2010年11月04日

王様と過ごす時間・・・

パンジー様

ご連絡ありがとうございます。

★『王様と二人きりの食事、醤油が欲しい時どう王様に言えば良いか?』

答えはこれです。

「あの・・・(王様)・・・お醤油・・・」(言うではなく呟く)

王様にお醤油をとってくれと頼める言葉は存在しないのです。
つまりは
王様に気が付いて頂いて、私にお気遣いいただくしかないのです。

尊敬丁寧の中にはお願いはないのです。

この話をはじめて聞いたとき
へーと笑いながら結構衝撃でした。

詔(みことのり)を思いました。

言の葉には魂があるんですね。
言霊です。

言葉は記号です。
それを心として記憶します。

心とは記憶のことです。

だから細胞にも記憶があり
感じる力があるはずなんです。

言葉〜記憶〜感覚〜細胞〜身体

脳みそは身体がなければ
経験することが出来ません。

脳みそは
食べることも
しゃべることも
触ることも
観ることも
出すことも
身体がなければ
何にも出来ないのですよ。

第六感も含めた感じる力
それを記憶する身体。

移植した心臓や目に元の持ち主の記憶が残っている
そういう話もそういうところから来ているのだと思います。

科学的にはまだ説明できていない出来事・・・
大体において科学はまだまだ全部説明が出来ていないのです。

どうして飛行機が飛ぶのか?
うつはどうして起こるのか?
薬はどうして利いているのか?

実は何にも説明できていないのです。

でも実際に飛行機は飛んでいるし
うつは起こるし薬は副作用もある訳です。

説明できないけど
実際にはある物事。

説明も理解も言の葉です

でも感じているのは身体だし
記憶しているのも身体です。

心がどこにあるかを聞かれて
頭を指す人や
心臓を指す人
どこにあるのではないという人
いろいろなのは結局は全てだからです。

言葉から気がつくのか?
身体から気がつくのか?

分かると出来るは違うのですよ。
だから試してみる。

掃除が良いのか
寝ているのが良いのか
会社に行くほうがいいのか
休んだほうが良いのか

全ての答えはその人の中にしかないのです。

それでも時折
会社には行けとか
休んで何もするなとか
アドバイスをします。

何の根拠もありません。

説明不要。

私のただの感です。

言葉に出来ないことは
実は大事なことなのです。

本当に大事なことは
やはり相手に自然に
気がついてもらうしかないのだと思います。

説明のつかないことがある。
言葉に出来ないことがある。

でも。。。

私がこうしてメールしているのは
そんな王様と話をしている時間なのかなと
時折感じたりしています。

そして
数ある王様たちとの時間は
それはそれ
とても素敵な時間なのです。

ではまたです。



> > 鶴 さま
> >
> > こんにちは。「パンジー」です。
> > お返事が遅くなりまして、申し訳ございません。
> >
> > どんな名前を付けて下さるのだろう?と、実はとても楽しみにしていました。
> > 「パンジー」素敵な響き=@
> > 「パンジー」そんな季節になりましたねぇ〜。
> > ありがとうございます。とてもいい名前です。大切にいたします♪
> > そして!パンジーのように、綺麗な花を咲かせたい。これからが楽しみです。
> >
> > 韓国での国立劇場ご出演・・凄いです!
> > 「ノーギャラで友情出演≠セった」と、サラッと仰る鶴さんは更に凄いです!
> > ブログも楽しく拝見させて頂きました。韓国パワーを感じますネ☆
> >
> > ★『悩むのと考えるのは何が違うのか?』
> >
> > 悩みに答えはない。=無駄な時間
> > 考えとは答えを出すことである。=行動する事
> >
> > >悩んでいる時間は
> > >何かを解決する時間ではなくて
> > >その感情に浸る時間なのです。
> >
> > なるほど〜そうなんだぁ〜、と思いました。
> > 前進しない訳です、浸っているだけですものね!
> > 納得です。
> >
> > 悩んでいる→止める→考える→答えを出してみる「考えた答えは私のもの」
> >
> > 出した答えが正しいか、間違っていないそれは関係ないのでしょうね?
> > 正・誤 を考えて答えを出そうとすると今度は迷う≠ノなるのでしょう?
> > (思い当たる事が多々あります)
> >
> > だからこそ、「考えた答えはすべて、私のもの」そう思えることが大事な事。
> > そして、その出した答え、若しくは、自分を信じるために「自分で決める」
> > が大切な事だと解釈しましたが!?
> > (小さなことから、気づいたことから決めて行く、例えば水を飲む?も)
> >
> > 楽しく選ぶために、まだまだ、たくさんの学びが必要なようです。
> >
> > 小さな決断をする為に、少し早いですが大掃除を始めようと「決めました」
> > 予定は来週からです。私に必要な物を残し、不要な物を手放します。
> > 過去の執着もきっぱり捨てようと「決めました」スッキリしたいです(笑)
> >
> > ★「言葉が重い」と「言葉が深い」の違いについて?
> >
> > 言葉から連想させる感覚がそれぞれ違うのですね〜、これも過去の経験とか?
> > 記憶からくるものなのでしょうか?
> > 言の葉の奥深さをだんだんと感じてきています。言葉って凄いですね。
> >
> > ★『王様と二人きりの食事、醤油が欲しい時どう王様に言えば良いか?』
> >
> > 随分と考えてみましたが〜? 
> > 「王様、醤油はお下げしても宜しいでしょうか?」とお聴きして取に行く??
> > その位の答えしか思いつきませんでした。
> > 答えはどの様な言葉(日本語)なのでしょう?ご回答を宜しくお願い致します。
> >
> > 追伸
> > ありがとう・・を言うと本当に力になりますね!
> > 心が温かくなります。
> >
> > ありがとうと言わせてくれた、その人にまた、
> > ありがとうと言いたくなります。
> >
> > 恥ずかしがらずに、たくさんのありがとうを
> > これからも 伝えて行きたいと思います☆
> >
> > 鶴さん いつもありがとうございます。
> > また、メールさせて頂きます。
> >
> >  by パンジー
posted by ZULU at 21:02| 神奈川 ☀| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

じっと待つとき・・・

(ご承諾を得て掲載しています)

おむすびころりん改めみーさんより

鶴さん、はじめまして。
> >
> >
> > 私は、うつ病歴8年目になります。
> > 色々な薬を試してみても、初めは効果があっても
> > すぐに効かなくなってしまって、心療内科の先生の泣かせの患者です(笑)
> >
> >
> > 最近の症状は、憂鬱・不安・自己嫌悪、
> > ヤル気が出ない(何もかもがイヤになる)と
> > 全身がだるいです。
> >
> >
> > 鶴さんを初めて見かけたのは、テレビでした。
> > 話し方が、とても真剣で優しい感じを受けて覚えていました。
> >
> >
> > メンタルトリニティーを発見したのは、母でした。
> > (常に私のコトを考えて愛してくれる世界で一番ステキな人です)
> > うつ病についてのHPやテレビ番組、書籍などをいつもチェックしてくれてます。
> >
> >
> > でも、何しろヤル気がでない私は「いつもの通り興味が湧かないだろう」と思っていたら
> > 「いつかのテレビに出演されていた方だ!!」と思い出して説明を読みました。
> > そして購入しました。
> >
> >
> > でも・・・
> > ヤル気がでない&全身のだるさで実行できません。
> > 今は夜眠る時にCDを聴きながら寝てるだけです。
> > 鶴さんの声は、落ち着いていて素朴な感じでココロが落ち着きます。
> >
> >
> > 私のようなケースの場合は、まず、どんなコトを実践したらよいのでしょうか?
> > 出来ましたら教えて下さい。
> > よろしくお願いします。

球根買って下さいね。
下記(数日前)の返事のメールです。

何もしないことを焦らない。
できない時には何もしないで
じっと待つことを学んでみる。

本当に何もしないなんてことはないのですよ。
心の中で一生懸命戦っているでしょ?

だから焦らないことを学ぶときなんです。

一人じゃない。
そう思える何かを掴むときなのです。

花が咲くまでには時間がかかりますよね?

じっと芽が出るまでの
待ち時間なのです。

そのことを感じてみてください。

ではまたです。

posted by ZULU at 08:42| 神奈川 ☀| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

いったい誰が何を決めたんだろう・・・

パンジー様
(そんな季節になりました。お名前は勝手に付けさせてもらっています。お好きな名前があれば教えてください)

掲載のご承諾ありがとうございます。

韓国は楽しい時間でした。

人として楽しい
でも芸術家として貧乏なのは如何なものか?
あはは。

国立劇場に出演ですが
ノーギャラです。

友人の勝負時なので
お手伝いで参加してきました。
そのついでにアバンギャルド系な友人たちと
楽しいイベントを企画したりしてきました。

そんなこと出来るほどには
金銭的な余裕はないんですけどね・・・笑。

今回韓国で楽しいアドバイスをもらいました。

ね?
悩むと解決するの?

友人が言っているのを聞いて
なるほどと思ったのですが
悩んでいる時間は無駄なんですよね。

考えて行動する。

その時間こそが大事なわけです。

でも悩みますよね?

では悩むのと考えるのは何が違うのかを
考えてみませんか?

先に言いますね。

悩みに答えはない。
考えとは答えを出すことである。

人によっていろいろとあると思いますが
私はそう感じています。

悩んでいる時間は
何かを解決する時間ではなくて
その感情に浸る時間なのです。

だから悩んでいると自覚したら
まず止めます。

そして考える。

つまり一つの答えを出してみるということです。

休むでもよし
もう少しがんばるでもよし
「考えた答えは私のもの」
そう思えることが大事なのだと思います。

さて信じるために何が必要なのか?

自分で決めて良いんですよ。

全部を自分で決めて良いんです。

「決めること」

それを楽しく選ぶには
やはり学ぶことなのだと思います。

「言葉が重い」と「言葉が深い」の違いは
こんな感じで如何でしょうか?

うる覚えですが
バック トゥ ザ フューチャーという映画に
こんなシーンがあります。

過去に戻った主人公が
タイムマシーンを作った博士に言います。

それは気分が重いよ。

え?未来は心に重さがあることが証明されたのか?

そうじゃなくて重い気分なんだ

だから心に重さがあるんだろ?
それはどのぐらいの重さなんだ?

ヘヴィーとディープというほうが
感覚的には分かりやすいのかもしれない。

言の葉の入り口も
まだまだあるということです。

王様と二人きりで食事をして
醤油が向こう側にあります。

その時に醤油が欲しいときに
どう王様に言えばいいか分かりますか?

日本語って面白い。

答えは次回に。


ありがとうは言ってみると
力になるでしょ?

でも恥ずかしい。

なんでなんでしょ?

良いことすると恥ずかしい。

誰が教えたんでしょうか?

ではまたです。




> 鶴山様  
>
> こんにちは。
>
>
> 先頃は、遠く韓国から、メールを頂きまして、
> ありがとうございました。
>
> 「メンタルトリニティー」昨日冊子を読み終えました。
> CDの方は、もう何回となく繰り返し聴かせて頂いています。
> 何度お聴きしても、いつも新鮮に耳に響きます。
> お聴きしていると、とても心が落ち着きます。
>
> 「メンタルトリニティー」に出会えて今とても感謝している事、
> 心からの「ありがとう」の気持ちをお伝えしたいです。
> そして、この出会いを見過ごさなかった自分自身も・・・少し
> 褒めてあげたいと思います。
>
> まだ手にしてはいないけれど、求めていたものがそこにはある
> 見えないけれど、確かにある!今はっきりとそう感じる事が出来ます。
> とても励みになります☆ ありがとうございます。
>
> 原因探しをしなくて良いのは、本当にありがたい事です。
> まったく必要のない事℃р熏。はそう思えます。
> もう、人を恨んだり、自分を責めたりしなくて良いと思うと、
> とても気が楽になりました。
> 原因を追究したところで、何も得るものは無く、むしろ
> 大切なものを無くしてしまうのではないのか?と思っていました。
> (今まで受講していたメンタルワークを辞めました)
>
> 痛いのは心ではなく、身体の方だという事℃vいあたる事がたくさん
> 有ります。15歳の頃からの腰痛(ヘルニア)その他、数々の身体からの
> SOS!知らないから気が付かない。気が付かないまま随分無理をしました。
> ふっと!! 髪の毛も身体なのだろうなぁ〜と思いました(笑)
>
> 鶴さん(すみませんそう呼ばせて頂いてもよろしいですか?)に出会う
> 少し前に、暫らく調子の良かった腰痛が再発し、全く動けなくなりました。
> 1週間寝るしかない状態で色々と考えたあげく、偶然起こった出会いでした。
> これも間(タイミング)だったのでしょうか?
>
> 「始めたら 始まり」 
> また、人生が少しずつ動き出す感じが嬉しいです!
> 『自分を変える為に』未来に希望をつなげる為に
> 教えて頂いた事をひとずつ実践して行きたいと思います。
>
> どうぞよろしくお願い致します。
>
> ※お尋ねしたい事が有ります。
>
> *長く休みすぎた、早く仕事に復帰しないといけないと焦ります。
> *その反面、まだ身体に自信はなく、実際体調不良になったりします。
> *仕事に就くのを先伸ばしにしていると自分が怠惰な人間に思えてきます。
> *夫の優しさに甘えていては申し訳ないと、又自分を責めては焦ります。
> *何もしていないのに身体は疲れてしまいます。甘えるなと思います。
> *何故、一歩が踏み出せないのか?いつになったらと不安になります。
> *「働かざるもの 食うべからず」の教えがつきまといます。
>   (実家の両親には仕事を辞めたと伝えていません)
>
> これは、身体が休めと言っている?と思ってよいのでしょうか?
> 自分が怠慢しているだけなのでは? 働けるのにしていないのでは?
> などの思いが時々出てきて、自分が解らなくなる事があります。
>
> よし、と気持ちを振るい立たせても
> *前職に就くか? 違う職に就くか?で迷い決断力が無くなっています。
> *前職に就こうと考えると、又、大変になるよとか、身体は大丈夫とか
>  の声が聞こえてきて恐怖心で躊躇してしまいます。
> *では、違う職に就こうと思い直すと、初めては大変とか、簡単な仕事は収入に
>  ならないとか、余計な声が聞こえます。
> 全く、どうしてよいのやら・・これは脳みその呟きでしょうか? 身体の休め?
> 焦りと不安、そんな気持ちになると、たくさんの汗が吹き出てきて、少し震えます。
>
> 本当は!!心身共に健康な状態になって、もう元気だよ!と自分自身納得のいく
> 状態になってから、仕事にも復帰したいと願っているのだと思います。
> (そう決めているのだと思います)
>
> なのに、焦るのです!いつになったら動くのと焦るのです!
> 誰も私を責めてはいないのに、むだに時間がすぎているようで辛いのです。
> 「起こる事はすべて私に必要な事、人生に無駄は無い」 
> 「止まない雨はない 明けない夜はない」ですよね! 信じたいと思います☆
>
> −100×−1=+100の法則 私も大逆転の(−1)が欲しいな、と思います。
>
> 始めてのメールで長々とまとまらない文章で申しわけありません。
> 読んで下さってありがとうございます
>
> 今後ともよろしくお願い致します
> またメールさせて頂きます☆
>
> PS
> テレビを観るのを辞めてみました。
> 夫も協力してくれて助かります。
> とても・・静かで自然の音が聞こえます。
> これからは、良い情報や綺麗なものを
> 観て、五感を楽しませてあげたいと
> 思いました。
>
> ありがとうございました。
posted by ZULU at 18:12| 神奈川 ☁| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

不思議とね・・・ちょっと今回長いです。

(ご本人の承諾を得て掲載しています)

>> > > 今回、妻が自分のうつ状態をどうにかと思い購入してくれました。
>> > > 聞くだけでいいからと言われ聞いてみたら、今の自分の状態ずばりで何だかわかりま
>> > > せんが、少し元気になりメールしています。
>> > > 自分は、今年40歳で妻と子供2人を持つ会社員です。
>> > > 18歳からずっと同じ会社で働きそれなりのポジションにもつき2年前に自分の家を
>> > > 持つことができました。
>> > > 子供が好きで休みの日は子供と思いっきり遊び、家族サービスを趣味とし今まで来た
>> > > のですが・・・
>> > > 今年7月に昇格し本社に初の転勤になりました。
>> > > 通勤は、少し遠くなりましたが収入も増え家族共々喜んでいたのですが・・・
>> > > 派閥等人間関係が難しく、数字を上げるためサービス残業等従業員への圧力がものす
>> > > ごく、カルチャーショックをうけました。
>> > > 立場も上がり会社組織として、すべてを否定できませんがあまりにもひどく心苦しい
>> > > ものがあり、どうにかしたいと勢いあったのですが、だんだん自分が浮いていき苦し
>> > > くなり、人と話すこと、笑うこと、外に出ることが無くなっていきました。
>> > > 朝起きると吐き気がし、車通勤では息苦しく頭の中がぐちゃぐちゃになり運転の記憶
>> > > が無くなる時があり事故になりそうになったことも何回かあります。
>> > > 妻も様子が変な事に気付き休暇をもらう事にしました。
>> > > 自分の中では、もう仕事辞めようと思っていましたが妻と話しをし、もう一度頑張っ
>> > > てみようと思い会社に行こうとするとまったく寝むれなくなり吐いて、吐いて息苦し
>> > > くなり体が動かなくなってしまいます。
>> > > どうしていいかわからなくなり、病院にかかりました。
>> > > うつ病と診断され今、会社のほうは一か月休みをもらっている状態です。
>> > > 妻が薬を使うのが反対で、どうにかと思い鶴山さんをみつけたようです。
>> > > 普段からメールなんか打たない自分がメール打ってみようと思い実際に打っているこ
>> > > とは凄いなと思います。
>> > > 薬を飲んでもなにもかわらなかったのに、鶴山さんに出会えて良かったと思います。
>> > > 妻には、本当に感謝しています。
>> > > 今は、まだ外に出たり人に会ったりが辛く感じますが、家では笑ったりがずいぶん出
>> > > 来るようになりました。
>> > > ただ、仕事行かないで毎日家にいて家族に対し、急に自信を無くしたりか、といって
>> > > 仕事復帰を考えると落ち込みがひどく苦しくなります。
>> > > 仕事を休んでいることが恥ずかしいと思う気持ちがあり、後ろめたさから外に出たく
>> > > ない、人に会いたくない、それなら仕事をきっぱり辞め自分を戻すことに専念したほ
>> > > うがとか、どうしても考え込んでしまいます。
>> > > 妻のため、子供たちのため、なにより自分のために本当の笑顔をもどしたいです。
>> > > 忙しい人に長々書き込み申し訳ありません。
>> > > 鶴山さんの音声ファイル何回も聞いてみます。
>> > > テキストも読んでみます。
>> > > また、落ち込んだ時にはメールするかもしれません。
>> > > そのときは、忙しいと思いますがお付き合いお願いします。
> >

from 鶴

ご連絡ありがとうございます。

読みました。

ご家族がいるならば
そしてあなたを必要としているならば
乗り切れます。

会社は誰でもいいんですよ。

でも家族はあなただけです。

そのことが分かれば
会社にも大事な人が出てくるはずです。

一生付き合うのは家族です。
そこに問題がないならば
会社の付き合い方は少しずつ
変えればいいのではないでしょうか?

○と×以外の答えを探すためにも
今は家族との時間を大事にしてください。

そして何よりも全部取りです。

会社も家族も全部取り。

時間があれば
「鶴の一声」読んでください。

急いだほうが良いと思ったので
勢いのメールです。

改めてご返事いたします。

この連休中に
今週に
一度気持ちを片付けましょう。

家族がいてくれるならば
大丈夫です。

ではまたです。





アプリコット様
(やり取りの時には勝手に名前をつけさせてもらっています。ご希望があれば教
えてください)

あれから如何ですか?

日本人は休むということが
下手なんです。

そういう風潮があるんですよね。

実際に離れてみると分かりますけど
集団というのは結局動いていくのですよ。

そしてその事実は結構辛い。笑。

私も何度か経験がありますが
集団から離れるときというのは
ものすごい孤独感を抱えます。

私の場合は昔に3ヶ月間
朝から飲んだくれて
一日中テレビのリモコンを
カチャカチャとしておりました。

これではいかんと海外に行くことを決めて
先輩を訪ねてイタリアに行きました。

夜中に小さな港町に着き
トランクを抱えて小さな路地を歩いて
海岸の先のアパートまで行きました。

時差ぼけで早起きして
海へ歩いていきました。

誰もいない海でひとしきり泳いで
海岸ででボーっとしていると
地元の女の子がいきなり
バッっと裸になって
泳ぎ始めました。

なんだか映画のワンシーンのようでした。

さっと泳いで着替えて
戻っていきました。

まるで私はそこにいなかったかのように。。。

あまりにも見事な無視っぷりに
逆に大笑いしてしまいました。

なんだよ・・・

そしてなんだか不思議に
吹っ切れたのです。

修行して学んだことは沢山ある
ここからもう一度歩いていけばいいんだと。

そっか俺は今
イタリアにいるんだ。

ものすごく力強く
ここに居るんだと思えました。

地球の上で俺は一人でここに居るんだと。

もう一度一人から始めるんだと。

そしてアパートに戻り
窓を開けました。

うわ〜テレビで見たことあるよ〜

皆が大笑いしました。

初めてのイタリアのコメントがそれかよ・・・・笑。

抜け出るときは自分で分かります。

必ずそのときが来ることを
信じて学んでくださいね。

ではまたです。



よろしかったら戴いたメールを
掲載してもよろしいでしょうか?

鶴の一声を読んで
元気になる方もいらっしゃいます。

一人じゃないというのは
小さく確かな力になるものなのです。

よろしくお願いいたします。



> > ご返事ありがとうございます。
> > ずいぶん元気になりました。
> > 家では笑顔が戻り、明るい家族に戻っています。
> > 外にも少しずつですが出るようになりました。
> > まだ人に会うといっぱい、いっぱいになるときがありますが
> > そのときは休憩を取るようにしています。
> > すっかり戻ってはいませんが、もう大丈夫な気がします。
> > 仕事のことはまだ深く考えていませんが今の会社は辞めようと思っています。
> > 自分の人生、今の時間をありがたく思いあせらず考えてみようと思います。
> > 必ず何か見えてくるはずと、以前より前向きで素直になったような気がします。
> > 確かにひどい時は地獄のような毎日でしたが、今となれば自分の成長のための
> > 試練だったのかなと思います。
> > 子供のころから誰かに頼ることが下手で、今回いろんな人に救われ
> > 初めていろんな人に甘えたような気がします。
> > 甘えることも大切ということを学び、今までたいしたことではと思っていた
> > うつ状態を経験し本当の辛さを知り、これからいろんな人に会っていく中で
> > この経験は大きいのではとおもっています。
> > 家族には本当に感謝しています。
> > 鶴山さんに出会えて良かったです。
> >
> >
> > ◎自分のことで良かったら載せてもらってもかまいません。
> >
> > あと、3ヶ月飲んだくれて思い立ってイタリアってすごい話ですね!
> > サラリーマンだと生活するだけで精一杯なのにイタリアなんて・・・
> > どうしてもお金のこと考えてしまいます。
> >
> >
> > またメールします。

アプリコット様

掲載のご承諾ありがとうございます。

イタリアに行く前は本当に
ひどい時期でした。

昨日まで番頭として
30人を束ねていました。

ですが辞めてからは
誰も連絡も相談もありませんでした。

かなりショックでした。
(まぁ自分から辞めたのでなんともいえないのですが
修行を終えて独り立ちしてみようと思ったわけです)

随分と後になってから(10年後です)
みんな当時は随分と困ってたことを聞きました。

私なりに焦って判断したのかと思います。

そのおかげでその時は何も手に付かなくなりました。
(準備らしい準備は何もしていませんでしたから)

イタリア行きを決めたときにも
金はまったくなく
情けないと思いながらも
見かねた家族が助けてくれました。

でもそのおかげでヨーロッパに滞在でき
運よく仕事にもありつけ
ビザも無事降りて
日本人で最初の旧東ドイツの
オペラハウスの出演者となりました。

一年半ベルリン中心にとても良い経験を過ごして
帰国し日本での活動を再開しました。

しかしその後も2度ほど
かなりひどい渦中はありました。

そのときはどうしようもなくなってしまうのでした。

ところが前厄の年に父が倒れます。

言語障害
右半身不随
嚥下問題
感情失禁
母のパニック

余命半年と言われ
それならばと実家に戻りました。

そして改めて脳とは何なのか
身体とは何なのか
生きるとは何なのかを
考えながら調べ始めました。

24時間介護なので働けません。
いえむしろ24時間付き添いました。

母と一緒に・・・

踊りや役者もしていましたので
身体のことや言葉のことは
知っていると思っていました。

ですがぜんぜん知らなかったんですね。

笑。

身体のこと
言葉のこと
想像のこと

自分に名前があるということ。

これなあに?

そこから始まる脳みそのこと。

痛いこと
かゆいこと
うれしいこと
悲しいこと
喜怒哀楽・・・

父はそれから4年生きて
3月に他界しました。

4年も生きたという思いと
4年と分かっていたなら
もう少し何か出来たのかという思いが
まだまだ整理尽きません。

それでもこうして
誰かとやり取りを出来ていることに
感謝しています。

自分自身が経験したことがなければ
そして知ろうと思わなければ
こうして誰かにメールで
ご返事することもなかったのかと思います。

メールで何が出来るのかという人もいますが
わたしはむしろ知らない間のほうが
話しやすいこともあるのかなと
思ったりしています。

旅好きの特権です。笑。

なんでだろう。

不思議と自分のことばかり
アプリコットさんには話しますね。笑笑。

ではまたです。




以上ここまで
を掲載しても良いですか?

ご確認いただき次第掲載します。

よろしくお願いいたします。



でも本当に不思議です。

こんな風に普段は書いたりしないんですが・・・

あはは。

ヨロスクです。





ご返事ありがとうございます。
ぜひ載せて下さい。

40歳という節目、いろんな事がありますよね!
これからも・・・

多くの人に読んでもらいたいです。
それで少しでもと思っています。

よろしくお願いします。

アプリコット








posted by ZULU at 13:16| 神奈川 ☁| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

鸚鵡返しの術のご返事

(ご本人の承諾を得て掲載しています)

鶴山様

> こんばんは。たゆたうです。
> さっそくのお返事ありがとうございました。
> こんなに早くお返事いただけるなんて本当に嬉しいです。
> やはり私のメールがこれまでで最長だったのですね(笑)。申し訳ありません。
> でも「量が多い分には何も困りません。」と言ってくださったので少し安心しま
> した。
>
> それと、「たゆたう」という素敵な名前を付けてくださってありがとうございま
> す。
> お返事の件名も雰囲気があって、さすが鶴さん(と、お呼びしてもよろしいです
> か?)アーティストだなぁと感心してしまいました。
> blogの方にもさっそく今回のお返事がUPしてあって、これは私へのお返事なんだ
> と思うと嬉しいやら恥ずかしいやら…。
>
> ところで「鸚鵡返しの術」。
> 一件簡単そうで実践してみると意外と難しそうですね。
>
> あっ、ちなみに私は会話は苦手ではありません(笑)。
> どちらかといえばしゃべる方かも(笑)。おしゃべりではありませんが。
> 人見知りもめったにしないし、初対面の相手とでもわりと気軽に話せる方です。
> 音楽が好きで今でも一人でライブを観に行ったりすることもあるので
> すが、会場で偶然隣り合わせたファンの方にこちらから普通に話しかけてお友達
> になったりすることもよくあります。
> 自分で言うのも何ですが、友人達も「たゆたうさんとおしゃべりするのはとても
> 楽しい」と、よく言ってくれます。
>
> なのに義母とはうまく話せないことが多いです…。
> 表面的には一見普通に話せているのですが、主人や友人達に対する話し方とはず
> いぶん違います。
> 義母に対して妙に気遣って優しく話したり、かと思えば冷たく言い放ったり。
> いつもの自分をうまく出せません。
> 他人となら私も内心苦手な相手にも物怖じせず普通に会話できるのですが、なぜ
> か義母には自分らしく話すことができないのです。
>
> でも、次に義母と会話するときは頑張って鸚鵡返しの術を実践してみようと思い
> ます。
>
> 今回のお返事で鶴さんに直接「出口は必ずあります。」と言っていただけて、少
> し希望が持てました。
> いろいろぐちゃぐちゃ考える前にまずは「笑顔がみたい」を何回も聴いたり読ん
> だりしてみることが大事ですよね。やってみます。
>
> また後日経過報告させていただくかもしれません。長文の(笑)。
> まだまだ不安や恐怖でいっぱいな私ですが、鶴さんからお返事をいただけただけ
> でも心が安らぎました。
> お忙しい中、私のために時間を割いてくださり本当にありがとうございました。
>
> たゆたうより

たゆたう様

掲載のご了承ありがとうございます。

鸚鵡返しは実際に介護の現場などで
話題になっているやり方の一つです。

でも
だけど
しかし

この手の言葉で話をつむぐ人が
最近とても多いです。

私個人としても気をつけるようにしていますが
ものすごく難しいですね。

なるほどですね。

これは九州弁なんですが
とても便利で最近多用しています。笑。

水商売の人でもうまい人は
鸚鵡返しをさりげなく使っています。

人という生き物は
聞いてもらいたがりなんです。

つまりは言いたがり
特に女性はそうですよね?
年功序列はいたし方のないことですよ。

そしていつかは自分にも番が回ってきます。

うちの親は祖父母を面倒見ることなく
老人になりました。

だからその事実を受け入れるまでに
随分と時間がかかりました。

最近は介護退社という言葉まであるそうです。

この先のことを鑑みても
会話ということを勉強するのに
良い機会だとお思います

出来るだけ綺麗な言葉を
普段から使うように心がけてください。

ちなみに私は英語が人よりは少し話せます。
でも良い言葉しか知らないので
英語を話すととても良い関係が築けます。

知らないというのは
こういうときには良いものなのです。笑。

言葉の力
脳みそは日本語で構築されている。
日本人は日本語で考えて記憶しているのです。

それが日本的な思考だということです。

言葉から行くのか
身体から行くのか
想像力から行くのか

入り口も出口も沢山ありますよ。

慌てずに一つ一つ紐解いていきましょう。

出口は必ずあります。

そしてそれは信じて
探し続けるしかないのです。

ぽえっとのきおくも読んでみてくださいね。
http://ameblo.jp/jetpoet/

疲れた人に必要なのは
芸術ですよ。

詩でも映画でも小説でも絵画でも
気になる芸術に触れてみてください。

ではまたです。

posted by ZULU at 20:55| 神奈川 ☔| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。