2011年06月27日

ほかの人とは違うということ

イパネマ様

ご報告ありがとうございます。

復職2週間おでとうございます。
季節的にも良い時期だと思いますよ。

夏前の今の時期は気分も乗りやすいですよね。

腰痛もやはり時期的に楽です。

気圧が下がる日は慎重に
晴れの日は身体を解していきましょう。

歩くときに頭に糸をつけて・・・

普通に立ったときに
ひざを伸ばしてゆっくりと腰を回してください。

そのときに骨盤が真っ直ぐになるように。
イメージはコーヒーカップです。

持ち手のところに指を入れて持ち上げると
コーヒーカップは斜めになりますよね?
それが普通の人の状態です。

つまり下っ腹が出てしまう。

カップを支えて真っ直ぐにしてみてください。

それが骨盤のイメージです。

バレエダンサーのように
踵をくっつけて指先を開いてみてください。
そして膝をまっすぐに伸ばす。

そうすると自然に骨盤が真っ直ぐに立ちます。
その状態で腰をゆっくりと回す。

解れたら腰の位置(骨盤)を
そのままの位置で足を肩幅に開く。

腰の位置をそのままに
もう一度ゆっくりとまわしてみてください。

左右どちら回りも両方ね。

次にサッカーのシュートのように
蹴り上げて腰をひねる。
大事なのは腰元です。
足先ではないのでご注意。

文章だとちょっと難しいかもしれませんが
その手の本は沢山あるので気にしてみてください。

心が解れて
身体が解れれば
自然と治癒力で正しい方向に行きますよ。

うつ病という言葉を私が使わないのも
人の思い込みの強さを感じるからです。

ですからあの時のことを
私は「渦中」と呼んでいます。

言葉を変えることで
気持ちが変わることがありますよ。

ちなみに「肩こり」という言葉は
日本にしかありません。

つまり肩こりという症状は
言葉によるものなのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A9%E3%81%93%E3%82%8A
ここのwikipediaの中のその他という項目を見てください。
なかなかに面白いことが書いてあります。

肩こりという言葉が生まれるまでは
日本にも肩こりはなかったのです・・・・

うつという
病気にしますか?
症状にしますか?
状況にしますか?

思い込みは刷り込みですよ。
治すではなく変わることができるですよ。

高速道路を降りると
一般道路の車はどうしてものろく感じます。

高速での感覚で一般道を走ると
いろいろなものが遅く感じてしまうのですよ。

いろいろな経験した後
そして学んだ後は
確実に何かが変わっているはずです。

言葉はイメージの源です。

言葉を変える
環境を変える(これはもう変わってます)
周りの人が経験していないことを
経験してしまっているのです。

日常を普通に過ごしている人とは
違う経験を積んだのです。

ということは周りと比べないでくださいね。

時を過ごした分だけ
ほかの人には分かってもらえない
経験をしているということですよ。

比べない自分のペース
それがマイペースです。

それを常に意識してください。

今のまま信じること。

それだけです。

ではまたです。



失敗しても学んだ分だけ
立ち直りも早いのですよ。

「鴨川ホルモー」万城目純
読んでみてください。

面白かったです。

posted by ZULU at 12:17| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。