2011年06月27日

ほかの人とは違うということ

イパネマ様

ご報告ありがとうございます。

復職2週間おでとうございます。
季節的にも良い時期だと思いますよ。

夏前の今の時期は気分も乗りやすいですよね。

腰痛もやはり時期的に楽です。

気圧が下がる日は慎重に
晴れの日は身体を解していきましょう。

歩くときに頭に糸をつけて・・・

普通に立ったときに
ひざを伸ばしてゆっくりと腰を回してください。

そのときに骨盤が真っ直ぐになるように。
イメージはコーヒーカップです。

持ち手のところに指を入れて持ち上げると
コーヒーカップは斜めになりますよね?
それが普通の人の状態です。

つまり下っ腹が出てしまう。

カップを支えて真っ直ぐにしてみてください。

それが骨盤のイメージです。

バレエダンサーのように
踵をくっつけて指先を開いてみてください。
そして膝をまっすぐに伸ばす。

そうすると自然に骨盤が真っ直ぐに立ちます。
その状態で腰をゆっくりと回す。

解れたら腰の位置(骨盤)を
そのままの位置で足を肩幅に開く。

腰の位置をそのままに
もう一度ゆっくりとまわしてみてください。

左右どちら回りも両方ね。

次にサッカーのシュートのように
蹴り上げて腰をひねる。
大事なのは腰元です。
足先ではないのでご注意。

文章だとちょっと難しいかもしれませんが
その手の本は沢山あるので気にしてみてください。

心が解れて
身体が解れれば
自然と治癒力で正しい方向に行きますよ。

うつ病という言葉を私が使わないのも
人の思い込みの強さを感じるからです。

ですからあの時のことを
私は「渦中」と呼んでいます。

言葉を変えることで
気持ちが変わることがありますよ。

ちなみに「肩こり」という言葉は
日本にしかありません。

つまり肩こりという症状は
言葉によるものなのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A9%E3%81%93%E3%82%8A
ここのwikipediaの中のその他という項目を見てください。
なかなかに面白いことが書いてあります。

肩こりという言葉が生まれるまでは
日本にも肩こりはなかったのです・・・・

うつという
病気にしますか?
症状にしますか?
状況にしますか?

思い込みは刷り込みですよ。
治すではなく変わることができるですよ。

高速道路を降りると
一般道路の車はどうしてものろく感じます。

高速での感覚で一般道を走ると
いろいろなものが遅く感じてしまうのですよ。

いろいろな経験した後
そして学んだ後は
確実に何かが変わっているはずです。

言葉はイメージの源です。

言葉を変える
環境を変える(これはもう変わってます)
周りの人が経験していないことを
経験してしまっているのです。

日常を普通に過ごしている人とは
違う経験を積んだのです。

ということは周りと比べないでくださいね。

時を過ごした分だけ
ほかの人には分かってもらえない
経験をしているということですよ。

比べない自分のペース
それがマイペースです。

それを常に意識してください。

今のまま信じること。

それだけです。

ではまたです。



失敗しても学んだ分だけ
立ち直りも早いのですよ。

「鴨川ホルモー」万城目純
読んでみてください。

面白かったです。

posted by ZULU at 12:17| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

過去の記事もぜひ読み返してみてね

ボタン様

ご連絡ありがとうございます。

>鶴山さんからもらったメールを保存しているので読み返しています。ホッ(笑)。

ありがとうございます。
素直に嬉しいです。

ぐるぐると回っちゃうようなときは
もう一度音声を聞いてみたり
「鶴の一声」をもっとさかのぼって
読んだりしてみてくださいね。

その時にはピンとこなかったものが
ある日なんだそうかと
すっと入ってくることがありますよ。

言葉ってほんの少し言い方が変わるだけで
届いたり届かなかったりします。

だから同じ内容でも
その人に充てて書くことが大事なんだと
いつも思っています。

そうして誰かに書いた言葉は
きっとほかの人にも届くときがくると
信じて書いています。

ぜひ過去の「鶴の一声」も読んでみてください。

ではまたです。



それとツイッターにもリンクしてます。
http://twitter.com/#!/tsuruyamakinya

よろすくね。

posted by ZULU at 16:50| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

梅雨は重いのは当たり前なのよ

マツバギク様

メールありがとうございます。

う〜ん。

決められない病ですね。

梅雨の時期は気圧のせいで
身体が重いんですよ。

だからこそ静かにしているほうが
とても良いですよ。

そこであんまり悩まないこと。

それでもそれが
そういう生活が正しいかどうかが問題です。

静かにしていること。

それを決めるのは自分です。

まずは休むことを決める。
仕事ではなくて
きちんと休む時間を決めるということです。

寝る時間
食事をすること
TVは見ない
歩いてみる

明けない梅雨はありませんよ。

まずはトイレットペーパーを
使ったら三角に折る。

そんなことを忘れないように
決めてみてください。

小さな小さなルールを作って
守ってみてください。

どうしても辛いときには
枕なり毛布を丸めるなりして
抱きしめて寝てみてください。

何かを抱きしめて寝ると
人は安心して寝れますよ。

私はのた打ち回っていたときに
枕を抱きしめて丸まって寝ていました。

起きたらシャワーを浴びて
また寝てました。笑。

気分が少しでも良くなったらお掃除。

今でもトイレを使ったら
三角に折っています。

小さなルールは守りやすいです。
そして忘れない。

自分で決めたルールを
守っていると
少しずつ気分が変わりますよ。

出来るだけ小さなことが望ましいです。

お試しあれ。

ではまたです。



辛いときには
辛いのよね。

明けない夜はない。
止まない雨もない。

待つしかないときも
確かにあるのです。

じっと静かにね。

信じること。

それしかないときもあります。

posted by ZULU at 21:18| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心に重さがあるのか??

ヒヤシンス様

ご報告ありがとうございます。

>本当の自分探しをしてはいけないっていうこと。
>なんとなく、ほっとした言葉のひとつです。

うんうん。 

よかったです。

言葉で伝わる人がいます。
イメージで分かる人がいます。
歩き方を変えることで気づく人がいます。

王様の方法もそのうちの一つですよ。

ゆっくりとでいいのですよ。

いろいろ試してみて
これは良いかもと思ったら
続けてみてください。

う〜ん
と思うものは置いておく。

それとね。

やって直ぐに
あ!と思えるものと
う〜んと感じているのに
後から・・・あれ?
とジワジワというのもあります。

あんまり深く期待せずに
とりあえずな気持ちで試してみてください。

ある日にすべてが繋がるときが来ますよ。

いろいろと試していれば
きっとそんな日が訪れます。

今は梅雨時です。
素直に気圧で身体は重いのですよ。

身体重けりゃ心も重いですよ。

生き物は気圧やら重力やらの中で
生きているのですよ。

今の時期は重いのですよ。

そのことを知っておいてください。

昔「バックトゥーザフューチャー」という映画で
主人公がタイムスリップしてある博士に会います。

そこでのやり取りの中で
「なんだか気が重いなぁ」というと
博士が
「そうか未来では心の重さが科学で証明されているのか!」
そう話すシーンが印象に残っています。

昔は「気(心)が重い」という表現はなかったんですね。

面白いと思いました。

身体の重さは証明できます。
(気圧とか重力とか)
でも心の重さはまだまだ証明されないようです。

あはは。

でも気のせいではなくて
この時期は重いのですよ。

心も身体も。

そういうときには静かに過ごすです。

ではまたです。

posted by ZULU at 20:30| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

夢の中でのこと

「笑顔がみたい」
http://www.egaogamitai.com/

ふぅ。

ちょっと今朝の話を書きます。

ここのところ
いろいろとあってですね。

軽く昼夜逆転して
ところが不思議に眠くないもんだから
読書月間になっていてですね。

そろそろ戻さなくてはと思っていたら
来ましたよ「呟きさん」が・・・

あれ?
なんか寝れない・・・・
まぁいいか・・・

朝方ズドンっとやってきて
起きているんだか
寝ているんだか
とにかく「夢喰い」状態でした。

いやはや久しぶりの「夢喰い」さん。

とにかく劇は本番で
出演者であるのに
初日に来なかった(知らなかったんだもん)俺は無視され
やる気はあるのかと
まずは謝れと・・・

こういう揉め事になると
まずは謝ってしまう私です。

「すみませんでした」・・・・

そんな夢がうつらうつら
起きてはやれやれ
いやな夢を見たと思い。

フレーミングで
袈裟懸けにバッサリ!
切ってもむむむむ!

寝なおしと体制を変えても
同じ夢の中でした。

時間にして午前中3〜4時間。
夜更かし生活のツケですね。笑。

でも笑い事ではありませんでした。

久しぶりに同じ夢を何度も見るという
困ったことになりました。

寝るのも止めようかと
顔も洗ったのですが
身体が機能しません。

やれやれ・・・・
とにかくお前は駄目だの
だらしがないだの・・・

そもそも今回やるなんて
聞いてないもの・・・・

あれ?

ん・・・

てかお前誰だ?

ん・・・

なんで俺が責められる・・・・

「おい!正体明かせ!」

とするとポンっと音がして狸が一匹。

はぁ?
やっぱりこの野郎!

と夢の中のあちこちにいた
劇団員がポン!
ポン!
ポポン!

狸が現れては消えていきます。

本当に不思議な夢でした。

人様に
まどろみを捕まえるとか云っておきながら
すっかりとまどろみに騙された午前中。

やれやれ「物語り」も良いのだけど
身体を気遣わなくては
こういう目にあうのよね。

お昼に風呂に入り
頭をすっきりと剃って
汗を拭き
着替えて布団に入り
呼吸を意識して
瞑想をして
ボールを身体に廻すと。

もう一度
夢に入っていきました。

「狸に騙されたんだって・・・」

「あはは」

まだ夢の続きに入っていけました。


おかしな夢を見たら
それは「夢喰い」の仕業です。

夢の中でもおかしいなと思ったら
きちんと怒りましょうね。

「喝っ!!」

うんうん。

posted by ZULU at 20:04| 神奈川 ☁| 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。