2011年07月19日

苦手なもの・・・

ボタン様

ご連絡ありがとうございます。

人に気を使いすぎて疲れるのは
人の気を引こうとするからではないでしょうか?

苦手と思う人はやはり苦手ですよね。
それで良いのではないでしょうか?

相手にとってこちらの都合よくというのは
相手が変わらなければ難しいですよね?

つまり相手を変えようとするには
無理が生じます。

神様でさえ世界中の人々と
仲良くすることはできませんでした。

人なら尚更に苦手な人がいて
当たり前なのではないでしょうか。

ただこちらが変われば
その関係においては
少なからず変化はあるかもしれません。

こっちが何かしら変わろうとするならば
向こうにとっての環境も少しは変わるということですから。

ただし向こうは意識してやっていることではないので
その変化があったとしても気づくのに
時間はかかると思います。

こっちが変わったからといって
向こうはすぐには変わりませんよ。

それに何よりも苦手と思っていることは
必ず伝わっています。

人も生き物ですから
そういうことに対する敏感さは
生き物として持っています。

だからこそ
苦手ではなくて
置いておく。

苦手というのはこちら側の気持ちですよね。
だから出来るだけ意識して
そういう気持ちに抗わずに
そこに置いておく。

苦手という生き物がいるとしましょう。

それは逃げようとすれば
犬のように追ってきます。

苦手という犬はいるのだけども
そこに置いておく。

その人を無視するんじゃないですよ。

苦手という気持ちを生き物に例えて
そこにいるものとしてほって置く。

そこには居る
目には入る
でもほって置く。

負の感情は消そうとすると
強まります。

そのままに
そのままに
時が過ぎるのを待てば
おのずとどこかへ歩いていきますよ。

おじさんとしては
いつもそうやって
やり過ごしています。

私にも苦手な人はいますよ。
そして無理をしようとすると
無理が生じます。

時を過ごすと
おのずとどこかに消え去ります。

それはその人が居なくなるときもあるし
そのこと自体が気にならなくなる場合もあります。

苦手という生き物は居ます。

そしてそれは居るものなので
目には入るけど触らない。

勉強でも経験でも
苦手なものに捕まらない。

得意とするもの
好きなものから
広げてみてくださいね。

昔は怒っている人が居る会社が成功してました。
今は笑っている人が多い会社が成功しています。

昔は何かを乗り越えるという考え方だと思います。
今は乗り越えるようなものは近づけないかなと。

負の力に打ち勝つよりも
そんなものはほって置いて
プラスの力を上げていきましょう。

苦手なことの報告よりも
小さくても出来たことや
嬉しかったことを教えてください。

バタフライ効果って知ってますか?

中国で蝶が羽ばたくと
NYではハリケーンになる。

小さなその出来事も
世の中では繋がりがあるということです。

小さなことを紡いでいくその先に
きっと何かがあるのだと思いませんか?

ではまたです。



田舎から母が出てきてですね。
年よりは早起きな上に
マイペースですから。

すっかり相手のペースに呑まれています。笑。

息子の忠告なんか聞きはしませんから
ものすごく苦手です。笑。

おじさんになっても
息子は息子。

あんたは老人になったことがないからね。

はいはい。

まだまだ長生きしそうです。笑。

あはは。

posted by ZULU at 19:04| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

あっちとこっちとそっちを混同しないでね

南大杉様

ご連絡ありがとうございます。

そうですね。
なかなか今の日本で気持ちをアップするのは
難しいのかもしれません。

でもそれは個人的なことではなく
今の日本の雰囲気だと思いますよ。

私も最近はあまり人に
会わないようにしています。

みんなの話題がそれとそれしかないからです。

この状況で自分のことを考える時間を
持つこと自体が難しいのかもしれません。

でもだとしたら
どこへ行っても同じです。

と言いながら
ぜひ行って欲しい場所があります。

南大杉。。。

こうしてやり取りをするときに
一人ひとりに名前をつけます。

その意味は何度となく説明していますが
それを実際に調べたり見たりする人は少ないです。

花の名前が多いのも実際に
調べたり見たりするというふうにして欲しいからです。

南大杉
それは最初のメールでヒントを書きました。

そんなに遠くないところに
(というか今調べたら全国にいくつかあるんですね。笑)
美空ひばりのゆかりの地があります。

そういう場所へ行ってみてください。

とにかく今の日本の話題は
ほって置いてよいです。

今のあなたはそれどころではないはずです。

自分を見つめる時間を持つこと。
その時間こそを大事にすること。

日常に戻る元気が出てきたら
ゆっくりといろいろなことへの付き合い方を
考えればよいことだと思います。

自分の大事な時間と
世の中の出来事を
混同しないように。

考えればよいのですよ。
ゆっくりとゆっくりと。

そういう目線でもう一度
考えてみてください。

自分の一大事に
人のことなんか
かまわなくていいです。

あのこととそのことと
このことを混同しないように。

今は一番自分を大事にして
自分と向き合う時間なのです。

然るべきときに
然るべき人が
然るべきことをする

それが世の中のルールですよ。

事が起こったそれは事実です。

でもそれはあなたにも
ことのもっと前に起こったことですよ。

あなたに起こったことは
あなたが対峙しなければなりません。

然るべきときに
然るべき人が
然るべきことをする

あなたのことは
あなたが然るべき人です。

そのことは誰にも
変われることは出来ないのです。

あなたが戻りたい
(私は変わりたいと言い続けますが)
その自分を助けてあげられるのは
やはりあなたです。

私はいつまでたっても
ガイドでしかないのですよ。

歩いていくのは
あなたでしかないのです。

どこへ行っても大丈夫。
でも南大杉には行って欲しい。

そこでなんかあったら嬉しいし
何もなかったら
また次の手立てを
一緒に考えましょ?

いまこそ勉強することの意味を
考えてみて欲しいです。

本屋に行くと最近思います。

あ〜これ全部は読めないんだなぁ・・・・

先人の知恵も
降り注いでくるのを待っていては
少しもこちらには歩いてきてはくれないのです。

若者よ!
本を読め!
映画を見ろ!
すこしは不思議な芸術も見てね?
歩け歩け歩け!

世の中なんか気にするな!
まずは自分で自分でいい!

古いお馬鹿さんに振り回されないで
古き良き悩みに触れてください。

悪しき習慣は何を呼ぶのか
古き人たちは何を憂いたのか

本当に大事なことを大事にしてきて人は
何を残してきたのか
感じて調べてみてください。

どうしてこんなに読みきれない本があるのでしょうか?

どうして
どうして
どうして

てな時間が
学生時代だと思います。

学ぶべきときに学びまっしょい!

ではまたです。



前回はフォークものだったので
今回はドラマ物で行きますよ。

てなわけで学生時代第2弾ね。

「俺たちの旅」
op.
http://www.youtube.com/watch?v=LpUEpUV87e8
ed.
http://www.youtube.com/watch?v=hTRVMsFviiw

なんかいろいろ探していたら
江ノ島(同じ藤沢です)が写っていたので
このドラマもよく見たなぁ
中学生のとき。あはは。

「俺たちの朝」
http://www.youtube.com/watch?v=7SC0XPzxsUI&NR=1

まだまだあったけど
よくよく考えたら
私の青春でしたので間引きました。

あは。

posted by ZULU at 23:50| 神奈川 ☀| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

自分ビンタ!!

マツバギク様

ご連絡ありがとうございます。

>激励ありがとうございました。頑張ります。


あはは。

良いでしょ?
自分ビンタ!

手のあとがつくくらい
パシパシですよ。笑。

そうしてヨッシャ!
その時間を少しずつ増やしてみてくださいね。

良い音が鳴ると
すっきりしますよ。

笑笑。

一瞬でもその時間があれば
そうしてこうして誰かが居れば
一人じゃないのが分かってくれば

自分で何とかする力も
戻ってきますよ。

信じること。


やることは
それだけです。

長いトンネルの
長さは誰にも分からないけど

明けない夜はない
止まない雨もない。

昨日介護のアドバイスをしていた人と
やっと一つ落ち着いて
二人で飲みました。

その方は2年間でした。

私は半年の命と言われて
父を介護して
5年でした。

長い長いトンネルでした。

私自身の渦中のときも
出口はあるのだろうかと
いつも自問自答していました。

その方も
ずいぶんと長いように思うけど
2年なんだよなぁ
鶴ちゃんは5年やったんだぁ・・・・


渦中は計れませんよ。

過ぎてから
確認できるだけです。

迷路の法則を知っていますか?

入り口から左手で必ず
壁を触るのです。

そして左がだめな場合は
右手で同じことをする。

簡単な迷路で試してみてください。

右の壁に触る
もしくは
左の壁に触る。

迷路には必ず出口があり
法則があります。

お試しあれ。

ではまたです。



自分でできる。
それを信じれるかどうかですよ。

そして方法は沢山ある。
迷路の話も
へ〜
ではなくて
試してね。

壁を触れば
必ず出口があります。

まずは今日も
いってらっしゃい!

遅刻したら謝る。
休んだら休む。(本を読め!)
そして大丈夫を唱える。

いつでも叱咤激励いたします。笑。

一人じゃない。
それだけ忘れずに。

んだば。

posted by ZULU at 08:38| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

どんどん失敗していいんですよ

アジサイ様
(やり取りの時にはお名前を勝手につけさせてもらっています。ご希望があれば教えてください)

ご連絡ありがとうございます。

メンタルトリニティーで提唱している右回り、左回りは
あんまり気にしなくてよいですよ。

とにかく「心と身体と想像力」はお互いに関係している
ということだけ肝に銘じてください。

その上でどの入り口から入ると
わかり易いのかという事ですね。

言葉で変わる人もいれば
身体からわかる人もいますし
イメージを変えるだけで生活習慣が変わる人もいます。

まずはいつも言っていることですが
3つのK
「慣習」(生活習慣、食事、時間の使い方など)
「考え方」(自分自身の価値観、他人と比べるなど)
「環境」(仕事場、住んでいる場所など)

この中の一つでも何か変えてみてください。

まずは今出来そうなことを紙に書いてみてください。
パソコンとかだめですよ。
きちんと紙に自分で書いてみること。
自分の手で書くということは
とても大事なことですよ
脳みそに直結してますから。

まずは書き出してみて
できそうなことから試してみて
又報告してくださいね。

そこからまたいろいろと
アドバイスの枠が広がっていくと思います。

とにかくまずは書いてみるですよ。

それと天気の良い日には
図書館、美術館など静かのところへの
散歩をお勧めします。

歩くということだけでも
本当はものすごいことなのですよ。

ではまたです。



今日から芝居の本番です。
久しぶりに台詞を覚えてドキドキしています。笑。
月曜日以降に又ゆっくりとご返事ができます。

よかったらブログも見てみてください。
「踊るマネージャー」
http://blog.goo.ne.jp/zulu19660509/

人生は楽しんだほうがいいですよ。
人は失敗したことよりも
やらなかった事を後悔します。

どんどん失敗しないとね。
うんうん。

posted by ZULU at 14:31| 神奈川 ☁| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

ほかの人とは違うということ

イパネマ様

ご報告ありがとうございます。

復職2週間おでとうございます。
季節的にも良い時期だと思いますよ。

夏前の今の時期は気分も乗りやすいですよね。

腰痛もやはり時期的に楽です。

気圧が下がる日は慎重に
晴れの日は身体を解していきましょう。

歩くときに頭に糸をつけて・・・

普通に立ったときに
ひざを伸ばしてゆっくりと腰を回してください。

そのときに骨盤が真っ直ぐになるように。
イメージはコーヒーカップです。

持ち手のところに指を入れて持ち上げると
コーヒーカップは斜めになりますよね?
それが普通の人の状態です。

つまり下っ腹が出てしまう。

カップを支えて真っ直ぐにしてみてください。

それが骨盤のイメージです。

バレエダンサーのように
踵をくっつけて指先を開いてみてください。
そして膝をまっすぐに伸ばす。

そうすると自然に骨盤が真っ直ぐに立ちます。
その状態で腰をゆっくりと回す。

解れたら腰の位置(骨盤)を
そのままの位置で足を肩幅に開く。

腰の位置をそのままに
もう一度ゆっくりとまわしてみてください。

左右どちら回りも両方ね。

次にサッカーのシュートのように
蹴り上げて腰をひねる。
大事なのは腰元です。
足先ではないのでご注意。

文章だとちょっと難しいかもしれませんが
その手の本は沢山あるので気にしてみてください。

心が解れて
身体が解れれば
自然と治癒力で正しい方向に行きますよ。

うつ病という言葉を私が使わないのも
人の思い込みの強さを感じるからです。

ですからあの時のことを
私は「渦中」と呼んでいます。

言葉を変えることで
気持ちが変わることがありますよ。

ちなみに「肩こり」という言葉は
日本にしかありません。

つまり肩こりという症状は
言葉によるものなのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A9%E3%81%93%E3%82%8A
ここのwikipediaの中のその他という項目を見てください。
なかなかに面白いことが書いてあります。

肩こりという言葉が生まれるまでは
日本にも肩こりはなかったのです・・・・

うつという
病気にしますか?
症状にしますか?
状況にしますか?

思い込みは刷り込みですよ。
治すではなく変わることができるですよ。

高速道路を降りると
一般道路の車はどうしてものろく感じます。

高速での感覚で一般道を走ると
いろいろなものが遅く感じてしまうのですよ。

いろいろな経験した後
そして学んだ後は
確実に何かが変わっているはずです。

言葉はイメージの源です。

言葉を変える
環境を変える(これはもう変わってます)
周りの人が経験していないことを
経験してしまっているのです。

日常を普通に過ごしている人とは
違う経験を積んだのです。

ということは周りと比べないでくださいね。

時を過ごした分だけ
ほかの人には分かってもらえない
経験をしているということですよ。

比べない自分のペース
それがマイペースです。

それを常に意識してください。

今のまま信じること。

それだけです。

ではまたです。



失敗しても学んだ分だけ
立ち直りも早いのですよ。

「鴨川ホルモー」万城目純
読んでみてください。

面白かったです。

posted by ZULU at 12:17| 神奈川 ☔| 質問などに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。