2011年06月17日

梅雨は重いのは当たり前なのよ

マツバギク様

メールありがとうございます。

う〜ん。

決められない病ですね。

梅雨の時期は気圧のせいで
身体が重いんですよ。

だからこそ静かにしているほうが
とても良いですよ。

そこであんまり悩まないこと。

それでもそれが
そういう生活が正しいかどうかが問題です。

静かにしていること。

それを決めるのは自分です。

まずは休むことを決める。
仕事ではなくて
きちんと休む時間を決めるということです。

寝る時間
食事をすること
TVは見ない
歩いてみる

明けない梅雨はありませんよ。

まずはトイレットペーパーを
使ったら三角に折る。

そんなことを忘れないように
決めてみてください。

小さな小さなルールを作って
守ってみてください。

どうしても辛いときには
枕なり毛布を丸めるなりして
抱きしめて寝てみてください。

何かを抱きしめて寝ると
人は安心して寝れますよ。

私はのた打ち回っていたときに
枕を抱きしめて丸まって寝ていました。

起きたらシャワーを浴びて
また寝てました。笑。

気分が少しでも良くなったらお掃除。

今でもトイレを使ったら
三角に折っています。

小さなルールは守りやすいです。
そして忘れない。

自分で決めたルールを
守っていると
少しずつ気分が変わりますよ。

出来るだけ小さなことが望ましいです。

お試しあれ。

ではまたです。



辛いときには
辛いのよね。

明けない夜はない。
止まない雨もない。

待つしかないときも
確かにあるのです。

じっと静かにね。

信じること。

それしかないときもあります。

posted by ZULU at 21:18| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心に重さがあるのか??

ヒヤシンス様

ご報告ありがとうございます。

>本当の自分探しをしてはいけないっていうこと。
>なんとなく、ほっとした言葉のひとつです。

うんうん。 

よかったです。

言葉で伝わる人がいます。
イメージで分かる人がいます。
歩き方を変えることで気づく人がいます。

王様の方法もそのうちの一つですよ。

ゆっくりとでいいのですよ。

いろいろ試してみて
これは良いかもと思ったら
続けてみてください。

う〜ん
と思うものは置いておく。

それとね。

やって直ぐに
あ!と思えるものと
う〜んと感じているのに
後から・・・あれ?
とジワジワというのもあります。

あんまり深く期待せずに
とりあえずな気持ちで試してみてください。

ある日にすべてが繋がるときが来ますよ。

いろいろと試していれば
きっとそんな日が訪れます。

今は梅雨時です。
素直に気圧で身体は重いのですよ。

身体重けりゃ心も重いですよ。

生き物は気圧やら重力やらの中で
生きているのですよ。

今の時期は重いのですよ。

そのことを知っておいてください。

昔「バックトゥーザフューチャー」という映画で
主人公がタイムスリップしてある博士に会います。

そこでのやり取りの中で
「なんだか気が重いなぁ」というと
博士が
「そうか未来では心の重さが科学で証明されているのか!」
そう話すシーンが印象に残っています。

昔は「気(心)が重い」という表現はなかったんですね。

面白いと思いました。

身体の重さは証明できます。
(気圧とか重力とか)
でも心の重さはまだまだ証明されないようです。

あはは。

でも気のせいではなくて
この時期は重いのですよ。

心も身体も。

そういうときには静かに過ごすです。

ではまたです。

posted by ZULU at 20:30| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。