2011年01月30日

泣けばいいんだ・・・と思いますよ

ヒヤシンス様

ご無沙汰ですね。

忘れずにご連絡いただきありがとうございます。

ヒヤシンスの緑の芽が
2センチほど伸びてきましたか。

よしよしです。

うちのも同じくらいですが
根っこがすごいことになってます。
たっぷりグルングルンです。笑。

後はいつでも
暖かいところに出せば
ぐんぐん生えます。

でもまだ季節ではないし
部屋も寒いので
春を待ちます。

準備のときは
準備なんです。

急がない
慌てない
焦らない

もうないないづくしです。笑。

でもね。

上から見ればぐるぐるとしていても
横から見れば少しずつ上に上にですよ。

僕僕先生
面白いでしょ?

でも今は小説を読むのは
疲れるのかもしれませんね。

映画はどうですか?

スラムドッグ$ミリオネア
http://slumdog.gaga.ne.jp/

お勧めですよ。

私は最近、個人的にインプットのときなので
あれこれあれこれ観たり読んだりしています。

妻にささげた1778話・眉村 卓
イリュージョン・村上龍 訳

なかなか良かったです。

私は最近よく泣くんですよ。
映画にしても小説にしても・・・

先日は電車の中で小説を読んでたら
ものすごく感動する件があって
ぽろぽろと・・・・人目を憚らずに・・・

寒くて弱っているのだなぁ
と素直に思いますた。

あはは。

こういうときには
静かにしておくことです。

私にだって弱っちくなるときはありますよ。笑。

問題はブレーキをかけられるかどうかです。

いつもいつも行け行けゴーゴーな人なんて
どこにもいませんよ。

ただリズムを大事にする人は
きちんと休んだり出来る人なんです。

休むとき休む。

みんなは働いていますよ。
でもあなたはみんなではないのです。

無理をせずに
ありがとうと感謝して
準備の時間と考えるべきですよ。

備えよ常に!
パクパクパク!

もうすぐ春が来ます。

お休みもいつかは明けるのです。

雨が止むように
お休みも終わります。

その時に向けて
休むべきであり
サボるときなのですよ。

大体において今
寒いんですから。笑。

そして本当に人は
どこでどう変わるのか
いつも手探りなんですよ。

勝ちに行けたときにだけ
あれこれと語れるものなのですよ。

そして勝ちにいける人とは
常に準備をしている人なんだと思います。

今はとにかく
音楽や絵画や小説や映画に触れる時間ですよ。

テレビは止めて
芸術に添ってみてください。

芸術家は叫ぶのが仕事です。
貴方の代わりに叫んでいるのです。

その声を聞いてみてください。

貴方の変わりに叫んでいるその声に
触れてみてください。

その芸術の声とともに
泣いてみてください。

スッキリとします。

今は笑うときじゃなく
感動して泣きじゃくるときだと思います。

泣いてみてください。

わんわんと。

そしてそれが芸術家の仕事の一つだったりします。

感動を探してみてください。

一人で映画館に行くのも
なかなか乙なものですよ。

ではまたです。


posted by ZULU at 22:07| 神奈川 ☁| カラダカラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。