2011年05月26日

新たなる旅立ちに乾杯!!

(ご本人の承諾を得て掲載しています)
>
> 鶴山 欣也 様
>
> お久しぶりです。
>
> アプリコットです。
>
> 覚えていますか?やっと地獄の毎日から抜け出せた気がします。
>
> とは、言っても気分がめいる日も沢山ありますけど・・・。
>
> 薬に、頼らずどうにか過ごせています。
>
> 何だか人生観が変わったというか、良く分かりませんが、昔の自分には
>
> 無かった何かを感じます。
>
> 正直、辛かった半年間のことは、どう過ごしていたか、あまり覚えていないです。
>
> 今になれば、あっという間でしたが、半年間もの間、毎日どう過ごしていたんだろうと
>
> 考える日があります。
>
> その間、家族には、どれだけ不安を与えたのだろうと考えると、けっこう辛いものが
>
> ありますけど、元気な自分を見せられるのが、一番の恩返しだと思っています。
>
> まだまだ、毎日ハツラツとはいきませんが、少しずつ出来ていくんだと思います。
>
> 結局、会社の方は3月末で退職しました。
>
> 今まで勤めていた会社は、パン工場で、22年間パン製造の仕事をしていました。
>
> その経験を生かして、パン屋を開業することになりました。
>
> またまた、妻には不安を与えてしまうのですが、応援してくれています。
>
> 妻には、頭、上がらないですね(笑)
>
> オープンは、7月末予定です。
>
> 本当に、鶴山さんに出会えて良かったです。
>
> 病院にもかかり、色々な人にアドバイスをもらいましたが、結局、体験者ではないので、
>
> 本当にありがたいのですが、なかなか聞き入れる事ができなく、鶴山さんのお話しは、
>
> すっと入ってきたのを覚えています。
>
> 妻には、出会いを作ってもらい、そして、支えてもらい感謝です。
>
> 本当に、鶴山さんに出会えて良かったです。
>
> ありがとうございます。
>
> これからも、ご活躍を応援しています。
>
> アプリコットより。
>
>

鶴です。

ご報告ありがとうございます。

本気で涙出ました。

嬉しいです。

ようこそこちらへ。

うんうん。

そうなんですよ。

もうあっちにはいかないことが分かる瞬間。

あ、抜け出た。

その感じですよ。

うんうん。

しかも新たなる一歩も。

本当に嬉しいです。

始めるからにはいろいろあるでしょう。

でも忘れないでください。

あの時間よりも辛いことなんて
ありえませんよ。

それを乗り越えたのならば
怖いもん無しですよ。

だって学べばいいことが分かったのだから。

うんうん。

ドイツはベルリンで学んだことを
新しい旅立ちに送ります。

才能とはごく小さなもので
それは頂上を目指す人が
口に出来るもの。

物事は始めたら
その世界が好きかどうかだけ
悩んでください。

常に問うのは
俺に出来るかではなく
それが好きかどうかですよ。

嬉しい報告をありがとうございました。

オープンしたらこっそりHPのアドレスを教えてくださいね。

ではまたです。

新しい旅立ちに乾杯!!


posted by ZULU at 22:50| 神奈川 ☔| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご承諾を得て掲載しています。

(ご本人の承諾を得て掲載しています)
> 鶴山先生
> このたび、先生のテキストを購入しましたカサブランカと申します。メールいただきありがとうございます。たくさん受講者がいるのに、一人一人に声掛けていらっしゃるのに、ビックリしています。本当に有り難かったです。
> 私はかれこれ7年位、鬱にくるしんでいます。仕事で大きな失敗をして以来、仕事が、恐ろしくなり時々全くヤル気がなくなってしまいます。最近また、症状がひどくなって来て、とうとう昨日今日と会社休んでしまいました。
> 今日やっと先生のCD聞き終えました。良いイメージから始まること、背筋正して姿勢を良くすると、積極的になれることは昔からなんとなく分かっていたことが、頭の中で整理できました。鬱になってしまったことを、くよくよ考えるのでなく、私の一生のなかで意味のあることなんだと思い、テキストを少しづつ実践し、もとの元気な自分に変わっていきたいと思いました。
> また、近況報告します。では。
>

ご了承ありがとうございます。

鶴さんでいいです。
こそばゆいので。笑。

今はまさにその時なんですね。

これからの人生を乗り切るために
少し立ち止まって見つめてみる時間なのですよ。

姿勢はちゃんとしているか?
歩き方は間違ってないか?
美味しいものを美味しいと感じて噛んでいるのか?
起きたときに今日も生きている自分を好きになれるのか?
自分で自分を抱きしめることが出来るのか?

身体のことを気遣ってあげてください。

そういうときにはまず
その日のうちに寝てください。

今日のうちに寝る方法は簡単です。

今日のうちに電気をすべて消す。

それだけです。

思い悩んだら
思い出してください。

どうして寝るのか
骨休めとは何なのか
休んだら自分の時間をどう過ごすか
不幸拾いはしない!

沢山沢山
一つ一つ
意識して試してみてください。

まずは散歩ね。

歩くという単純なことを
どこまで意識できますか?

踵が地面につく瞬間
膝が曲がる時
頭は垂れてませんか?
目線はどこを見てますか?
手は振っていますか?

歩くだけでもものすごいことなんですよ。

まだ人と同じように歩くロボットは出来ていませんよ。

でも想像は宇宙を飛び回って
未来でも過去でもいけます。

今この世に身体という乗り物に乗って
私たちはこの世に生きている。

そのことを深く深く
感じる時間なのではないでしょうか。

身体という乗り物を大事にメンテナンスする。

そのことを学んでみてください。

ではまたです。



カサブランカ?
の?はどういう意味なんでしょ?

とクスッとお笑いました。

花の王様と呼ばれているんですよ!

王族としてみたのに・・・・

?ですか??

スカシユリとかもっと
庶民的にしておきますか?

あはは。

英国王のスピーチ
観てくださいね。

意味が分かります。

ひゃひゃ。


posted by ZULU at 22:23| 神奈川 ☔| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きな靴の木下君

マツバギク様

メールありがとうございます。

朝シャワー結構素敵でしょ?
かなり有効ですよ。

まぁ女性は余計に時間がかかるから
大変だろうけど
男はかなり楽でしょ?

さて脳みその声=脳みその呟き
こればかりは消すことは出来ませんよ。

ただ気にしないようにすることは出来ます。

置いておく。

まずこれを忘れない。

そして天使の呟き
これも試しているのですよね?

なのにどうして・・・

そうなんですよね。

気になりだしたら気になる。

でもなんでそんなにそっちを気にしてしまうのでしょうか?

幽霊は本当にいますか?
UFOは飛んでいますか?
今の食べ物って本当に安全ですか?
病気だと思い込んでいませんか?
弱っちいと楽だと思っていませんか?

自分で登った山の頂上で
でっかいおにぎりを頬張ってみるのを
想像してみてください。

それとフラッシュバックと
どっちがお好きですか?

そんなものが浮かんできたら
バッサリと袈裟懸けに叩ききってくださいね。

剣術も修行しないと強くなれませんよ。

日々の鍛錬を怠っては
誰も強くはなれないのですよ。

内緒の呪文を教えましょう。

鏡に向かって本気でやるのすよ。

「いいんだも〜ん。いいんだも〜ん
俺はこれでいいだも〜ん」

「大きな靴の木下君」
(大きな栗の木下でのメロディーで)

本気でやってね。

私は本気で言ってますよ。

今すぐにやってください。

いやなフラッシュバックが来たら
必ずやること。

やってみればわかります。

いかに脳みその呟きは
無視したほうが良いのかってことが。

ではまたです。

絶対にやるのよ。

マツバギクさんが真剣に
やっているところを想像するだけで
私はクスッと笑ってしまいます。

がんばってね。

ではまたです。



絶対に口に出してやるのよ!!
posted by ZULU at 22:03| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私って可愛いいの??

ナデシコ様

メールありがとうございます。

ナデシコのように可愛いのかどうかは
ご自分の判断にお任せします。笑。

皆さんから戴いたメールを見ながら
どんな人なんだろうと命一杯想像して
名前をつけて返事を出しています。

旅先で出会った誰かのように
その人のことをぜんぜん知らないほうが
良かったりすることもあるのですよ。

要らぬ情報を貰うよりも
シンプルにアドバイスしたほうが
より伝わると思っています。

男女を間違えてアドバイスしていて
後で気がついたこともありますが・・・笑。

私がアドバイスしていることは
実はとても基本的なことなので
誰にでも言えることなのだけれど
誰も教えてくれないことなのですよ。

母が私に言う
「あんたは老人になったことがないから分からんのよ」
という決め台詞は介護の渦中では辛い一言でした。

でも今は落ち着いていて
いろいろありがとうねと
労(ねぎら)いの言葉を貰います。

お母様とのことも
時間を持って見つめていけば良いと思いますよ。

とにかく争うではなく
その辺あたりに置いておく。

見なかったことにしては駄目ですよ。

目に入るところに
置いておくです。


ぜひお母様の若いときや今の自分と同じ歳の時のことを
知っている人にこっそり聞いてみてください。

それと通った小学校や中学校
思い出の場所に立ってみてください。

生きているという
生きてきたという
そういう実感がムクムクと
静かに湧いてきますよ。

ぜひ田舎に帰ったときは
この2つのことを忘れずに試してみてください。

そしておばあちゃんやおばさんの若いときの話も
ぜひ聞いてみてくださいね。

親は二人
おじいちゃんおばあちゃんは四人
10代前には1024人のご先祖がいます。

砂時計の一点。
集まって詰まって
一粒の砂が落ちて
そこからまた広がる繋がりを想像してみてください。

ナデシコさんに至るまでの長い沢山の魂
そしてナデシコさんから始まる
長い長い魂の旅路。

血だけではなく人と人の関わりを
想像してみてください。

人は一人ではないけど
人はいつも独りです。

そんな簡単なことも
忘れてしまうのが人なんですね。

だからこそ
マイナスの気持ちは
持ち歩かないようにしていきましょうね。

人が怖いのは私も今でもありますよ。

一時期つまりあの時ですが
私は電車に乗ることがとても怖くて
みんなに見られているように感じて
変なところに汗がタラタラ・・・
人の顔をまともに見れませんでした。

耳栓をして瞑想することを覚えてから
何とか乗り切りました。

耳栓はお勧めですが
人によっては怖いと報告が来ました。

私としては集中できるし
電車の中のヘッドホンの漏れは
とても気に障るので
必ず今でも耳栓はしています。

本を読むときにも
集中できてかなりグーです。

今は慣れてきたので
電車の中以外では殆ど使いませんが・・・・

何でも克服できて
通り過ぎてしまえば
実は何でもないことなんですけどね。

その渦中は刺さった棘のように
気になっても取り除けないんですよね。

すっと後ろ髪を引くように
背筋を伸ばす癖をつけてください。

それだけでも忘れずにやれば
人の怖いのは半減しますよ。

大体において
人は皆
自分のことで忙しくて
人のことなんか気にしてないんですけどね。

あはは。

鏡を見て
笑っちゃいましょう。

ね?

ではまたです。

posted by ZULU at 21:58| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。