2011年12月03日

まずは歩く歩く歩く

(ご本人の承諾を得て掲載しています)
> こんにちは。
> ヒヤシンスです。
>
> 先月はお返事ありがとうございました。
> 鶴さんのメールでいつもいつも助けられています。
>
> 辞めても残っても
> こうして返事をいただけるという言葉に
> 本当に感謝しています。
> ありがとうございます!
>
> メールを打たない日でも
> 心の中で鶴さんに
> メールを書いている自分もいたりして・・
>
> 友人も最初のうちは心配してくれたのですが
> 私の元気のない顔をみたり、
> ちょっと感情的なメールを送ったり(1度だけですが)
> ・・その後、メールのお返事がありません。
>
> あのメールのあの書き方悪かったかな・・
> やっぱり、感情を抑えたメールにすればよかったとか
> ぐるぐる考え始めちゃったので
> 「ストップ!思考!」
> と声に出してぐるぐるを止めました。
>
> 取り越し苦労が多い私だから・・
> 「西の魔女が死んだ」の彼女のように
> 相手から直接何か言われた訳じゃないですからね?
>
> ただ、元気になってからじゃないと
> だめなのかなぁ・・と感じたりして。
> 話をきいてもらいたいけど
> 普通の話もしたいけど。
>
> 今日は胸の中に不安感が沸き起こって辛かったので
> 前向きに気持ちを持って行きました。
> 持って行ったというか、不安に立ち向かったです。
> そしたら、立ち向かった自分に自己満足して
> 不安が消えたように思えました。
>
> でも、立ち向かうのはすごく気を張っているので
> しばらくすると立ち向かうエネルギーがなくなってしまいます。
> 一日のうちで、アップダウンがあります。
>
> 仕事のストレスで
> 難聴が進み、人の話す声がよく聞こえないし
> 頭にも入ってきません。
> 見た目は普通なので
> わかってると思われてしまうみたいで。
> でも、実はいろいろな面で人並みでない私かも。
>
> いつか、プライドを捨てて
> 大きい声で聞き返すとか
> それで、いやな顔をされても自分を表現できたらいいな・・。
>
> この一年、根がはれたとの実感は正直言ってないのですが
> いただくメールや鶴の一声で読んだ事が
> 支えになっていることは感じています。
>
> 芽が出るその時は
> 頭が澄んでいるんでしょうか?
> 変われるときは
> 人に嫌われることも覚悟しないといけないのでしょうか?
> 生きることにきちんと向き合える自分になりたいです。
>
>                       
>                            FROM  ヒ ヤシンス

ヒヤシンス様

掲載承諾ありがとうございます。

先日、ある人から電話があって
2時間の通勤時間が苦にならなくなりました
と報告がありました。

その人もずっと悩んでいて戦ってきた人です。

何度となく電話がかかってきて
メールでねと言うと
「はい」という割りにメールは一度も来なくて
また忘れたころに電話が来る
そんな感じの人でした。

でね。

なんで大丈夫になったんですか?
って聞いたら
なんでなんでしょうかねぇ・・・って。笑。

間違ってなかったんですね?
と聞いたら
間違ってなかったと今は思えますって。

「信じること」
それが一番難しいですよね。

悩んだり怖がったり疑心暗鬼になってしまったり
でもそれは正しい道のりですよ。

先日面白い光景を目にしました。

小学生が目を瞑って手探りで歩いている。
でも楽しそうでワクワクしながら手探りでゆっくりと・・・

私も時々夜の静かなときに目を閉じて歩いてみます。

なれないと危ないので最初は公園とか安全なところでやってくださいね。

学校の授業で目を瞑って歩くというのをよくやります。

で最後にみんなで囲いを作って
俺に向かって走って来い!!

というのを目を瞑って走らせます。

9割以上私のところまで来れませんね。
3mを超えると「怖ぇぇぇ!!!」とか言って止まります。
見ていてそんなの簡単じゃんとか言う
ちょっと悪っぽいやつも必ず「怖ぇc3えxr・・・」とか言って止まります。

先が見えないって怖いんですよ。

そしてどれだけ人は先を信じて歩いているのかってことです。

安全なところで一人で目を瞑って歩いてみてください。

怖いです。
怖いけど信じるしかないんです。

これだけまじめに生きているんですから
信じる先の誰かは必ず見ていますよ。

「一人じゃない」
これはいつも私が唱えていることです。

いろいろな意味で考えてみてくださいね。

それと「祈る」こと。

もうこれは宗教みたいになるので
深くは書きませんけど
最後の最後まで
自分を信じるということを「祈る」

私はドアを開けるときに祈ります。
トイレを出るときにトイレットペーパーは三角に折ります。
で、祈ります。
いただきますもごちそうさまも祈りです。

プライドは捨てないで。
人に嫌われるのは仕方がないのではなくて
暗いから嫌われたと思うだけです。

人は簡単に好きになったり嫌いになったりしませんよ。
そして人は簡単に人を好きになったり嫌いになったりします。

神様だって世界中のみんなに好かれているわけではないのに
たかだかお一人様が好いたの嫌いだのということ自体が
おこがましいのですよ。

だからこそキチンと一歩一歩ですよ。
いきなり走ってもぶつかるだけです。

怪我する人って大体そんな感じです。

恐れを内包してこそ
まっすぐに歩けるってもんですよ。

「間違ってない」
「一人じゃない」
ないない言うならそういう風に使ってみてください。

出来てないんじゃなくて
まだ最中なんですよ。

問題を解いている途中で
答えは出ないということです。

まずはゆっくりと歩いてみてください。
静かに目を閉じて
耳を澄ましてみてください。

一人だけど一人じゃない。

祈ることを忘れないでくださいね。

ではまたです。



アフリカの石って話を知ってますか??

子供が病気になって
ある石を拾ったら
それから元気になって
子供の病気が治ったって。

ある人がその話を聞いて
それを売ってほしいと
上げるほうも
もう俺は必要ないからと。

そうしてアフリカの石を
沢山売って
儲けた人が居たとかいないとか・・

人間万事塞翁が馬
天網恢恢疎にして漏らさず

願うこと
祈ること
信じること

うんうん。




posted by ZULU at 17:02| 神奈川 ☔| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。