2010年09月10日

だ〜れも知らない知られちゃいけ〜ない〜

※ご本人の承諾を得て掲載しています。

はじめまして。

ネットで偶然「メンタルトリニティー」の宣伝箇所をクリックしたとこ ろ
なんとなく「これかも?」と思ってオーダーしました。
今週の火曜日(9/7)にCDとテキストが届きました。


私はオバチャンの独身女です。物心ついたときから(?!)マイナス思考 で
両親をも含めて他人を異常に意識するというか他人が怖い−いつも話相手 の
言動の裏を探るようなタイプでした。

男性に関しても「日本人の男は絶対に心の底では女なんか低く見てるに違いない」
と決め付けていて、本来なら一番楽しい時期である10,20代でさえ異性と楽しく
過ごしたことなどありませんでした。
勿論、日本社会に対しても否定的で何でこんな国に生まれたんだろうと
考えたことは数え切れません。

ちょうど約10年くらい前に両親の相次ぐ入院、介護、死去など人生の大 きな
節目を経験しました。そのころからさらに人間関係や将来の漠然とした不 安、
社会や周りの人に対する不満、自分自身へのイライラ感等から自分自身を 見失い、
買い物依存症になったり・・・妙な行動を重ねました。
(他人に迷惑はかけていませんが・・・)それゆえますます不安になる→ お金で
何かを買う(講座を受ける)→続かない→ますます不安と自己嫌悪→不 安・・・
の繰り返しでした。

2,3年前には、アルバイト先でパワハラに2回も(2社で)会ってし まったことから
仕事をやめて引きこもり、精神世界やスピリチュアル関係の本をいったい何冊読んだか
わかりません。200冊以上読んだと思います。10数万円するセミナー とかあやうく
新興宗教に入信しそうになったこともありました・・・。

その後もいろいろやってみましたがどうしてもわたしのマイナス思考と過 去の
いやな思い出からの脱出はできませんでした。

ところが・・・・です、鶴山さんのCDを聞いていて(聞き流していて)
届いた翌日だったと思います・・・
突然、なんでもないときに、今までまったく思い浮かばなかった感情がわ いてきました。
「あれ?わたしってこれでもか!っていうくらいマイナス思考なのにそれ でも
人生の大きな節目では目に見えない何か大きな絶対的な力に守られて難事 もスムーズに
解決したよなー。これってすごいことじゃない?」と心の底から思えたのです。

なのにわたしは部屋の隅のほこりや塵程度のことに腹を立てたり、そんな どうでもいい
ごみみたいなものに振り回されたりイラついたりしてたんだ。
なーんだ、わたしの悩みなんて最初から無かったんだ。本当に何とか自分 を
守ろうとしてこの悩みに自分はしがみついていたんだ。−ということが実 感として
わかりました。鶴様の声はすごいパワーです。

正直、たった1万円くらいのもので(失礼!)わたしの長年の悩みが解決 するわけない、
ダメもとで・・・なーんて本当に失礼ですが、それでもなぜかピンと来る 感じがしたので
即オーダーしたのでした。大正解。悩んでいる人はそれぞれ事情が違いま すから他人様の
ことは言えませんがわたしにとっては本当に「あたり!」という感じでし た。

なにせ、もう何十年もマイナス思考、引き算思考で生きてきた人間ですか らたまには
落ち込むこともあるとは思いますが、とにかく2日前から、これまでなら 考えが及ばなかった
新しい思考回路=感謝&前向き思考に変わりつつあります。そうしようと 意識するのでは
なく自然とそう思えるようになってきました。

このようなきっかけを与えてくださいまして本当にありがとうございま す。
つい4,5日前まではわたしはもう「ワクワクしたりウキウキするような ことは先の人生で
無いかもしれない」とさえ思っていましたが、今はこの先の自分がとても 楽しみです。
なぜなら、わたしは「絶対に大きな力に守られている」と心から実感できたからです。

あとは自分のカラダさんをもっと大切にしていこうと思います。
だらだら長い文章ですみません。とにかくお礼がいいたかったです。
また変化があればご連絡させていただきたいとおもいます。

鶴山さまをライブでも是非拝見してみたい!です。

とりあえずお礼まで


コスモス様

ご返事と掲載の承諾ありがとうございます。

メキシコですか・・・

私も大好きです。

2度公演とワークショップで訪れました。

テレビにも出たんですよ。
ただのお上りさんですね。笑。

誰でも評価してくれる人がいる
というのは嬉しいことです。

ありがとうございます。

きっと素晴らしい旅になりますよ。

是非試してみてほしいことがあります。

どこか公園か原っぱで
両手をお挙げて踊ってみてください。

私のことをだ〜れも知らない
私だけが私を知っている。

そう呟いてみてください。

その後のご飯が美味しいんですよ。

旅はだから良いんです。

是非
お試しあれ。

ではまたです





これで載せてよいですか?

メキシコいいなぁ。

むふふ。
posted by ZULU at 19:56| 神奈川 ☀| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

笑う門にはわはは。

※ご本人の承諾を得て掲載しています。

> こんにちは、風船唐綿です。
>
> 返事ありがとうございまし た。
>
>
> あれから、彼と会うかどうか 自分で決めました。
>
> そして行動しました。
>
> そうしたら、なんだかすっきりしています。
>
>
>
> 最近、意識して日常生活を送っていたら
>
> あれっ、と気づくことことが少しずつあります。
>
>
>
> 自分の身体や心(脳のつぶや き)にちゃんと向き合うと
>
> どうも調子が悪い時は悪いイメージばっかりしていました。
>
> あ、ほんとだ〜って率直に思いました
>
>
>
> また、
>
> 自分が勝手に思い込んで勝手に傷ついたり
>
> 相手の気持ちを勝手に解釈しているということを知りました。
>
>
>
> その時、そうだったのか〜という思いと
>
> よく今まで頑張ってきたね〜という気持ちがでてきました。
>
> それから脳のつぶやきが否定的なことをいうと
>
> そんなに怖がらなくてもいいよ〜、大丈夫。というようにしています
>
>
>
> また少しずつですが、自分で決めるということを意識して過ごしています
>
> 自分で決めたり、知るということに出会うたびに、
>
> 心も身体も軽くなるようです。
>
>
>
>
>
> 私もいいこと日記はじめました。
>
> ついでに自分のこと気づいた日記というものを
>
> 書いています
>
> なかなかおもしろいです
>
>
>
>
>
> 鶴山さんと出会えて本当に良かった
>
> 私は以前旅行やちょっとしたお出かけが大好きでした
>
> 今はまだ難しいですが、それを楽しんでいる自分になる
>
> そうなれる
>
> と信じていきます
>
> 本当にありがとうございます


> こんにちは、風船唐綿です
>
>
>
> 鶴の一声にぜひ載せてください
>
> 私もそれを読んで勇気づけられている一人です
>
>
>
> 紹介してくださった本読んでみますね
>
> どんな出会いがあるのか楽しみです
>
>
>
> 以前は誰かの目を気にしていたり
>
> やらなきゃとせかされているような気持ちで
>
> 過ごしていたので
>
> 今は自分の決めたこと、したいことをしているので
>
> なんだか楽な気持ちで過ごせています
>
> 自分で決めるって大事なんですね
>
>
>
> 紹介された本も自分が読みたいと思ったので
>
> 読んでみます
>
>
>
> 返事ありがとうございます
>
> それでは、また

風船唐綿様

ご返事そして掲載の承諾ありがとうございます。

ご自分で決めて行動されたのですね。
そして結果もどうやら良かったようで。

素直にうれしいです。

今の日本人は決めるというのが苦手なんですよね。

外人は間違ってても絶対に意見を変えません。笑。
その代わり責任感というものを強く持っています。

日本人はどうすれば良いでしょうか?
と必ず聞いてしまいます。

戦後教育の賜物ですね。
すごいと思います。

雪が解けたら
という話を知っていますか?

これを中学生に聞くと
100%で水になると答えるそうです。

ところが子供に聞くと
お花が咲くとか
春が来るとか
お父さんが帰ってくるとか
答えは一つではないそうです。

これを聞いた中学生の教師が
自分のクラスで試してみて
全員が水になると答えて
愕然としたという落ちまであります。

(まぁネットで出回っている話なんで
どこまで本当なのかはわかりませんが・・・笑)

どんな科学も絶対はありません。

飛行機は飛ぶ
それは事実。

でもどうして飛ぶのかを
まだ証明出来ていないのです。

答えは一つではありません。

自分にあった何かが
どこかの存在する。

それをどこまで信じることが出来るのか。

そのために何をすればいいのか?

そのことを一つ一つ
考えていけたらと思うのです。

選んで決める。

他人軸から自分軸へと少しずつ
シフトしていきましょう。

良い言葉を使っていると
良いことがやってきますよ。

良いことも悪いことも
結局は思い込みなんです。

すべては後解釈。

ならば素敵なことを選びましょ。

思い込んだ者勝ちですよ。笑。

ゆるぎない自信とは
説明の出来ないもののことです。

笑っていいのですよ。

あはは。

ではまたです。

posted by ZULU at 21:09| 神奈川 ☁| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

フリーズする前に

(ご了承を得て掲載しております)
お久しぶりです。
ぼんぼちです。

6月7月乗り越えられたのは鶴さんのお陰です。
ありがとうございます。

しかしながら
たぶん自分の自信のなさが
自分の決めたことに対しての疑念につながるのです。
脳ミソの呟きなんですかね。

新興宗教が流行る理由がわかります。
「決めてくれる」のですから。

なんなんですかね
自分本位になれないというか
人の機嫌を伺って生きている自分。
常に最悪の結果を予想して仕事をしている自分。
最悪の結果にならなかった時の安堵が喜びになっている自分。

そんな喜びでいいんでしょうか?

以上鶴さんと出会って3か月目の単なる戯言です。

明日からも頑張ります。


ぼんぼち様

褒めてもらえると素直に嬉しいです。

最悪にならなかった自分を
意識できているだけでも
素晴らしいことだと思います。

少なくともブレーキは学べたわけですから。

その時というのは
いきなり来るときもあるし
ジワジワと来るときもあります。

それが良い事なのか
それとも悪い出来事なのか
それすらも自分で引き寄せているのか
意識すればするほど
判らなくなるときもありますよね。

意識を外に向けると
判断が鈍ります。

私は引き寄せ系の本を読んだときに
判らなくなり戸惑ったことがあります。

運が良かったなども
勝ったからいえるんだと思います。

運が良いとか悪いとかも
勝った人もしくは負けた人が
好んで使う言葉です。

意識するのは
身体にしてください。

周りの物事や人間関係に意識がいくと
おのずと自己中な人に引っ張られます。

自分軸が正しいのかどうかは
身体に聞くのが一番です。

きちんとゆっくりと食べているか
きちんと歩いているか
きちんと寝ているか
きちんと声に出して挨拶しているか

そういうご自分のことを
もっとたくさん意識したほうが良いと思います。

なんと言っても仕事中に
きちんと歩いていることを意識できれば
何の問題もありません。

心と身体は密接です。

仕事がまだ出来ているのなら
尚更に歩き方を気にしてみてください。

1、頭に糸をつけて引っ張られるような気持ちで
2、足の裏は全体的にきちんと地面につける
3、足の小指とおでこを三角形で結んでその三角形を押し出すように
4、目線は上下せずに横から見たら真っ直ぐ一本の線になるように
5、肩の力を抜き口はしっかりと閉じる

まだまだあるんですけど
この5つを意識して歩くだけで
ぜんぜん気分が違います。

もちろん直ぐに意識は解けて
無意識に戻ってしまいます。

忘れたと思ったらまた意識する。

すると少しずつ意識の量が増えてきます。

出来るようになったら報告してください。
残りの5つをお伝えします。

歩くことに集中してください。

あとの周りはどうでもいいことです。

最近
駅や街角などで生足の女の子を良く見ますが
歩き方でげんなりします。

無意識に悪い歩き方をしていれば
無意識に悪いものを呼び込みます。

人のことが気になるのなら
人のことを観察してみてください。

口を半開きにして
身体を左右に上下にゆらゆらさせながら
蟹股で歩く若者の多い国です。

自分で決めるということの
教育を受けていないと
こういう若者が増えていくのです。

それはGHQ教育の賜物です。

○と×しかない教育の賜物です。

どうしたいのか?聞いておいて
こちらがとりあえずの答えを言うと
それは違うとか嫌だとか
そんなんで会社内とかカップルが
けんかしている国なのです。

だから気にすることはないのですよ
立派な日本人ということです。笑。

気がついた人から
変えて生きませんか?

まずは歩いてみてください。

ではまたです。



ところで頂いたメールを「鶴の一声」に掲載しても良いですか?

最近読んでくれる方が増えてきました。
いろいろな方へのアドバイスや
頂いたご返事がほかの方にも読んでもらえたらなぁ
と思っております。

よろしくお願いいたします。


(返事の返事)

ぼんぼち様

掲載のご了承ありがとうございます。

人は意外と支離滅裂ですよ。笑。

働きたくないけど
働かなきゃいけない。

ちょっと話はそれますが
ホントのことなんて誰にもわからないではないですか?

どういう風に解釈をするのかは
結局本人の問題が大きいと思うのです。

引いて引いて自分が守護例になったように
真後ろから自分を見つめる視点をどう持てるのか?

日本人は選ばなかったほうを
話題にするということが
多々あると思います。

たとえば子供に対して
赤い服と白い服どっちが好き?
と聞いておいて
赤い服を選ぶと
どうして白じゃないの?
と聞くようなものです。

子供は選択肢から外れたことを
話題にされるのでどう答えてよいのか
判らなくなります。

恋人同士が食事に行くのに
何でもいいよと一人が答え
じゃあ焼肉は?
と聞くと
それは違うかな
と答える。

実はぜんぜん会話になっていないです。

どちらも決めたことを口にしない。

これは会話ではないです。

これを繰り返していくと
じゃあどうすればいいんだということになります。

不思議と日本時は日常的に
こういう会話が多いです。


そのうちに何がなんだかわからなくなる。

私が言葉を重視しているのもそこですし
名前にこだわるのは言の葉の根っこだからです。

ひょっとしたら言葉の使い方に気をつけていったほうが
ぼんぼちさんの場合は早いかもしれません。

出来るだけご自分の発言を変えてみてください。

やわらかく自己主張してみる。
否定されてもそれはそれ
とりあえず一歩下がっておく。

私は相槌というのが下手で
結構困った時期がありました。

相手の話を黙って聞いていることになり
聞いてますか?
と心配されたりする。

である日にタクシーの運転手さんが
九州の人で「なるほどですね」と相槌を打っておりました。

私も両親が熊本なので直ぐにわかりました。

そこではっと気がついたのです。

それからは電話口で「なるほどですね」と言う
自分が居りましたとさ。笑。

いつも使える魔法の言葉というのは
持っていると心強いものですよ。

ぜひ探してみてください。

ではまたです。



※補足

人がそういう状況になるまでは
とても複雑に絡み合って
そうなってしまったのだと思います。

解いていくのに
身体からいくのか
言葉からいくのか
少なくとも心の問題を
心からは触らない。

そうなった理由を探さないのは
そうだと思い込んだら
それが理由になってしまうからです。

古いバージョンのソフトをいじくるのではなく
新たな情報の書き換えが必要なときに
人はフリーズするのだと思いいます。

治すではなく
変わるとはそういうことだと思うのです。

そして隣に座った旅行者同士のように
知らない人と話すことのほうが
楽なこともあるのではないかと
旅好きな私は信じているのです。

ではまたです。


posted by ZULU at 00:29| 神奈川 ☁| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

ビンゴボンゴって?

> 鶴さん
>
> いつもありがとうございます。
>
> 笑えました!
>> ほっといてごめんなさい。
>> 戦えてますか?
> はい。戦えてます。(笑)
>
> 負けな日の時もありますが、
> なんとか日々を調整して
> 頑張っているつもりです。
>
> みんな、こうやって
> あたたかい鶴さんからのサポートを受けて
> ここを卒業していくんでしょうね。。
>
> 私はいつ卒業?(笑)
>
> 早く次への扉も開けてみたいのですが...
> もう少し考えます。
>
>
> 鶴の一声からも
> 今でもたくさんの気づきがあり
> 心に響いた言葉は
> 書き残しておいたりしています。
>
> いつも本当に
> いろんなアドバイスを
> ありがとうございます。
>
> 今..
> 以前私が苦しかった時のように
> 辛い毎日を送っている方は
> たくさんいらっしゃると思います。
>
> あの時
> ボーっとパソコンに向かい
> そして鶴さんと出会い
> 涙を流しながら
> トリニティーを購入しました。
> でも、トリニティーを手にした瞬間から
> 自分が少しでも変われていたんだと
> 今はそう思っています。
> そして
> ゆっくりゆっくり
> 自分の変化に気づいていく..
>
> たまに戻ってしまう心とも
> 上手く過ごせる方法を知る..
>
> この間はたくさんの
> 鶴さんからのサポートを頂きました。
>
> 私、もうそっちへは行かないです。
>
> 心と身体
> いつまでも大切にしていきたい。
>
> 鶴さんへ感謝の気持ちを込めて..
>
> Kalen

カレン様

嬉しいメールをありがとうございます。

物事には諸処対処が必要です。

気分的なものや
無作法な物事は手をつないで
ルンルンとやって来ます。

だからそのときにどうすればいいのかを
知っているのと知らないのでは
おのずと結果に違いが出ます。

どうしようもないときには
どうしようもないということを
知っているという気持ちだけでも
一つの対処です。

知っていれば
今日はそういう日なんだとか
そうか試合は明日だったとか
置いておけるものは置いとくとか
うまく逃げることも出来るわけです。

休むということの本質を知ることも
とても大事です。

日本は休みにくいんです。

それも社会性だったりとか
自分が受けてきた
教育や習慣から来るもので
尚且つ人の目を気にしてしまうという
悪循環を起こします。

昔、どこのトイレに行っても
紙がなくなりトイレットペーパーを変えておりました。

またかよ・・・・・

いつもそう思ってました。

でもある日
運が良いことにしようと
ビンゴと名づけました。
ビンゴボンゴ!

それからはトイレットペーパを
変えるのは苦にならなくなり
いつの間にか
そういうことに出会わなくなりました。

知っているとは
多分そういうことなんだと思います。

何かの出来事に出会ったら
ビンゴボンゴです。

心の中でつぶやくのではなくて
きちんと口に出していうのです。

これも大事なこと。笑。

ではまたです。



>
>

posted by ZULU at 12:35| 神奈川 ☀| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

天使のつぶやき

鶴さん

今日もありがとうございました。

なんか..
小人たちが働いている姿には、
毎日ありがとう!
と思う気持ちと

鶴さんの
小人たちが交わしている言葉が
すごく伝わってきて..

自分の身体なんだけど
頑張っているんだな〜って
ニコッとなるのと同時に
少し涙も浮かびました。


ゆっくりと食べることは
私の大好きな時間の一つです。
その時間を少し意識してみたらいいんですね..


今日もまた
頂いたメッセージの中で
いろんな気づきがありました。
いつも本当に感謝しています。

私、もう
そっちには行かないし

繰り返し繰り返し
こちらに向けていきたいと思います。

カレン

メッセージは、
鶴の一声で、もう一度ゆっくり
心でいろいろと感じながら
読ませて頂いています。

それでは、また。。


カレン様

小人の例え話は面白いでしょ。笑。

私なんて脳みそも擬人化していますから
結構笑えます。

これに慣れてくると
一人突っ込みがしやすくなります。笑笑。

今脳みその中で内閣総辞職中です。

小人と靴屋のおじさんの話を知っていますか?

おじいさんが寝ている間に
小人たちが一生懸命におじいさんの為に
皮の靴を作る話です。

これと同じことが脳みそで行われているのです。

例えば有名人の名前が出てこなくて
え〜なんて名前だっけ・・・・
と出てこなかったのに
忘れたころになって
あ〜何々さんだぁって思い出すことがありますよね?

あれって脳みその小人さんたちが
ずっと探していたんです。
図書館行ったり人に聞いたりして
小人さんたちは見つけてくれたのです。

そんな風に想像できると
いろいろと応用が効くようになりますよ。

過去の自分に話かけるのも
ある種の擬人化です。

ついでにいうと天使のつぶやきも
出来ると楽しいです。

私が渦中の時はずっとやっていました。

今でも時々に表れて褒めてくれます。

出来るだけ具体的に名前や性格を決めて
好きな時に好きなだけ話をしてくれる
そんな天使がいる事に気がついてください。

天使のつぶやきVS脳みそのつぶやきは
結構見ものですよ。

天使は負けませんから。

ではまたです。





posted by ZULU at 18:54| ☔| ご承諾を得て掲載しています | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。