ髪を引っ張るように
顔の皮全部を後ろに向かって引っ張りあげるです。

これは身体も同じで
下から上になで上げて下さい。

人の身体の皮は一枚なのですよ。
風船のように想像してください。

余った皮は全て上に持っていく!

風船の口は頭の後ろのつむじにあるのです。

時々バレエ教室に通う女の子を見かけませんか?
あんな感じです。

つむじに向かってギュー!!

そんな風にマッサージというよりも
全身や顔を指先でなで上げてあげる。

痛くしたらイヤンですよ。
やさしくやさしくです。

私は本当に毎日やっていますし
昼でもトイレに行くと時々やります。

自分で言うのもなんですが
肌つや良いです。笑。

2.拍手を打つ
これはもう基本中の基本です。
気を変えるにはこれが一番。

とにかく良い音がするまで
納得いく音がするまで叩いてください。

初めての場所とか
ホテルの部屋に入ったときとか

かなり有効ですからお試しあれ。

3.雪を払うように身体を払う
これも2.と同じことですが
気を払うです。

お払いです。

日常を過ごしていると
いろいろと降りかかってくるのですよ。
雪道から帰って玄関口で雪を払うように
外から中から拾って積もった何かを
払ってください。

気を流せば新しい気がめぐります。

暑い暑いと手のひらで
顔を仰ぐのも同じ行為です。

腕も手のひらで
ほこりを払うように
仰いでみてください。

4.鏡に向かって笑う
これはもう言わずもがな。

最近の映画ブラックスワンを見てください。

一つだけ
バレエダンサーの腹筋をなめてはいけません。
これだけ肝に銘じて観てください。笑。
(ラストシーンにかかわることなので忘れずに)

昔のベルリン滞在時代
オペラハウスで出演していたときに
物凄いプレッシャーで
鏡に向かって
俺だけはお前を知っていると
鏡の向こうの自分に話かけていたことがあります。

ちなみに鏡の秘密は知っていますか?

右手と左手を重ねてください。
そして右手の甲を上にして離す。

左手の手の平が向こう
右手の手の甲が顔の前に。

いいですか?

人は左手の手のひら(鏡の顔)をみて化粧をします。
つまりご自分が見ている顔です。

ですが町を歩く顔は右手の手の手のひら(自分の顔)です。
つまりみんなが見ているのは右手の顔です。

右手と左手・・・
似て非なる二つのもの。

ご自分が鏡で見ている顔は
自分しか知りません。

周りの人が見ている顔は
自分には見ることが出来ないのです。

本当の顔は自分には見れないのです。

私のダンスを私が見れないのと同じように
あなたの素敵な顔はみんなが見ている顔とは違うのです。

集合写真で見る自分の顔は
ほかの人と比べると違和感があるのはそのためです。

自分の声をはじめて聞いたときにも
同じようなショックがあったはずです。

私じゃない私。

実はこれがうつの正体です。

だからこそ
鏡の向こうは味方につけないと
お前だけは私を見ていると
仲良くしてあげないといけないのですよ。

こっちが弱っているときには
鏡の向こうの私に元気を貰うために
微笑んでみるのです。

鏡の向こうの自分は
必ず微笑んでくれます。

あ〜良い話だ。
笑笑。

5.鼻で呼吸する

口呼吸できる動物は人間だけです。

これ以外と人は知りません。
学校では教えてないことですね。

いかに日本の育児教育が間違っているかです。

街中を見ても口を半開きにして歩いている人が多いです。

口は呼吸器官ではありませんよ。

ではなぜに人は口で呼吸できるのか?

息を口に贈る必要があったのですよ。

何のために?

言の葉を発するためです。

馬はヒヒ〜ン
猫はニャーニャー
犬はワンワン

人はこれをもっと細かく分類して
仲間とコミニュケーションを取るために
言語が発達したのです。

そして身体をも変化させた。

口は食べる器官です。
でも空気も出し入れできるようにした。
これが嚥下です。

介護の現場でよく話題に出る
嚥下問題とはこのことです。

口から入った食べ物が
肺に入ってしまう。→誤嚥です。

そしてその言葉の最初は名前です。

自分の名前ですよ。

言の葉の話は長くなるので
またの機会に。

まずは口は呼吸器官ではないので
免疫等に対する対処が出来ないで
まっすぐに肺に入ってしまうということです。

鼻にはその対処する器官があります。
鼻毛も無駄に生えているわけではないのですよ。
うんうん。

ちなみに赤ん坊は鼻と口がつながっていません。
生き物として生まれて
人間に成長していくのです。

身体のこと
言の葉のこと
もっと興味を持って
学んでみてください。

人は変われるから
すごいんです。

ではまたです。



モノには名前がある。
そのことを本を書いているときに
改めて思い知りました。

そして初めての言葉とは
自分の名前であると発見したときに
一晩中バーの隅で泣きました。

なんて素敵で
なんて今までの自分は
言葉をないがしろにしていたかと。

吐く言葉は相手に伝わる前に
自分の耳に聞こえているのですよ。

美味しい言葉で生めて生きましょ。


posted by ZULU at 17:19| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつも言っていることだけど・・・

人というよりも生き物として
脊椎動物の基本は腸です。

脳みそを広げても新聞紙1〜2枚ですが
腸はヒダヒダを広げるとテニスコートの大きさです。

そして薬はどこから吸収されるのか?

うつを脳の病気と扱っている人が多いですが
身体全体のことと捕らえないと
扱いがおかしくなると私は考えています。

もともと腸が泳ぎたくて
岩から離れたのですよ。

もともとはホヤなんです。

腸はある条件から
岩から離れて泳ぎ
そして頭進が始まり
身体が伸びて背骨が出来て

そして脳みそが出来て
お魚になり鮫になり
海が干上がって陸に上がり
肺呼吸になり
手足が出来て陸を歩き
四足の動物に分かれて
人だけが二本足になって
手が自由になって
道具を使うようになり
火を手に入れて
やっとこさここまで来たのです。

ざっと36億年。
このDNAの記憶と発生を
繰り返すのが妊娠なのです。

お母さんのおなかの中で
36億年を過ごすのですよ。

母なる海から生まれた生き物は
月の影響を受けています。

24.8時間

これが生き物の周期です。

それは月時間のこと。

女性のお客様もこの時間でやってくるし
生命が生まれるのは満月が多いのです。

海の満潮干潮も月の影響ですし
大潮という大満潮は
これに太陽の影響が重なるからです。

そしてそれを太陽の時間軸に調整して
人の生活が在ります。

つまり月時間と太陽時間を
毎日調整しているのですよ。

そのために朝に太陽を浴びることが
とても大事になるわけです。

24.8時間
つまり50分のずれを
毎日調整して人の生活はあるのですよ。

そして重力との戦い。

身体はいつも重いものを抱えているのです。

ボーリングの玉を手に持って
まっすぐ上に掲げて歩いているのを想像してみてください。

疲れそうでしょ?

それが普段
人が歩いていることなのですよ。
バランスとりながら
結構重労働しているのですよ。

だから寝るということは骨休めなのです。

脳みそを休めるためではないのですよ。

身体を大事にするということは
そういうことから開放する時間をきちんと持つということなのです。

人は学べば強くなります。

まずは知らないことを学んでいきましょう。



最近のお勧めの映画です。

「英国王のスピーチ」
上手く話せないあがり症の王様とボイストレーナーの話です。

「ブラックスワン」
ヒロインに抜擢されたバレエダンサーの話
親子の確執と愛情と何よりもソリストというプレッシャーの話

どちらも素敵な映画です。

すべては自分次第
そう思わせてくれる元気をもらえます。

小説などのお勧めは鶴の日常ブログ
「踊るマネージャー」を観てね。
(右のリンクから飛べます)

やっと日常に戻りました。
忙しかったわ。

あはは。

posted by ZULU at 00:51| 神奈川 ☔| カラダカラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親のことはね結構難しいのよね

ナデシコ様
(やり取りの時にはお名前を勝手につけさせてもらっています。ご希望があれば教えてください)

ご返事大変遅くなってごめんなさい。

思いのほか
日常リズムに戻るのに
時間がかかってしまいました。笑。

韓国公演の日記すらまだ書けずにいます。。。。
ありゃりゃ。笑。

すごく良い旅でした。
元気百倍だったのですが
ゴールデンウィークやらなんやらで
日本に戻ってから
いろいろと山済みになってしまって・・・・

すみませぬ。
ただの言い訳です。

さて
お母様のことは
大きいと思います。

今の日本の問題とでもいうべき問題です。

個人的な問題というよりも
現代的な問題ということぐらい
大きな視点で捉えたほうがよいと思うぐらいです。

親と上手くいかなくて
自分を責めてしまう人は多いですよ。

そういう私も親の介護をしなければ
気がつかなかったなと思うことも沢山在ります。

戦争の欠片が今でも細かく
私たちに降り注いでいるということです。

子供は親の顔色を伺って生きるものなのですよ。

だからこそ気がついた者から
少しずつ変わっていけたらと思います。

子供にとって
親はずっと親ですからね。

「あんたは年寄りになったことがないから分からんのよ」

事ある度に云われて
結構辛い思いをしました。

でも介護で学んだことも
親の人生を調べてみたことも
今となっては大変勉強になりました。

親の子供のころの話や
今の自分の年ぐらいのときの
そんな話を聞いたことがありますか?

今の親と戦わずに
昔の親御さんの話を聞いてみてください。

少しずつ見方が変わると思います。

それと時間軸につかまっているときには
昔通った小学校や中学校
住んでいた町並みを歩いてみてください。

昔遊んだ広場や公園など
散歩がてらに歩いてみると
自分自身への時間軸が出来て
思えば遠くへきたもんだなぁと
生きていることにフィット感が出ますよ。

ぜひお試しあれ。

ではまたです。


posted by ZULU at 00:16| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。