2011年08月19日

ただただ歩いてみること

イパネマ様

さて続きです。

歩く編。

授業で時々やるのですが
目を瞑って歩いたことがありますか?

たぶん10m歩ければかなりな身体感覚です。
上級編として教室の周りをみんなで囲んで
目を瞑って思いっきり走れというのがあるのですけれど
誰も3m以上走れませんね。

いきがっているような生徒でも
これはだめです。

つまり。。。。

人は視覚的な要素はとても重要なのですね。

涙がこぼれないように上を向いて歩くとか
お金でもないかと下を向いて歩いているようでは
真っ直ぐに歩いているとはいえないわけです。

寝る編でお伝えした
真っ直ぐに天井を見つめる
その目線で世の中を見ることです。

重力との戦いと話をしました。

真っ直ぐにした骨の積み木も
重力によってグニャリと曲がっていきます。

だからこそイメージで吊り上げる。

ダンスに限らずスポーツなど
身体を意識する人たちが
最初に言われることは
丹田と頭に糸をつけて吊り上げるです。

これはどんなジャンルでも同じです。
身体のことは丹田と真っ直ぐ吊り上げるです。

特に日本の身体論は
能や狂言、歌舞伎などにいたるまで
現役80~90歳というジャンルです。

世界を見ても高齢でありながら現役という
文化のジャンルを持っているのは珍しいし
とても高い身体論を持っているということでなのです。

生命の基本は上に向かうです。

植物も動物も基本的には地面から上に向かっています。
朝顔のつるが上に向かうように
自分の身体も上に向けてみてイメージしてみてください。

そして丹田(へそより指三本下辺り)から下は
ぶら下がっている。

具体的には
頭は上下しないように
頭の上に水の入ったコップをのせて
こぼさないように歩くです。

それと口は閉じる。

口呼吸できるのも人間だけです。

人は言葉を発するために
その身体を口でも呼吸できるようにしたのです。

口は閉じる。

身体を左右や上下に揺らして歩く人は
気持ちも揺らいでいます。

心と身体は一心同体です。

大事なものを運ぶように
歩くことを気をつけてみてください。

骨を休めて免疫系等が働きます。
つまりぐっすりと寝ると免疫力が上がります。

お尻の穴も口もしっかりと閉じて
歩いてみてください。

最後に簡単なエクササイズを。

真っ直ぐと立ち
踵をつけて足先を開いてください。

ひざは伸ばして
バレエダンサーのように真っ直ぐに。

そのまま腰をゆっくりと回してください。
右左30回ぐらい。

踵をぴたりとつけて
足先を開き
ひざを真っ直ぐにすると
骨盤が自然に立ちます。

骨盤をバケツと思ってください。

斜めにすればこぼれます。
これが中年のお腹です。

前のめりに
(細かく言えば左右とか上下とかあるんですけど・・・)
下腹が出てくるのは骨盤が立っていないからです。

きりっと立てた骨盤=真っ直ぐに保たれたバケツです。
そのバケツをゆっくりと回すように
腰を回してみてください。

腰周りがほぐれて
痛みも軽減していきます。

大事なことは身体は積み木だということ。

正しく積み上げて
壊さないように
コップの水をこぼさないように
静かに運ぶように歩いてみてください。

気分が落ちれば身体も落ちる
身体が落ちれば気分も落ちる

落ちるのは重力があるからです。

重力に勝てるのは
イメージだけです。

重力のほかには気圧があります。

低気圧の日には無理はしない。
気圧も圧です。

天気の悪い日は気圧が落ちています。
つまり身体にも影響があります。

そんな日は静かにすることです。

重力やら気圧やら
ずいぶんと身体は戦って
身体自身を守っていることを知ってあげてください。

がんばらないとはそういうことなのです。

おまけでもうひとつ。

日本人は明日に生きますね。
長い文化を経てのんびりしている民族は
今日を生きてます。

明日とか将来とか未来とか老後とか
そういうことを考えながら生きると
身体は結構負担なんです。

今日を生きる人には明日もやってくる
明日を考える人は今日も今日ではない。

日本はとてものんびりやってきたのですよ。

まだまだ素敵な物事は沢山あります。
それを目に入るように歩いてみてください。

焦らず身体を労わって歩いてみてください。

ではまたです。



舞踏(ダンス)というジャンルではなく
ただただ歩く稽古をいつか教えていきたいと思っています。

歩くって単純だけど
すごいことなんですよ。

まだロボットでも出来ていないです。

人間の身体って凄いんです。
知れば知るほど面白い。

ぜひ学んで試してみてください。

posted by ZULU at 22:29| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝ることと歩くこと

イパネマ様

ご報告ありがとうございます。
復職おめでとうございます。

さて腰痛。。。

痛いのは筋肉ですからね。
いつも言うように
痛いところにはまずは触らない。

骨格を意識しましょう。
基本は寝方と歩き方です。

首の骨は7つ
背骨は12
腰骨が5つ
人の身体はまるで積み木なのですよ。
この積み木を骨盤と仙骨(尻尾の名残ですよ)で受け
そして人間は二本足で支えています。

ボーリングの玉をまっすぐ掲げて
歩いてみたら疲れますよね?

それと同じことを
首7
背骨12
腰5
の積み木で支えているわけでしょ?
頭蓋骨がボーリング玉と創造してみてくださいね。

立っているだけでも疲れるわけです。
座っていても同じです。

人の立つ座るの生活は
重力との戦いなんですね。

ちなみにキリンの首も長いけど
骨は7つです。

脊椎動物はみんな同じです。
同じ数です。

ところが人はそれを縦にして生活しています。
しかも動物は横にして4本足なのに
人間は縦にして2本足です。

土台の足腰に負担が来るのは
当たり前のことなんです。

だから寝ると歩くが大事になるんですね。

寝ることを脳みそから考えるよりも
骨休めから意識してください。

レム睡眠とかノンレムとか
3時間睡眠とか
そういうことよりも
横たわるですよ。
骨休めです。

積み木が歩いたり
横になったりするのが
人間の生活です。

想像(イメージ)出来ましたか?

では実践です。

まずは体の基本形。

畳なりフローリングなり床に仰向けに寝てください。
1.あごを引いて目線が真っ直ぐに天井を見るように
2.腰の上(へその下の真裏辺り)が床から浮いてますよね?
それをゆっくりと床につける。
まずはひざを曲げて腰を伸ばす。
(床にぴったりとつける)
とにかく背中を一本の棒として床に素直につける。
3.曲げた(上げた)ひざをゆっくりと真っ直ぐにしていく

へそ下指三本の辺りを丹田と言います。
その辺りが床に寝ると床から手が入るぐらい
浮いているんです。
それをぴったりと床につけるには
まずひざを少し曲げます。
そしてぴったりと背骨が床についたら
ゆっくりとひざを伸ばしてゆく。

同じことを2回書きました。

その状態が人間のありたい立ち姿なのです。

まずは緩めていきます。

一本の棒にした背中を緩めていきます。

天井から自分を見つめて
上から見て
蛇がクネクネするように
揺らしてみてください。

丸太がゴロゴロではないですよ。
上から見て波がゆれるように
ユルユルです。

ユルユルと口に出して言ってみてください。
話し言葉は耳に入ります。

授業でやると最初は恥ずかしそうですが
みんなでやるので最後には生徒たちも
笑いながら「ユルユル」と口に出していいます。笑。

一人だと恥ずかしいでしょうから
小さな声で良いですけど
発音してくださいね。

骨を真っ直ぐにして緩める。

ここまでが基本です。

寝るとは骨休めです。

不安なときや痛みがあるときには
抱き枕なり布団を丸めるなりして
抱えて横向きで寝てください。

ただしこれは弱いときですよ。
天井から見れば
お母さんのお腹にいるときと同じ状態
つまり胎児のポーズです。

小さな塊が真っ直ぐに伸びてゆくのが
成長するということです。

感情が閉じるときに
身体も閉じて生きます。

つまり逆に考えれば
身体を開いて緩めていけば
感情(気持ち)も開いていくということです。

横向きまたはうつ伏せで寝る人は
枕が大きく高いです。

出来れば枕は低く
仰向けに寝るように
心がけてください。

犬や猫が腹を見せるときは
安心しているときです。

腹を隠して寝るのが動物なのです。
食われないためにですよ。

だから人は今の社会のシステムを作ったのです。
腹を見せても大丈夫なように。

そして安全を確保して真っ直ぐに成長してきたのです。

想像してみてください。

人は洞窟の中で火をたいて生活してきました。
そして狩の絵を描いた。

土を掘り屋根つくりかまどを作った。

竪穴式の住居から
柱を立て高床式に建物を地面から離した。

柵や壁を作り住居の空間を広げていった。

ここまでは中学校まで出習うことですし
どこの町にもその跡はあるわけです。

基本はシンプルに戻すこと。

身体がシンプルに胎児の形に戻っている。。。
それが分かれば
身体から真っ直ぐにしていけば
心持ちも豊かに戻るようになりますよ。

心と身体は密接に繋がっています。

意識できるときには
身体を真っ直ぐに伸ばしていきましょう。

取り急ぎここまで。

次は歩く編です。

posted by ZULU at 20:36| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

日常が大事ということに戻っていくのですよ

ヒヤシンス様

ご報告ありがとうございます。

>こんにちは。
>もう、7月も終わりですね。
>駆け込み寺があると思うと安心して
>また御無沙汰してしまいましたm(_ _)m

焦ってしまうよりも
のんびりでよいのですよ。

「西の魔女が死んだ」
梨木香歩

読んで良かったようで嬉しいです。
映画も面白かったですよ。

おばあちゃんの一言
「シロクマがハワイより
 北極で生きるほうを選んだからといって
 だれがシロクマを責めますか」

これ良いですよね。

確かに本をお勧めするときは
その人なりに面白がってくれそうかなと
お勧めはしています。

つまりヒントになると思って紹介はしています。

でも種明かしをすると
人というのは何かしら本やら物事やらから
意味を見出そうとするものなのですよ。

その視点を広げていけば
貧乏も何かの勉強だし
金持ちになったときの教訓になるし
うつのときだって立派な哲学の授業になるということですね。

本の良いところは
誰かに言ってもらいたい
教えてほしい
元気付けてほしい
叱咤激励してほしい
擬似でも甘い甘い恋愛感情を持ちたい!

そういうことが可能だからです。

勿論すべての人が本で救えるわけではないと思います。

文字が苦手な人も多いけど
本を読むことも
歩くことも
歌うことも
おしゃべりだって
立派な身体の動きなのですよ。

私がお伝えしたいことを
テキストとCDにしたのも
見ることと聞くことは全然違うからなんです。

「大丈夫。
 治るではなくて変われるですよ」
と書き文字を読むここと

「大丈夫ですよ。
 治すじゃなくて変わっていきましょうね」
と耳にすることは全然入り方が違うのです。
(ここでは、わざと書き言葉も変えましたけど・・・)

とすると
早起きや掃除だけでなく
起きている間中
身体を使って生きているということなのですよ。

そして寝ている間に
脳みその整理と骨休めをしています。

生きているということは
身体があるということ。

だからこそ身体を労わること
労わるときには
きちんと労わってあげること
それが大事なんです。

だからこそ普通の日常って
とっても大事だし
とっても面白いものなのですよ。

まずは焦らずに
一つ一つゆっくりとで良いのです。

ではまたです。



お教室の件は
気になさらずに行っても良いと思うし
気になるならばお教室を変えてみてはどうでしょうか。

知らない人ばかりの方が
気分を変えるには良いときもあります。

これも一つに絞らずに
その時の気分でよいと思いますよ。

posted by ZULU at 22:40| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生に時刻表なんてないのですよ。

南大杉様

ご返事ありがとうございます。

あれから夏休み如何ですか?

無理せずでも学生のうちに
夏休みはぜひ楽しんでくださいね。

私は自分のうつの時にも
これは「人生の夏休み」と言い聞かせました。

勿論だめな日も多かったですけど
自分自身を責めても
他人が幸せそうに見えるようになるだけでした。

少しでも良いから何かを掴んで
変わりたいと思いました。

若いときにしか出来ないことがあり
歳をとらなければ理解できないこともありますよ。

それもどれもその時が来てみないと
分からないものだし・・・笑。

でもだからこそ小さくても良いから
何か試してみてくださいね。

小さなことを紡いでいくことが
後々になってジワジワ利いてくるものですよ。

まずは焦らないこと。

人は常に一定で走っている
電車の時刻表のようには行かないのですよ。

今は追い越されても
後で追いつけばいいのですよ。

ではまたです。

posted by ZULU at 21:41| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

ゆっくり急げ!

南大杉様

うん。

まずは「ゆっくり急げ」だね。笑。

昔お芝居の一説に出てきた台詞で
ずっと座右の銘にしています。

ゆっくりだけど慌てない
慌てないけどちと急ぐ。

ラテン語の箴言です。

まずは南大杉に行ってみてください。

そしてバーもなぜバーというか知っていますか?

ロンドンとかヨーロッパの古い町の
古いバーには未だにカウンターに
バーレッスンのようにバーがついています。

そしてそこに肘をかけて
情報交換したりする場所
それがバーです。

馬をつなぎ
旅の話をする。
(勿論、諸説あるのですがこの説が一番好きです)

そしてお酒も薬です。

みんな植物からできていますよ。

せっかくバーで働いたのならば
どんなお酒がどんな植物からできているのか
興味を持ってボトルの裏側を見てみてください。

大変興味深いものなのですよ。

私もバーで働いていたことがあります。
カウンターの外からの眺め(お客さん側)と
カウンターの中からの眺め(働いている側)との
風景の違いを楽しんでみて下さいね。

時にはフットワークを軽く
どこか静かなところに
出かけてみてください。

実は身近なところに
そんな場所は沢山ありますよ。

見えないものを
見るようにしてみてください。

少しだけ自分の位置をずらすように
見ている風景を変えてみてください。

ではまたです。


posted by ZULU at 00:22| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。