2011年07月31日

日常が大事ということに戻っていくのですよ

ヒヤシンス様

ご報告ありがとうございます。

>こんにちは。
>もう、7月も終わりですね。
>駆け込み寺があると思うと安心して
>また御無沙汰してしまいましたm(_ _)m

焦ってしまうよりも
のんびりでよいのですよ。

「西の魔女が死んだ」
梨木香歩

読んで良かったようで嬉しいです。
映画も面白かったですよ。

おばあちゃんの一言
「シロクマがハワイより
 北極で生きるほうを選んだからといって
 だれがシロクマを責めますか」

これ良いですよね。

確かに本をお勧めするときは
その人なりに面白がってくれそうかなと
お勧めはしています。

つまりヒントになると思って紹介はしています。

でも種明かしをすると
人というのは何かしら本やら物事やらから
意味を見出そうとするものなのですよ。

その視点を広げていけば
貧乏も何かの勉強だし
金持ちになったときの教訓になるし
うつのときだって立派な哲学の授業になるということですね。

本の良いところは
誰かに言ってもらいたい
教えてほしい
元気付けてほしい
叱咤激励してほしい
擬似でも甘い甘い恋愛感情を持ちたい!

そういうことが可能だからです。

勿論すべての人が本で救えるわけではないと思います。

文字が苦手な人も多いけど
本を読むことも
歩くことも
歌うことも
おしゃべりだって
立派な身体の動きなのですよ。

私がお伝えしたいことを
テキストとCDにしたのも
見ることと聞くことは全然違うからなんです。

「大丈夫。
 治るではなくて変われるですよ」
と書き文字を読むここと

「大丈夫ですよ。
 治すじゃなくて変わっていきましょうね」
と耳にすることは全然入り方が違うのです。
(ここでは、わざと書き言葉も変えましたけど・・・)

とすると
早起きや掃除だけでなく
起きている間中
身体を使って生きているということなのですよ。

そして寝ている間に
脳みその整理と骨休めをしています。

生きているということは
身体があるということ。

だからこそ身体を労わること
労わるときには
きちんと労わってあげること
それが大事なんです。

だからこそ普通の日常って
とっても大事だし
とっても面白いものなのですよ。

まずは焦らずに
一つ一つゆっくりとで良いのです。

ではまたです。



お教室の件は
気になさらずに行っても良いと思うし
気になるならばお教室を変えてみてはどうでしょうか。

知らない人ばかりの方が
気分を変えるには良いときもあります。

これも一つに絞らずに
その時の気分でよいと思いますよ。

posted by ZULU at 22:40| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。